ねこ

基本、捕獲目的や避妊去勢をする目標が無ければ野良猫にむやみやたらにエサはあげていません。
f0013255_11402485.jpg
チロ子ちゃんは外見は優雅風ですが雌の野良猫で、野良としてはお年寄りの6歳前後?かと思われます。
他の野良猫達とは一線を置きひとりでひっそり生きてます、界隈の野良達から虐められるようで他の場所にエサをもらう場所も無いようで。
人慣れも出来て無く影猫です。
わたし所には時間になるとやって来て、写真位までの距離は母や私には大丈夫になってます。
食べる量も少なく、体も小さい。
捕まらないし、老猫なのですが固体が増えないであろうと考えられる少量と決め(野良にあげる際のわたし的勝手な判断)エサが残って他の野良猫の縄張りとならない為にも食べ切る量で、訪問して来た際のみご飯あげています。


あともう一匹、他の野良猫で茶トラのコ(+一匹兄弟の三毛猫)
昨年の夏は子猫でした、11月頃から捕獲をしたい目的で慣れてもらう為にと毎朝エサをあげて居ます。
かれこれ大分慣れたけどまだ触れずどうしても捕まえられなくて。
気をつけている事は、そのコが食べ切る量と、固体が増えないようにとの考えからお腹に満たす量は少量と言うこと。

この茶トラのコが捕獲出来たら私の朝は時間的にも内容的にももっと楽な朝になるので、
避妊去勢をしないといけないのとで、
一日も早く捕獲したいのだけど。
でも猫事情も色々あり...
今だ一口サイズのエサを与えて捕獲に向け頑張ってます。


f0013255_11402476.jpg
我が家の青葉も眩しく美しい頃になりました。
青葉の季節、初夏ですね
初夏まであと一歩。
[PR]
by dutelovecat | 2012-05-14 11:40 | 知ってほしい事☆注意

変えて行こう

ナチュラルドッグスタイルHP(↓下記サイト明記)では4月30日(消印有効)締め切りで、
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』、を集めています。
 もう少しで目標の一万人の署名が集まります、署名には数は大事だと思います、それによって届く声は大きいかと。現状が変わって行くためには動くしかありません、ペットが家族に居る私達には全く他人事ではない話でも在ります。

 http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

 お友達の『Coo&わんさ weblog』(http://kw-orca.com/coowansa/)のKさんが上げて下さっている情報からこの『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』が在るのを知りました。
 署名をし、更に協力すべくお友達にも署名をお願いしたら~強力なお友達の力で署名が249名分も!短期間に集められました凄~い。今日責任を持ちまして郵送を致します。
 声を掛けること、情報状況を伝える事の大きさと大事さ、動く事の重大さを改めて感じています。皆自分に出来る事を実は探しているのかも知れません、共鳴共感の輪は大きいです。
 
 情報を上げてくださっているKさん、一声で実際動いてくれたお友達やお友達たちに感謝です。だからこそ変わって行かないと★ 
f0013255_10445347.jpg
現実に現状が確実に変わりますように★そのためには私は動きます。
 

 
 
[PR]
by dutelovecat | 2011-04-18 10:45 | 知ってほしい事☆注意

昨夜6時前に近所の駅前を散歩中に通過、もう辺りは暗くなっていたけど駅前ローターリー前の歩道はお店なども多く決して前から来る物が見えない状況下でない。

愛犬デュッテは他の犬の掛けたおしっこの匂い嗅ぎにいつも没頭する犬で駅前の歩道は全て隅へ隅へと歩きます。
その歩道の隅の隅をデュッテを連れて歩いていると、駅の階段方面から帰宅へ向かう50~55歳位のスーツにコートにアタッシュケースな井出達のサラリーマン風の普通のおやじ、酒に飲まれている様子も無く全くのしらふ、そのじじい(いや失礼おやじ)が隅に居る私達の前に歩いて来て止まらず避けもせず真正面からデュッテを蹴り上げました。

