2007年 06月 11日 ( 1 )

デュッテの住処と化していた開いたスーツケースの中の荷物は無くなりデデもついに一番良い母さんの側に居る場所を無くしました。
日本から帰りデデちんと再会してから12日程経ちデデちんのピタッ男ぶりも別の部屋でひなたぼっこをしながら一匹でお昼寝は出来るくらいに成りました、考えてみればここ2日くらい前からその一匹お昼寝が出来る様に成ってます。ってことはやはり10日前後は安心するのに最低かかるのですね、10日って目安かもしれません、私の体調も感覚もこちらの生活で在る元にやっと完全に戻ってます。
意識や体が自然に回復出来て慣れるには10前後は必要に感じます、多分2週間在れば完璧ですね。人間と動物、植物など生きて居るもののバイオリズムって在ると思います。そりゃ若ければ若い程その回復力は速いのすがね。

もう一つ最近のデュッテの事で困って居る事、夜は私と一緒にベットで寝るのを守って居るピッタッ男のデュッテは作業をして居る私に付き合い深夜過ぎまで頑張って寝ませんので(ここの所は昼寝も出来ていないし)朝起きるのもとても遅い、私より遅い。
デュッテ凄い寝坊助です寝ぼけます、朝弱い犬って在るんですね。犬だから朝弱いって言うよりも他によって起こされるってのが嫌なのかもしれない。
私の起床時にデュッテを一緒に起こすと寝ぼけ居てふとんの中に潜りまた寝てしまいます、そして起きて来るのがお昼頃11時半から12時半頃、それも突然起きて来て「イマ スグニ サンポ!」と表現します。私が用事をして居るとそんな都合のいい時間ばかりに今直ぐにお散歩が出来ない時も在るので、外に出せるのが午後1時過ぎに成る事もしばしば、そう成るともうお天道様は天辺で日差しも強く地面も熱く、又は私の時間の都合も在ったりして、長い散歩が出来ない事も出来て来ます。
無理に起こし散歩に連れて行くと凄い不機嫌な時が多くて、完全に寝ぼけてるし。
私の生活環境を変えないとデデの遅起きと散歩の時間の改善も出来ないのでしょう。

全て飼い主、リーダ−で在るはずの私がいけないのだけど。
振り回されて居るのはデュッテの方だよね。
一対一の生活で母さんしか居ないから母さんとの距離がとても近く母さん命に成ってしまうよね。

さて、どうやって変えて行くか。

f0013255_90254.jpg
ソッチ イカナイ〜ノ☆とおしっこをしたい振りをしながら抵抗し動かないデュッテ

f0013255_94220.jpg
オウチニ カエラナイ〜ノ☆と帰えり道を知っ居て立ち止まり踏ん張るデュッテ
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-11 09:07 | デュッテの事で