Dute 予防注射 2

日本も動物の医療費は高いですが、アメリカはもっと高いです(と思います)。
きっと医療の事を知っていてこれは入らないとか指示出来るようになれば、それほど必要でない事は拒否出来て高くなる事でもないのかもしれません。
全てが全てでは在りませんが、こちらが知らないと思うと何でも受けさせて医療費を稼いでいる獣医も多いと思います。凄く犬に詳しいプロの人達の話を聞いているとその必要か必要でないもの(ワクチンも含め)がある事に気づかされます。

という事で、昨日デュッテを獣医に連れて行って1年に一回受ける健康診断と予防注射で支払った合計金額は$271.50日本円にして約3200円前後。 高い!
その内訳はComprehensive Health Exam(健康診断)$69、DA2PPV Booster(5種ワクチン、アメリカは5種までしか在りませんそして一般的)$35、Rabies 3year(狂犬病注射)$35、Bordatella(ボーダテラ予防、日本には在りません)$39、Facal exam via centrifugation(これ何か分かりませんし何をしたのかも分かりません、もしかしたら便を調べるのかな??)$35.50、Health/Wellness blood profile(血液を採ってラボに送り内臓類の値を調べる)$57.50)

世界各国何処も同じですが獣医の指定する料金は何処の獣医もバラバラ、気持ち安い所も在れば、高額な所も在ります。重要なのは内容ですよね。先生の腕が良く、優秀で、優しく、丁寧で。。。なんて言えば、ちょっとだったら他より高くても、遠くても通いたくなります。

今回行った獣医はちょっと高めな所だと思いますが、彼はUSDA認知の獣医なので日本へ帰る際必要なInternational健康証明書を出す時に必要な人と成ります。でも$271.50も払った割には健康診断も注射の仕方もとても雑で、日本に居た時に掛かり付けだった獣医さんの方が丁寧に健康診断してくれてました。

前にデュッテのカルテを3カ所に置いていました(3つの病院へ行っていたという事です)今もカルテはだけ置いてあります。
一つは、凄く近所で設備は他に比べるとないけれど腕が良いと思われた獣医, 料金も気持ち低いか、平均的。
もう一つは、24時間近況オペも出来、各専門医も居る有名な巨大病院、ここの診察料高いです。
そして、今回も行った獣医が2人勤務しているような中規模で、そして希望すれば自然療法の獣医も紹介してくれる病院。
3つとも値段は異なりますし、内容も夫々で全く違う印象を受けてます。経験してるので夫々の用途で行く事が可能なので良い事だと思うのですが、まだ気に入った獣医は見つけられていません。
それにカルテを何カ所に置く事は余り簡単では在りません、色々聞かれたりちょっと面倒な思いもします。

通院している人からもその内部からも評判が良く設備も整っている病院を耳にしてます。場所はブルックリンでちょっと遠いのですが一度行ってカルテを置いて置きたいと思ってます。

本当だったら、良い獣医が見つかりそこの専属と成って色々見て貰う事が出来れば一番なのですが。
でも選べる比べられるという事は良い事ですよね。
[PR]
by dutelovecat | 2006-01-16 04:31 | 動物の移動、その他情報