デュッテの綱は長くしているわけでもなく、そのおやじにデデが近寄って行ったわけでもなく、飼い主の目の前で蹴り上げるなんてまず許されない。

勿論「どうして犬を蹴るんですか?!」と声が出ましたが、じじいが返した言葉は「お前が犬を避けろ!」でした。
明らかに分かっていて蹴ってる様子から近くの交番へ行く様に詰め寄りましたが、罵声を発しながら逃げる方向へ。。。
その後200m前後位はひるまず押し問答で交番へ連れて行くように追いかけて促し頑張ったのだけど、聞くはずも無く。

私も殴られそうになったり(振りをするだけで殴る事はしない)その他小細工な演技をされたりと色々在りましたが結局何処に住んでいる人かも分からず逃げられました。
携帯を持って出なかったからそれ以上どうにも出来なかった、周りの人々は知らんぷりだし。
私はその後直ぐ交番へ。でもタイミング悪くこの日は人身事故が在り交番は空っぽ。
本署に電話で話をしたけれど、今朝になってから事の起きたデュッテの獣医に事の起きた昨夜のうちに診断してもらっい書いて頂いた軽打撲の診断書を持って交番へ行って来ました。

結局、被害届という形で書類を制作して貰えました。
が、だからってどうにも成るわけでもなくて。

そのおやじが毎日何時頃駅から出てくるのか、持ち物も、人相も全てはっきり記憶出来ており説明もはっつきり出来る為、余計に悔しい。
動物に対する法が変わらない改正しない限り動物を守る事や術さえもない野蛮にも思えてしまう日本。まだまだまだまだ女性も生活し辛い国だよね。

今回の事も私が男で小型犬を連れていたら起きなかった事だと思うし、私が女でも大型犬だったら起こらなかったとも思う。蹴るだけで即死んでしまいそうな超小型犬で在ってもきっとそのおやじは蹴らなかったと思う。小心者がすることがまた許せない。

同じように被害にあった場合、その場で即携帯から001で警察に電話する、それが際も有効な事なのだそうです
それでも現行犯逮捕で無い限り、愛犬が内臓破裂とか死んでしまったとか骨折などの症状で無い限り罪に出来ないという。
女性はどうやって身を守ればいいのだろうかこの国は。。警察よ頑張って動いてください。
法は時代時代に変わっていかれるようでないと、動物はどうやって守ればいいの?

ちなみにデュッテは興奮して昨日はずっと吠えていました。正面から蹴られるなんてショックだし、全く普通に見える大人のおやじが目の前でそんな事をした事も私にはショックでした。
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-26 12:25 | 知ってほしい事☆注意

ボクカジラレタノ

キョウハボクカジラレタノ。

ドックパークで常連と思われる知らない人に話しかけられ(その人寂しいのかな?凄い積極的に話して来て)それに答えて話していて話に集中してしまった時、ガウガッと声が聞こえデュッテがラブラドールの女の子(女の子だよ、デュッテ)に齧られ振り回されていました。周りに居た人(その話かけて来た伯父さんも)がラブを離してくれ離れましたが、デュッテのその時の助けを求める目。。すまぬデュッテ。
でも抵抗しないで偉かったと思う、あれでいつもの負けん気で噛み返していたのなら大げんか大きな怪我に成っていたかも。
腕の付け根の所完全にくわえられていましたから動きも取れなかったのかもね、先にきっと噛まれたのかなって思う。
そのラブの仔はこれで2回目だそうです、他を噛んだの。傷は浅かったか大丈夫ですが腫れるか様子見ています。ラブの仔はおとなしいイメージが在ったから驚いたわ私も。
噛んでる時も飼い主の女性は何にも出来ないでパニクッて居た、あれだと彼女には犬がコントロールで来ていないのだと思う。きっと飼い主が改めないとこんな事また起こると思う。

