血便の結果。お腹の事。デュッテの食事の事。ドッグランなどで気を付けてもらいたい伝染病の事。

血便が出始めたのは木曜日夕方デェーケアーにお迎えに行きその帰り道でした、この時は健康な便の外側に血液状の粘膜のような物が付いている感じでした。
この日のごはんはDr.Harvey'sケーナインヘルス←にサンプルで貰っていたDr.Harvey'sベジトゥボウル(野菜だけのバーションのDr.Harvey'sケーナインヘルス)を付けたし野菜を多めにしそれにマグロとチキン胸肉を煮たもの、オイル類(今回はフラックスシードオイルとオリーブオイル)、黒酢オリゴ糖入りを混ぜて食べさせました。
ここの所Dr.Harvey'sベジトゥボウル(ベジタブルミックス)をサンプルで貰ってから野菜が今までより多く成っていました。

金曜日一日様子を見ましたが、元気で食欲も在るのに便だけが血便。この日昨日より血液とはっきり見分けがつくような粘膜状の血液が便の外側に付いていました、便もゆるく成り始めました。夜中お腹が痛かったのか起きて部屋の床に下痢便をしてしまいました、血便でした。
この日のごはんは、もしかしたら野菜が多く成っていたからかDr.Harvey'sがデュッテの消化に悪く血便に関係しているかもと思い、Merrick←のSmothered Comfortメニュー(内容はチキン)缶フードをあげましたお腹が空いていたらしく直ぐに完食そして夜中にゲーリー(下痢便)。

今日土曜日になり完全に粘膜下痢のような血便下痢に成りました。血液も多く感じました。
獣病院へ連絡し予約を入れました。

デュッテの下痢便を採取して持って行きました。
デュッテの症状は、元気に動き回り、食べて水も飲み、お尻などもなすり付けず、吐き気も無い事、熱も無く、血便下痢以外には他に変わった様子は無かったです。

デュッテはデェケアーで他の犬と触れ合っているのでそれが伝染病からでないかまず便を検査されました。

結果は伝染病では無かったです。伝染病だと病院にデュッテを残して行かなくてならないようで命への危険も在ります、そうじゃなくってよかった〜。
そして血便と下痢は、食べ物から来ているか(胃腸などの問題ですね)、ストレスなどから来ているか、などでした。

デュッテは昔から草を牛のように良く食べたがり、沢山食べてはそれを吐き出します。胃が弱いのかも知れません。野菜が多い食事デュッテには合わないのかもしれない、野菜は肉食獣である犬には消化が非常に悪いです。
Dr.Harvey'sケーナインヘルスを使い始めてからはずっと手作りごはんでお肉にもバリエーションを効かせお魚も適度に与えています、そして毛並もピカピカしていましたし、アレルギーも出ず調子は良く、ピッツブルに噛まれて重傷を負った時はその回復力の早さに驚きましたこれも食べ物などが影響していたと思います。全ての面でDr.Harvey'sケーナインヘルスは良かったです、でもデュッテの消化の部分ではその日の体調にもよるでしょうがよくない時も在るのかもしれません。それより何より多分野菜を多くしてしまったのに問題が在るのかなって考えています。

さて、血便の為に出して貰ったお薬は胃腸薬と下痢止め(錠剤とチューブ状に成っているもの)錠剤は5日間続けチューブは3日間。これで様子を見ます。

そして金額は282ドル(約31840円)。最近は磨きジェルをさぼり続けていた為犬歯に歯垢がたまり始めたのでその犬歯だけの歯垢をカリカリと手と器具で削ってもらったのですが(ほんのちょっとですよ〜)19.20セント(約2300円)、お腹の為に薦められて買ったサイエンスダイエットi/d缶2.50セント(約360円)、ファラリアの薬のHeartgard Plus Blue34.50セント(約4140円)、その他手の間にアレルギーのような物が出来ていたのでその塗り薬や便の検査料、そして診察料が79ドル(9480円)値上がってる。。。恐ろしいほど。。
ここの獣病院で掛かり付けと成っている何時もの先生が居なかった為女獣医さんが見てくれたのですがこの先生前も思ったのですが他の先生に比べるとやたらに薬を出したがりぎみなので余計高く成っているのかもしれません。先生によりあれこれ薦め方も薬の出し方も違ったりします。ここの獣病院なんて高い所なんだろう、でももっと高い獣総合病院も知ってるし、気持ち値段が安めの所在ります。これでは動物も気軽に飼えないですね(元々動物は気軽な気持ちで買う生き物では在りませんが)。


やはり寄生虫や伝染病はとても怖く、予防注射を打っていたとしてもその病気がうつる可能性も在る事という事を知っておいて欲しいです。特に体調を崩し免疫が弱く成っている時は簡単に伝染しやすいのです。
なので、犬が集団で集まる所(ドックランなど)には体調が悪いなと思った時は連れて行かないでください。病気はとても怖いんですよ。
今日獣病院で聞いて話していたのですが、やはりコンクリートやゴム製などのドックランや犬が多く集まる所には寄生虫や伝染病発生に特に注意した方が良いとの事でした。
地面が草や土の所でも病気の犬の便を踏んづけたり、ずっとたまっている水たまりなどの水を飲んだりとそんな事をすると同様に危険は伴いますが、地面が吸収して行ってしまう分コンクリートの吸収しない地面などの物よりはまだ良いと聞いています。

前にも書きましたが結構公表していないだけで犬が集まるドックランやホテルなどでは伝染病や寄生虫が発生して居る所結構在るんですよ。周りの人と情報交換をする事も大事だと思います。

動物愛護センターなどへ行っても思った事ですが犬が集まった同じ所にいる時病気を持った子(パルボや他の寄生虫、伝染病なども殆どが下痢の症状に成ります)が下痢や便をしてそれを他の犬達が踏んづけてしまうと(触れる事により)その子も病気に掛かる確率がぐんと増えます。パルボなどの恐ろしい病気は本当に気をつけないと成りません、全てに消毒が必要に成ります。

ファラリアのお薬Heartgard Plus Blueはファラリアだけの薬でないらしく、他に2種(この2種が何なのかよく分かりません、すみません)の寄生虫や伝染病を感染させない予防成分が含まれているらしくドックランなどでもしも病気の子の便を踏んでしまっても防御し安心だからという理由で一年を通して飲ませてあげた方が良いと言われました(でもこれもしかしたら混合ワクチンの内容とだぶっているかも知れないので何なのかを調べてみたいです)。

ドッランなどは色々な犬が集まる所決して安全なだけな場所でない事を知っておいて下さい。そしてもし御自分の愛犬が下痢などをしている時は下痢の原因がはっきり分かるまでドックランなどには念の為にも他の子に病気がうつらないように連れて行かないで下さい。
そして体調が悪いかな?って思った時も多く犬が集まって遊ぶような場所やドックランには連れて行かないように、病気(伝染病や寄生虫)がうつるリスクが高く成りますから。


f0013255_6441676.jpg
デェーケアーにお迎えに行った時のデュッテ(写真撮影はここのスタッフ)

なんだかちびっこいのはデュッテだけみたいな様子









f0013255_6453178.jpg
外の様子をうかがうデュッテ
















f0013255_6474859.jpg
アレルギーか虫さされで手の指の間に腫れもが出来たので薬を塗りました。
エリザベスちゃん(カラー)と共に。
[PR]
by dutelovecat | 2006-10-08 06:40 | 知ってほしい事☆注意