噛み付かれた日の一晩は獣(動物)病院にて保護下の元入院していました。
翌日午後に成ってから獣医から電話が在り午後から動物病院から連れて帰っても良いとの報告を貰いました。そして午後3時過ぎにデュッテを迎えに行きました。
傷から細胞と筋肉が傷つき死んでいる部分も出て来るので回復の仕方次第で手術が必要に成るかもしれないと言われました、取りあえずあの時回復を願い見守っているしか在りませんでした。手術にでも成ればニューヨークには暫く帰れなく成るかもしれないとも考えました。
2日後に同じ獣医で予約を取りその日に状態を見せる事にし滞在場所へ連れて帰りました。
抗生物質と痛み止めを6日間、一日に2回飲ませ続けました。
連れ戻ってから2、3日はとても痛そうに苦しんでました。

獣病院(動物病院)で支払った金額は$766、Hypodermic Medication(点滴か注射)を5本受け24時間以上滞在していて検査や処置もしてもらっていたのにとても良心的な値段だったと思います。とても良く話も聞いてくれ凄く丁寧に見てくれていました。皆同情的で優しかったです、支払った金額には看護婦さんも付いていてくれていたのに入院費は入ってませんでした処置料と医療費だけの内容でした、獣医さんや看護婦さんの好意に感謝しております。

f0013255_90114.jpg写真は病院から連れて戻った日の次の日に写したものです。

悲しそうです。




















連れて戻った日は何も食べてくれませんでした。傷も腫れていて嘗めたり痛がって震えてました。
噛まれて3日過ぎた辺りからチキンを煮たものを食べ始めてくれました、食べ始めてから元気に成って行きました。動物は仮病を使えません、やはり食べ物が入るように成ると体力が戻り元気に成って行くようです。
この頃から出血も止まりました。

f0013255_945634.jpg噛まれてから3日後位の傷はこのような感じに成りました。
腹部にも肩まわり二カ所と同じような歯が突き刺した穴が開いたような傷が在りました。腫れも腫れはしましたがそれ程酷くは腫れませんでした。

肩まわりの二カ所が一番酷い傷です。
その他にも毛は剃られませんでしたが足や頭には傷が在り、それらは今かさぶたに成って取れています。

f0013255_911314.jpg



























獣医さんが思った程デデちゃんの体は腫れなかったようです、内出血も悪く体内に影響も残す事も無く傷の癒え方も早く、獣医の先生はデュッテのミューンシステム(細胞の再生力)の回復力の早さに大変驚かれていました。そしてラッキーだと繰り返して言ってました。
即座に動物病院に連れて行き抗生物質などを打ち処置したのも余り腫れなく回復を早めた事でも在るそうです。

デデ自身の持っているミューンシステム(復活回復力)が良い事も在るでしょうがもしかしたら食べ物を気を付けてあげて居たせいも在ると思います。食事には色々混ぜてますが取りあえずずっと連続し続けているものは『フラックスシードオイル』これは人間にも大変良いものです。

傷も乾き始め11日噛まれたのですが21日にニューヨークに戻っても大丈夫と許可を頂きました、始めから予定していたスケジュールで無事デュッテと共にニューヨークへ戻って来ました。

f0013255_9122258.jpg





























次回の投稿で今の様子の写真を載せます。(続く)
[PR]
by dutelovecat | 2006-07-27 09:23 | 知ってほしい事☆注意

サンフランシスコに在る殆ど散歩に来ている人は犬をオフリーシにして遊ばせている公園(犬を飼ってない人達から教えて貰ったのですがドックパークと聞いていた)でデュッテをお散歩させて他のオフリーシで遊んでいる犬達とも上手く遊べていたのでデュッテもオフリーシにして犬達と遊ばせていました。
其処へ二等引きの首輪でリーシは付居ているけど飼い主はそのリーシを手放しにしているピットブル二匹が公園に入って来ました。
勿論デデは走って近づき(私は後を追いかける)挨拶の匂いを嗅ぎ始めたら。。直後直ぐ突然二頭に噛み付かれました。なぜかデデは降参の示しで咄嗟にお腹を出したのか?それとも急所はお腹辺りだと知っているのか?デデはひっくり返った状態で一頭は頭部から左胸腕に、もう一頭は腹部に食らいついたまま離さない。。。涙