でも何よりの問題は、私が話していた事で目や気を話に持って行かれていた事。
駄目ですよね、っていつも思う。みんな話に夢中でワンを見てないのもの。慣れって怖い。
話して居る人達も大きくわけて2種類在ると思う、犬を中心にして話してはいても気は犬に向けて居る人と、犬をそっちのけで話に夢中に成って話をしに来て居る人と。
ドックパークって決して安全な所では無いってこと皆知ってるのかな?自分の犬は平気だとしてもどんな仔が来るのかも分からないし、ワンにとって怖い病気も沢山落ちて居る所。良い部分も悪い部分も在る所。

f0013255_8131676.jpg
ガウガウガウ
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-16 08:21 | 知ってほしい事☆注意

ドライブ中にデュッテに犬のシートベルトをしないで居た事で大変反省させられました。高速を使う時は必ず付けるシートベルトなのですが町中でのドライブでは気を付けていませんでした、それでデュッテに痛く怖い思いをさせてしまいましたし私もその危険性を知りました。

突然車が飛び出して来たのです。シートベルトで固定していなかった助手席に座っていたデュッテは、それ程スピードを出して車を走らせていなかったとはいえ、ダッシュボードの上に飛びぶつかって落ちました。
大変痛かったみたいです、内出血とか怖いです。おやつを上げたりして様子を見ていますがずっと寝てます。(夕方に成って元気で居ます。)

f0013255_639131.jpg
ボク、ナンカ
イタイミタイ














ごめんね母さん最近不注意ばかりだよ、痛い思いをさせて悪かった。
[PR]
by dutelovecat | 2006-12-29 06:43 | 知ってほしい事☆注意

血便が出始めたのは木曜日夕方デェーケアーにお迎えに行きその帰り道でした、この時は健康な便の外側に血液状の粘膜のような物が付いている感じでした。
この日のごはんはDr.Harvey'sケーナインヘルス←にサンプルで貰っていたDr.Harvey'sベジトゥボウル(野菜だけのバーションのDr.Harvey'sケーナインヘルス)を付けたし野菜を多めにしそれにマグロとチキン胸肉を煮たもの、オイル類(今回はフラックスシードオイルとオリーブオイル)、黒酢オリゴ糖入りを混ぜて食べさせました。
ここの所Dr.Harvey'sベジトゥボウル(ベジタブルミックス)をサンプルで貰ってから野菜が今までより多く成っていました。

金曜日一日様子を見ましたが、元気で食欲も在るのに便だけが血便。この日昨日より血液とはっきり見分けがつくような粘膜状の血液が便の外側に付いていました、便もゆるく成り始めました。夜中お腹が痛かったのか起きて部屋の床に下痢便をしてしまいました、血便でした。
この日のごはんは、もしかしたら野菜が多く成っていたからかDr.Harvey'sがデュッテの消化に悪く血便に関係しているかもと思い、Merrick←のSmothered Comfortメニュー(内容はチキン)缶フードをあげましたお腹が空いていたらしく直ぐに完食そして夜中にゲーリー(下痢便)。

今日土曜日になり完全に粘膜下痢のような血便下痢に成りました。血液も多く感じました。
獣病院へ連絡し予約を入れました。

デュッテの下痢便を採取して持って行きました。
デュッテの症状は、元気に動き回り、食べて水も飲み、お尻などもなすり付けず、吐き気も無い事、熱も無く、血便下痢以外には他に変わった様子は無かったです。

デュッテはデェケアーで他の犬と触れ合っているのでそれが伝染病からでないかまず便を検査されました。

結果は伝染病では無かったです。伝染病だと病院にデュッテを残して行かなくてならないようで命への危険も在ります、そうじゃなくってよかった〜。
そして血便と下痢は、食べ物から来ているか(胃腸などの問題ですね)、ストレスなどから来ているか、などでした。

