センターにご連絡を。と、何をしたら一番伝わるのでしょう?

昨日も用事があり千葉県愛護センターへ。

写真を貼れない状態のなのが非常に残念です。カメラでは写してきているのだけど。。
写真を公開する事で繋げられる救える今生きている命が在ることだから写真があるのに出せないって言うのは出来るべき事を怠っているようで025.gif

文字だけアップしておきます。千葉県愛護センターの収容犬情報に在る掲載写真と照らし合わせてご覧下さい。040.gif
千葉県動物愛護センター(収容動物情報)←
(アップされている写真はセンターに到着後収容車から降ろして直ぐに写していると思われる写真が殆どで、実際はどの仔もこちらからの写真よりも実際ずっと可愛いです。)

収容一日目の部屋には、2匹の柴犬が居りました。2匹とも明らかに飼われていた犬で状況が分からない中おびえ気味でしたが近寄って扉の前まで窓の其処まで来ていたので相当人馴れしていると思われます、2匹の柴両犬共しっかり人の目を見ることが出来ます。綺麗な柴の成犬でした。
その内1匹はまだ真新しい青い首輪をつけています、迷子であるならどうか飼い主さんは焼く見つけてあげてください。



2日目の部屋、センターで譲渡用に選ばれるには大きく育ちすぎた雑種の子犬2匹。とっても無邪気で明るく性格がよさそうな仔2匹です。人を怖がらず人馴れしている様子なので其処に居る事が非常に残念です。2匹とも人に反応して人の目をしっかり見ることも出来ます。
自分達の置かれている状況は全く分かっていない様子で子犬らしく明るく対応してくれます。

柴犬の成犬、首輪に付いているまだ新し目のりーシが紐素材で其処を噛み切ってもしくは人によって斬られて脱走捕獲されたような様子。リーシの色が青なので雄と思われます、外飼いだったのかな?と思われるでも綺麗な成犬の柴。



3日目の部屋、17日訪問時に居た紀州犬ミックスと思われるからだが大きくなりそうな子供犬がこの部屋に移っていました。紀州犬ミックスの仔おっとりした性格のように見られます。

柴犬7匹首輪付き、飼い主のよる持ち込みなようです明らかに同じ場所から来たと分かるような首輪のぼろさと質感です。7匹群れで居るので強く振舞って居ますが1匹ずつになれば人馴れしていそうで可愛く再生できるような犬達です。
人の目もしっかりまっすぐ見られる仔が殆ど。

その他に成犬の大型犬が一匹、こちらの部屋に入っていました。



4日目最終日の部屋、引き取り(飼い主による持ち込み)により来たと思われる年老いたボクサー犬。顔の毛は白髪交じりで歯ももうがたがたでもしっつかり立っており歩行にも全く問題なし、年により出来たイボが体に在り昔は綺麗に大事に飼われていたので在ろうけど今は全く大事にされていない様子を感じました。どうしてこの仔がここに居るのか?分かりません。最期を見取るのは出来ないのでしょうか。飼い主にとって家族や友達で在ったのではないですか?明日二酸化炭素ガスにより処分されるその老犬がとても哀れに悲しくなります。とても人馴れしている犬でしっかりした足取りで近くまで来て私を目を見つめます。

先日来た時にも会った白い成犬2匹両犬とも首輪を付けています。両者別々の所から来ていると思われますが付いている首輪の状態はぼろぼろで2匹とも完全外飼いの犬だったと思われます。リーシの破片も全く付いておらず放し飼い又は時には放し飼いにされていたのかもしれません。
飼い主は探してくれる事もしてくれないのでしょうか?

4日間(週末が入ると6日間)収容期間が過ぎる彼らは、他の収容所から集まってくる犬達そしてこの日飼い主によって持ち込まれた犬や猫達と共に今朝処分になります。



帰りの出口で引き取り(飼い主による持ち込み)に来た人を遭遇、殺処分という事を職員に説明を受け納得し書類にサインしていました。綺麗に飼われていたと思われる成猫1匹ともう一匹猫か小型犬。

引き取りに来る飼い主数が減っていません。相変わらず子犬の数も多いですし、収容されている犬達には首輪が付いている仔が多いです。
千葉県動物愛護センターは変わろうとしています。みんな努力をしています。
なのに入ってくる犬の数が変わりません同じ飼い主が繰り返して引き取りに来る場合があります、懸命に命を救うお手伝いをしている人達が居る中で消費物を排出するように命を見捨てる人が居る。それぞれがそれぞれ色々な事情や理由もあるのかもしれませんが、救う手助けをしている人達の頑張りが追いつきません。
何をしたら一番伝わるのでしょう?彼らに関しては諦めるという言葉は私にはありません。

それぞれの私(自分も含めての皆さんの事です)には何が出来るのでしょうか?今一度見つめてみてください。
[PR]
by dutelovecat | 2008-11-20 06:07 | 知ってほしい事♡動物愛護