私は落ちついてましたよ〜どうしようかと考えました。
ピットブルの飼い主は全く犬をコントロール出来ないし、立ったまま”止まれ”という言葉を言っただけで見てるだけ。周りの人も誰も近くに来て助けてくれないし、1〜3分と長く感じる時間が過ぎました。

デデちゃん食いつかれているし、凄い力でピットブルの顎はデデにはまっているし引き離すのに引っ張ったらお腹や腕が引き裂けるかもしれないと思い。。。でも食い付いてるし。。離さないとデデちゃん死んじゃうと咄嗟に必死に抱え込んで一頭のピットブルをデデから離しました、それでももう一頭お腹から牙を外さないし。。。またデデに食いつこうとする一頭を全力で抱え込んでいるだけで動けないし。

何がどうなってもう一頭がデデを離したのか覚えてないのですが外れてデュッテを抱え近くに在る獣病院へ涙こらえて駆け込みました。出血してるし傷は開いているし弱ってるしどうなるかと心配で。

緊急に病院に入ったデュッテはその後、体内部のダメージは在るか?骨は折れてないか?傷の処置など異常を調べる検査をし、点滴を受けその日はそのまま入院。
夜七時過ぎに面会が許可されて会いに行きました。
f0013255_53292.jpg


f0013255_5323657.jpg
母さん、僕死にそうです。
痛いんです。凄く痛いの。

インナー(内部)の損傷は見つかりませんでした。ただ凄い力で食いつかれているので噛み後が内出血していてそれがインナー(内部臓器)にも影響が出るかもしれないから2、3日経って様子を見てみないとどういう状況になるか分からないと言われました。
開いている傷は縫ってもらえません其処から膿みを出させる為です。

とりあえず内部の損傷は無し、骨も折れていないという事で、傷が膨れ上がり痛みを伴う事の説明を受けこの日はデデを残し病院を後に。こちらの獣病院は24時間看護士が居てくれる所だったので 安心出来ました。

私はこの日大泣きしてしまいましたよ。でも凄くラッキーでした私は押さえつけたピットブルに噛つかれせんでしたし、デュッテは酷い噛み付かれ方をしても見事に全て急所からずれていました。ただ一番深かった腕の付根と胸の傷がこれからどう影響して行くかはまだ観察途中です。

犬の怖さ力強さ、責任が持てない飼い主の問題や人間の弱さなどを知った事故でした。
その反対に人の温かさや優しさに触れる事も出来、真の友の声に感謝した出来事でも在りました。
反省している事は殆ど知識がない場所でデュッテをオフリーシにしてしまった事です、即座に獣病院へデュッテを運んだ事は正しかったです。

(続く)
[PR]
by dutelovecat | 2006-07-25 05:44 | 知ってほしい事☆注意

デュッテのクラス今週キャンセルになる連絡が入りました。今日デデをデェーケアーに連れて行き今週受けるはずのクラスの先生が怪我をしたのでキャンセルに成る事が分かりました(デュッテがデェーケアーに行っている所とクラスを取っている所は同じ場所です)。
この先生犬のプロです、デュッテも何回もこの先生のクラスを私と共に取ってます。

他の犬や物、人に興奮して暴れたり、駄目だったり、吠えたりコントロールが聞かなく成る子用のクラスがあります。飼い主がとっさの時にどう対処したら良いか、犬を安心させる方法、飼い主と犬の絆を深めて行く感じのクラスです。なのでこのクラス、普段は可愛く甘えん坊可愛いけれど何かの時に問題が在るような犬達が来てます。デュッテも取りました、私が凄く勉強に成ったクラスでした。