デュッテは昔から草を牛のように良く食べたがり、沢山食べてはそれを吐き出します。胃が弱いのかも知れません。野菜が多い食事デュッテには合わないのかもしれない、野菜は肉食獣である犬には消化が非常に悪いです。
Dr.Harvey'sケーナインヘルスを使い始めてからはずっと手作りごはんでお肉にもバリエーションを効かせお魚も適度に与えています、そして毛並もピカピカしていましたし、アレルギーも出ず調子は良く、ピッツブルに噛まれて重傷を負った時はその回復力の早さに驚きましたこれも食べ物などが影響していたと思います。全ての面でDr.Harvey'sケーナインヘルスは良かったです、でもデュッテの消化の部分ではその日の体調にもよるでしょうがよくない時も在るのかもしれません。それより何より多分野菜を多くしてしまったのに問題が在るのかなって考えています。

さて、血便の為に出して貰ったお薬は胃腸薬と下痢止め(錠剤とチューブ状に成っているもの)錠剤は5日間続けチューブは3日間。これで様子を見ます。

そして金額は282ドル(約31840円)。最近は磨きジェルをさぼり続けていた為犬歯に歯垢がたまり始めたのでその犬歯だけの歯垢をカリカリと手と器具で削ってもらったのですが(ほんのちょっとですよ〜)19.20セント(約2300円)、お腹の為に薦められて買ったサイエンスダイエットi/d缶2.50セント(約360円)、ファラリアの薬のHeartgard Plus Blue34.50セント(約4140円)、その他手の間にアレルギーのような物が出来ていたのでその塗り薬や便の検査料、そして診察料が79ドル(9480円)値上がってる。。。恐ろしいほど。。
ここの獣病院で掛かり付けと成っている何時もの先生が居なかった為女獣医さんが見てくれたのですがこの先生前も思ったのですが他の先生に比べるとやたらに薬を出したがりぎみなので余計高く成っているのかもしれません。先生によりあれこれ薦め方も薬の出し方も違ったりします。ここの獣病院なんて高い所なんだろう、でももっと高い獣総合病院も知ってるし、気持ち値段が安めの所在ります。これでは動物も気軽に飼えないですね(元々動物は気軽な気持ちで買う生き物では在りませんが)。


やはり寄生虫や伝染病はとても怖く、予防注射を打っていたとしてもその病気がうつる可能性も在る事という事を知っておいて欲しいです。特に体調を崩し免疫が弱く成っている時は簡単に伝染しやすいのです。
なので、犬が集団で集まる所(ドックランなど)には体調が悪いなと思った時は連れて行かないでください。病気はとても怖いんですよ。
今日獣病院で聞いて話していたのですが、やはりコンクリートやゴム製などのドックランや犬が多く集まる所には寄生虫や伝染病発生に特に注意した方が良いとの事でした。
地面が草や土の所でも病気の犬の便を踏んづけたり、ずっとたまっている水たまりなどの水を飲んだりとそんな事をすると同様に危険は伴いますが、地面が吸収して行ってしまう分コンクリートの吸収しない地面などの物よりはまだ良いと聞いています。

前にも書きましたが結構公表していないだけで犬が集まるドックランやホテルなどでは伝染病や寄生虫が発生して居る所結構在るんですよ。周りの人と情報交換をする事も大事だと思います。

動物愛護センターなどへ行っても思った事ですが犬が集まった同じ所にいる時病気を持った子(パルボや他の寄生虫、伝染病なども殆どが下痢の症状に成ります)が下痢や便をしてそれを他の犬達が踏んづけてしまうと(触れる事により)その子も病気に掛かる確率がぐんと増えます。パルボなどの恐ろしい病気は本当に気をつけないと成りません、全てに消毒が必要に成ります。

ファラリアのお薬Heartgard Plus Blueはファラリアだけの薬でないらしく、他に2種(この2種が何なのかよく分かりません、すみません)の寄生虫や伝染病を感染させない予防成分が含まれているらしくドックランなどでもしも病気の子の便を踏んでしまっても防御し安心だからという理由で一年を通して飲ませてあげた方が良いと言われました(でもこれもしかしたら混合ワクチンの内容とだぶっているかも知れないので何なのかを調べてみたいです)。

