カップケーキくらべ

今日はデェーケアーにお迎えに行くがてらその近所のウエストサイドのチェルシー地区に在るビリーズベーカリー(Billy's Bakery)←でカップケーキを買いました。
カップケーキ、ブラウニー、ホットファッジなどの甘いアメリカが発達させたようなものは他の国でそれらを食べるよりも断然に美味しいのです、特に↑に書いたようなそれらはマンハッタンで食べた物が他のアメリカの州の何処のよりも美味しいと思います(母やおばあちゃんの家庭の味は別にして)。どうしてだかこういったものやはり寒さが在るような東海岸の方が西海岸よりもずっとずっと味が旨い、ピザもそうなんですが。

マンハッタンには幾つかのカップケーキ屋さん(カップケ−キの他にも商品が在るがカップケーキをメインに出している)が在ります、皆夫々非常に美味しく夫々に味も違っています。

このビリーズと有名なマグノリアベーカリー(Magnolia Bakeryここはサイトがありません)のカップケーキってとっても似たタイプのカップケーキなのですがそれでも私に言わせれば両者微妙に違いが在ります。
マグノリアのカップケーキも凄い美味しいですよ、色合いも可愛いし、ビリーズのと比べるとマグノリアの物の方がちょっとだけ上品にも感じます、ビリーズはもうちょっと素朴な感じ味は凄く都会的なのだけど。
マグノリアは言わずと知れている「バナナクリームムース」が繊細さが在り凄く美味しいです。
ビリーズのケーキは持て余してしまう甘さと大きさです(特別お薦めでないです)。

もう一つ好きなカップケーキは
カップケーキカフェ(Capcake cafe)←のカップケーキでここのは ↑ の両者とはタイプがちょっと違う感じバタークリームがハードで(スポンジも)、バター味も強いです。それでも美味しい。ここのカップケーキはデコレーションが美しくいろんなバラエティー(種類)在ります。ケーキもオ−ダー出来てスポンジやクリームの種類の選択は自由で、お花や色の指定も出来ます。ここのケーキも凄く綺麗なんですよ余り沢山は食べられないけど。。

その他にも色々在りますが私にはこの3ベカーリーのカップケーキが王様に感じます。
近所のラビオリファクトリーで作っているカップケーキも作り立てをその日に買うと美味しいし、カップケーキの美味しい物って日本では食べられない作れないと思います。何が違うのか分からないけど、日本で食べているような非常に美味しい和菓子は職人がここに居たとしても絶対にニューヨークでは食べれないんですそれと同じ事なのかな、不思議なんです。

ビリーズベーカリーのカップケーキ。デデちゃんと歩いて帰って来たから傾いちゃった♪
f0013255_8113435.jpg
できたての物はほんとさすがに美味しいです。
マグノリヤやビリーズのカップケーキは何時もできたてを出しています。


右上から時計回り、バニラバニラ、バニラバニラ、バニラチョコ、チョコチョコのカップケーキ







f0013255_8144532.jpg
中身はフワフワで上のバニラクリームも抜群に甘くて美味しいの♪




こういうのは美味しいその食べ頃の時に食べてしまわないとね☆明日に成るとちょっと味も質感も変わっちゃう。
実はカップケーキってたかがカップケーキだけどされどカップケーキなのでした。






こんな甘味ばかり興奮して書いてますが甘くない物も好きなんですよ〜、珍味も大好き♪
一番好きなこの世の食べ物は美味しいご飯とお茶、漬け物でのシンプルなお茶漬けだし。
[PR]
by dutelovecat | 2006-10-26 08:15 | "shizu" 美味しいは嬉しい♪