先生、この手に負えない傾向の在る犬達のクラス(多分レベル1、初心者のクラスだと思います)を教えてる最中にクラスで飼い主と共にいる犬に手の甲を齧られて骨が折れ手術をするとの事でした、手術をするまでの骨の折れ方相当酷いのでしょうか。
驚きました。先生は長年の犬のプロ、それもどういうクラスか分かっていて教えている最中の事故(このクラスは椅子でバリケードを作り一頭一頭そのバリーケード付きのスペース内で訓練を習います、マズルやホーティー(口にかけるマスクのような物とジェントルリーダーのような物)も使います)。クラス内では飼い主が犬をコントロールしてるはず?だし、クラスに来ている子達は皆子犬の時から飼われている血統証付きの子ばかり(甘やかさせた子が多い)。でも事故は起こるんですね、やはり動物です力もその気になればずっと人間より強い。飼い主がコントロールを負えなく成っている。
飼い主のあり方というものを考えさせられました。


こちらのアニマルシェルターは市営、民間、夫々各団体によってやり方も内容も違います。
私が過去ボランティアをしていたニューヨークASPCAは簡単な講習ですがほぼ半日それを受けてからでないと施設にいる犬のドックウォークや猫のケアなどのボランティアが出来ませんでした。幾ら過去に他の施設でフォースターケア(預かり親)のボランティア経験が在っても、其処でのフォースターケアをしたければ基礎の講習を取って、さらにフォスターケア専門講習を受講しないと預かりのボランティアもさせてくれませんでした。(サンフランシスコでしていた時は良きも悪きもこんな事在りませんでしたヨ。)
施設にいる犬達は何かしら問題(犬に、そして飼い主に、状況に)が在り飼い主に去られた子達で、比較的手に負えなくて来てしまっている(捨てられた)大型犬の若い犬達が多かったです、そしてかなり体格も大きく力が在り、人気の在った犬種Rottweiler/ロトワイヤーの子が比較的何匹もその施設に居た事を覚えてます。

余談ですが、手に負えなく成るような理由で施設に入る事の多い犬種はピッツブル(系)の犬(決闘する様に作られている犬種なので仕方ないですよね)です人気もある犬種です。ピッツブル、やはり力が在り飼い主のコントロールが効かなく成ったらリーダーが誰か分からなく成ったら大変な事に成ってしまうような強くて凶暴にもなる犬、凄く甘えん棒でもの凄く可愛いのに突然怒り出すような気質を持っている犬種、力が余らない様には発散させてあげないと成らないような、そんな犬を飼うのの初心者向けでないような犬(手に負えなく成って捨てられてしまう)が多いです。

施設によっては問題が在る犬は置かないで大人しい里親が見つけやすい犬や犬種を置く所もあります、でも時期も在りますし私が通っていた時はたまたまこういうロトワイヤーの犬の様に強くて大きい子が多かっただけかもしれません、大体施設に入る事が出来、里親さんを待っている子達は性格もよく問題ない子が多いです、でないと入れないです。

ASPCAのドックウォーク(施設にいる犬を散歩させる)ボランティアの初日はボランティアの先輩と一緒に説明を受けながら外へ犬を散歩に連れ出しました。なので初日は施設内でも比較的扱いやすい子を連れ出します、そんなはずなのに、私が連れ出した体系が大きめのロトワイヤーの子が散歩途中、突然私に2本足に成ってのしかかり(私より背丈が大きいか同じ位)腕をカブッと噛んだまま離さずそのまま振り回されてしまいました。噛まれた腕からは血は出ませんでしたが内出血のあざに成ってしまい暫く消えませんでした。
その犬は普段とても良い子らしく先輩達がこれに驚いて、後にこの子に対しての報告(注意事項を出した)が出されました、今まで一切ボランティアの誰ともこんな問題は無かった犬だそうです。
ただ唯一子供は駄目らしく、私は子供でありませんが私と散歩していて何故か興奮してしまったようでした、どういう飼われ方をしていたのか分かりませんが嬉しそうにしてたので多分遊びたかったのだと思います、じゃれるつもりがこの犬には力が在りすぎました。もし本気で強く噛んでいたのだったら大怪我をしてました、じゃれてあの位の強さで噛みつかれて一人では離す事が出来なかったのでまた同じような事や何かが在った時、私には力の意味で躾がきちんと入っていない超大型犬はコントロールするのは無理だと分かりました、それで他の人に怪我や犬を脱走させ手しまったのでは一大事です。