ドッランなどは色々な犬が集まる所決して安全なだけな場所でない事を知っておいて下さい。そしてもし御自分の愛犬が下痢などをしている時は下痢の原因がはっきり分かるまでドックランなどには念の為にも他の子に病気がうつらないように連れて行かないで下さい。
そして体調が悪いかな?って思った時も多く犬が集まって遊ぶような場所やドックランには連れて行かないように、病気(伝染病や寄生虫)がうつるリスクが高く成りますから。


f0013255_6441676.jpg
デェーケアーにお迎えに行った時のデュッテ(写真撮影はここのスタッフ)

なんだかちびっこいのはデュッテだけみたいな様子









f0013255_6453178.jpg
外の様子をうかがうデュッテ
















f0013255_6474859.jpg
アレルギーか虫さされで手の指の間に腫れもが出来たので薬を塗りました。
エリザベスちゃん(カラー)と共に。
[PR]
by dutelovecat | 2006-10-08 06:40 | 知ってほしい事☆注意

動物保護活動をされているWan lifeさんの所で53匹酷い状況下で繁殖飼育させて居た犬達をレスキューしたそうです。皆さんどうか目を通しこの日本の現実と現状を知ってください、まだまだ私達の知らない所でこのような待遇で子供を産ませ続けさせられている犬や猫は非常に多いと思います、もっともっと酷い状況下から開放させない子達もまだまだ存在すると思います。もうそろそろ皆(購入者する人達も)がこのような状況を気付いてくれてもいいのに。。。

お金を払えば良いという事だけでなく命を買う(飼う)事にも”責任”は在ると思うのです。来た先が分からない(競りで買い落とさせたりする)店頭で売られているいわゆる生体販売の動物達はこのような醜い状況下で繁殖されて来ている子が多く殆どだと思います。出生場所、状況などを知る知ってあげる事もペットを家族に迎える事で大事な事そしてそれは飼う側からの責任かもしれません。只販売している側がどれだけ情報を知っているのか?そういう事にも疑問を持ってください、声を上げて良いのです、総てを納得した上で動物を家族に迎えても良いのです。選ぶ権利は購入者側に在るのです、そしてそれが”責任”なのでしょう。出生先や状況が分かる所から手に入れる事も選択出来るのです。こちら側(購入者側)が変わればこの醜い現状況はその必要に応じて変わって行く事なのかも知れません。

。。。
やっとこの子達は狭い出る事の出来なかった檻から開放されました、それが嬉しい。
レスキューレポート(Wan life) ←

繁殖場から助けられたわんちゃん達 ←
多くの動物が救われますように、こういう状況が無くなりますように願うばかりです。
彼らは愛させる為に家族を愛する為に生まれて来たのだと思います。
人間は怖いです、そして無知はもう犯罪の一つです。

Wan life ホームページ ←



アメリカでも醜い状況下に置かれただただ繁殖し続けられている生体販売の犬や猫の親達も居ます(イギリスにも在りますし世界的に何処かで在りますね)。アメリカは愛犬家ブリーダーの販売し里子に出す条件が厳しかったりもするので簡単に欲しい動物を手に入れる手段としてやはり生体販売させている所を利用する人も存在します。ただ日本のようにそのような悪質繁殖者を罪にも科せず野放し状態にしているのでなく捕まったら犯罪に成ります、そして声を大きく上げる人達も多いです。日本の生体販売が当たり前化されている現状とはまた少し違いそんなお店の数も店頭にて販売されている犬の数も日本のそれよりはずっと少なく感じます。
[PR]
by dutelovecat | 2006-08-29 09:32 | 知ってほしい事☆注意