トレーニングが出来る様に成る事トレーニングの意味が分かるという事の大事さが、クラスを多く取った後の今に成って、凄く良く分かるように成りました。躾が入るという事は犬にとっても飼い主にとってもストレスが少なく、楽しい毎日を共に暮らせる糧、基礎に成ります。

その後、後日他の犬を何匹かドックウォークしましたが、やはり↑の経験から私の体より大きく力の在りそうな犬が多く何か起こった時私ではコントロールは取れないと自己判断し、この時ここの施設のドックウォークボランティアは止めにし、預かり親のボランティアだけ続けました。
でもそんな事が遭っても私は大型犬は全く怖くは在りません。その時にコントロールが出来なかったコントロールする事が良くわかっていなかった私が悪いのです。

犬には罪が無いのです、大きく力が在る犬に育つ事を分かっているはずの元飼い主が分かっておらず、飼い主としてしてしておかなければ成らない事をしていなかったのです。大きく成って力が付き手に負えなく成れば正そうとする努力もせずにただ諦めて捨てる、何か間違ってませんか?

話はまたずれますが、アメリカでは引っ越し転勤による理由、そして飼い主の病気などに寄り行き場所が無くなった子達も多いですが、手に負えなく成った子を諦めたり持て余したりする理由で施設に入れられる犬も多いです。勿論、施設側が全く手に負えないと判断させた犬は安楽死させられます。施設に寄っては在る期間中だけ里親探しをしてももられても期間が過ぎたり、新しい子が来たりすると安楽死させる施設も多く在ります。
日本はまだもっともーっと遅れているので、↑の理由はもちろんの事それプラス、番犬目的で繋ぎっぱなし放し飼いなどの理由でセンターや保健所に連れて来られる引き取りの犬猫(捕獲させる子達も合わせ)非常に多いです。使い捨て、役に終えなくなったら新しい犬に変えるそんな人間以外は物としか見てない低い次元です(涙)そして注射の安楽死ではなく多くの犬を狭い箱の中に詰め込まれての二酸化炭素ガス苦しみの死でのみです、どんなに性格の良い成犬も里子に出れるチャンスはセンターに入ってしまえば在りません。でもセンターの人達ではどうしようも出来ない事なのでしょう、国が何か何かを変えてくれないと全国センターの事については特にどうにも変わる事は出来ないと思います。国にとって犬猫(動物が)がただの物のレベル以上に考えて受け入れられて貰える日は近いのでしょうか??日本非常に恥ずかしいレベルで遅れてますヨ(議員さん、予算案を出し決定する方々へ)。


※この話長く成るので、明日に続きます。
[PR]
by dutelovecat | 2006-03-04 01:05 | 知ってほしい事☆注意

ワクチン、副作用怖い

f0013255_8251098.jpg
デュッテ今日から本調子に成って来ました。散歩は普通にし、食事は食べた量が少ないですが口にしました。
ワクチンへの疑問、副作用や強くて怖い事などデデの身を持って知らされました。本当に苦しそうでした。

アメリカは日本と違い、今年ワクチン(5種)を打ったので来年は血液を取り検査しワクチンが必要なら接種する形に成ります。
でもmaricoさんが↓のコメントでおっしゃってますがアメリカでのワクチンと日本でのワクチンは違うと思います。
なんかアメリカでの物は強い?みたい。。 
3年位前に別のアメリカの病院でワクチン打った事も在るのですがその時は具合が悪く成らなかったので気が付きませんでした。
こちらのコメントでたんんぽぽさんが教えて下さいましたが、メーカーに問い合わせた所日本のワクチンはそのまま同じ物をアメリカから輸入していてまったく同じ、との事です。(タンポポさん教えて下さり有り難うございます)
で、内容もこちらアメリカで打ったDA2PPV-Boosterと日本でのワクチンDuramune8比べてみました、そしたら内容も同じようでした。これって変ですよ。詳しくはここの9、10番目のコメントを読んで下さい。