デュッテもお手手を蜂に刺されて大変な事になったけ。。
『蜂刺症のピークは8月〜9月に集中しています。10年前と比べ約9倍に増加しています-蜂刺症より』なのでどうか皆様も気を付けてください。
蜂の巣には近づかない事!(デュッテより。そしてデュッテへ)

町内会清掃の68歳、ハチに指を刺され死亡…大阪(yahooニュースより)

蜂刺症 ←(興味深い事が書いて在り勉強になりました。)
[PR]
by dutelovecat | 2006-08-21 11:49 | 知ってほしい事☆注意

なんだかデュッテはまだ弱々しく見えます。環境が変わった事も在ると思うのですがやはり噛まれた事はメンタルに影響をしているようです。

f0013255_1118024.jpg
なんか何時もと違いますよね?

デデちゃん頑張れ♪母さんはついてるぞ!







傷は大分癒えました。一番深い傷の肩と胸のまわり二箇所の様子を見て居ます、大分固いカサブタに成りました。
剃られた部分の毛も伸びてます。

f0013255_11224464.jpg
前に比べると他の犬に興味が余り無くなってます。でも嫌いな訳ではないようです。




















火曜日の夜に始めたメンタルのリハビリをデュッテ上手に出来たので空いている日(犬がおまり多くない日)だったらデェーケアーに出しても良いと言われました。なので月曜日に試してみます体力も戻り前みたいに他の犬達とも楽しく過ごせるといいね♪

お散歩も長くしてみました。私の買い物へ付き合わせて歩かせました。沢山色んな音を聞き、歩き、人とすれ違い、自分が今いる場所をデュッテが確認出来たらいいなっと思いました。今音に酷く敏感です、ビクビクする事も多いですし怒って吠えまくる事も在ります。
今までは何も怖くない何も起きないって感じの自信の有り様でしたが、今は自分にも何か起こると言う事蛾分かったように思えます。でも母さんが一緒にいれば大丈夫なんだよ!ってことを脳裏にしっかりインプットさせてあげたいです。
早くデュッテの住む世界が安心と喜びだけに成りますように♪デュッテ戦ってますよ、自分自身と。

f0013255_1136826.jpg



























まとめで、私の経験から正解だった結果と反省点を書いておきます。
いざもし犬に襲われた時などに参考にしてもらえたら良いかと思います。

正解だった事。
*起こってしまった事は仕方ない事。その後が大事で今が大事、デュッテを何よりも即座に動物病院へ緊急として連れて行ったのは大正解だったと思います。噛まれた後酷く腫れずに済みました。

*普段から食事に気を付けていた事。近いうちのお薦めとしてデュッテにここの所食べさせている物を書いてみます。傷の回復力の早さに驚きました。
その他私はレイキが出来るのでデュッテにレイキで癒してました。

*前向きに考える事。大変だと思ってしまえばほんと大変な事です、そしてとても怖かった。デュッテにとっても今が大事で今をどうやって進めて行くかがもっとも大事な事。起こってしまった事を受け入れて今出来る事に希望を見つけてみる。

反省点。
*よく知らない、認識が出来ていない場所でリーシオフにしない。

*犬種をもっと理解し、もっと気をつけるべき。
犬種によって犬種の習性で思いもしない時に咄嗟に事をしてしまう事が在ります、それは抑制出来る事ではないと思います。動物が悪くなくても飼い主が出来ていない事が殆どですからそこの部分を信用しない事。犬の性質を尊重していた方が信用出来ると思います。


犬は火が怖いそうで(水ではどうにも出来ないそうです)ライターなどの火を犬同士の喧嘩や噛みついて離さない時は使うと良いそうです。尻尾に火を当てるのだそうです。ライターを散歩の時は何時も持っていようと思いました。

犬を”犬”として尊重する事の大事さをまた知りました。

デュッテとのんびり楽しくリハビリを進めて行こうと思ってます♪ご心配おかけしました。
[PR]
by dutelovecat | 2006-07-28 12:07 | 知ってほしい事☆注意