狂犬病の予防接種は3年有効な物がアメリカでは主流です(これしかないと思います)。

昨年日本の検疫の準備をしていた時、マイクロティップを装着後、不活化ワクチンによる狂犬病の注射を(1本目の後中30日置いて)2本打たなくては成らなく、そんな短期間に2本もでとっーても嫌な思いをしながら従いました。
狂犬病が発生していない国日本、狂犬病を日本に絶対に入れない姿勢は素晴らしいですが、ペットへの健康の配慮が無い気がします、物と同じ扱いですね。
[PR]
by dutelovecat | 2006-01-19 08:58 | 知ってほしい事☆注意

日本ではどのようにダイアモンドペット社ドッグフードの事が伝えられているのか分からないのですが、アメリカでは大きく取り扱われています、と言っても犬を飼ってない人には大きなニュースには成ってないのかもしれませんね。。
昨夜もNBCのニュースを見ていたら注意して下さいと呼びかけていました。昨日までにアメリカ内でダイアモンドペット社のドッグフードを食べて表に出ている数だけでも75匹もの犬が亡くなっているとNBCニュースでは言ってました、ってことは実際の被害(障害が出てたり、亡くなくなっている)の数はもっと多いと思います。

何が中に入っているのでしょうか?凄く怖いです。
猛毒性の症状ですよね。。まだ気づいていない飼い主が多く、嫌がるイヌに無理やり食べさせ、死なせる例もあるという(Yahoo! ニュースより) かわいそうに、なんて事を。。。でもこれって後に成って飼い主も悲劇ですよね。。
[PR]
by dutelovecat | 2006-01-14 03:09 | 知ってほしい事☆注意

マンハッタン冬の事

真冬の間は雪や雨が降ると歩道が凍り付きやすく雪もはけないないので化学薬品で出来て居るソルト(塩)と呼ばれている物を(雪の降る前)路面に撒きます。
するとそこには雪が積もりません。。どういう風にどうしてそう成るのか分かりませんが化学薬品の成せる技です。
これが犬のパウ(手足裏)に非常に良くない。
デュッテ日本では雪の中でで遊びまくっても”手が寒い凍ちゃうよー!”なんて素振りは見せた事が無いのに、ニューヨークでは手足を上げて↑を訴えて来ます。全く歩けなくなってしまうので雪が降った時はブーツの登場と成ります。

あと、ニューヨーク(マンハッタン)は一年中よくビール瓶が粉々になっていたり、割れたガラスの欠片など彼方此方に散らばりまくってます。デュッテもう2回もパウにガラスが刺さり取れなくってほじくって破片を取るはめに成ってます。痛いよって言ってました。

もっと怖い事は、路上のいたる所にマンホールやもう少し小さめで四角いマンホールなどなど鉄、メタルで出来たものが在るのですが電力会社の物が多く(マンハッタンは電線が無く殆どすべてが地下に埋められています)それが漏電するんです。 何匹もその漏電の為に犬が亡くなってます、その被害数は結構多くて驚きです(10匹前後は毎年被害に成って居たと思います)。
人間は靴を履いているけど犬は素足それで感電死する訳です。犬の飼い主達が安全を確保する為に今電力会社を訴えてます。
昨年の大雪の後、ダウンタウンイーストサイドで感電してしまった飼い犬を助けようとした飼い主が感電死してしまいました。 
感電してしまった犬を触ってはいけないそうです、分かるけどとっさに助けようとしたら犬の体触ってしまいますよね。。。
マンホールや電気の鉄塔にも何でも気をつけろ!というメールが冬に成ったらすぐにデュッテのクラスの先生から回って来ました。最近私達はこれらに非常に気をつけて散歩してます。

マンハッタンでは犬の靴やブーツは一年中必需品かもしれません。
でもね、旅行者や知らない人も多いからブーツ履いてると笑われたり何か言われて来たりなかなか面倒だったりもします。単に甘やかして履かせてる訳ではないのに。
f0013255_5152616.jpg
数年前の写真のデデちゃん
[PR]
by dutelovecat | 2006-01-08 05:16 | 知ってほしい事☆注意