カテゴリ:皆さんと共にお話したい事( 40 )

発表されてから数日経つので既にご存知の方も多く居られると思いますが
(ヤッフーニュースからの記事を引用、以下)

<資生堂>すべての動物実験を廃止
毎日新聞 2月28日(木)19時15分配信


 資生堂は28日、4月以降に開発する化粧品と医薬部外品の原料について、すべての動物実験を廃止すると発表した。11年3月に社内の動物実験を廃止していたが、さらに民間の試験機関に委託していた実験もやめる。

 同社は10年3月、安全性確保を前提に、動物愛護の観点から動物実験を廃止すると宣言。以降、有識者や学術団体、動物愛護団体と円卓会議で議論してきた。今回、皮膚への吸収性や刺激性を調べる検査に、原料安全性データベースや人工皮膚を使った試験法を組み合わせた新たな安全性評価の仕組みを導入。動物実験をしないでも人体への安全性を高い精度で評価できるようになったという。



こういう大きな、そして大きな影響力を持つ企業がこのような決断を決定し実際に動くと言う事はとても進歩した一歩だと思います。日本の企業で。
皆の視点が変わって行くことを望んで嬉しい進歩と受け取りました。実際どれだけの数の動物が今までこちらの企業で犠牲になっていたのか?分かりませんが大きな企業だからきっとすごい数だったのでは!?
そういう意味でも救われる命を考え嬉しくなります。

皆の視点が変わりますように★変わって行きますように★未来を信じて。。



資生堂のサイト載せておきます(コピペで行ってネ)
http://group.shiseido.co.jp/csr/challenge/experiment/
動物実験廃止に向けた取り組み
資生堂は、代替法に基づく安全性保証体系を確立し、これにより2013年4月から開発に着手する化粧品・医薬部外品における動物実験を廃止します。なお、社会に対して安全性の説明をする必要が生じた場合を除きます。
今後も引き続き有効な代替法の開発を継続するとともに、代替法の公定化(各国・地域の法制度において正式な実験方法として認可されること)に向けて積極的かつ強力に各国の行政機関に働きかけてまいります。
[PR]
by dutelovecat | 2013-03-04 16:44 | 皆さんと共にお話したい事

都会とは無関係?

ここの所毎日だよね、熊に関するニュース見るの聞くの。
テレビのニュースでは猟友会に射殺された熊の写真を毎日見てる、流してるこれが現実。


(今日のは酷かった、熊をひき逃げして引きずって走ってしまった女性、乗用車の左前輪とバンパーの間に挟まったまま車に引かれひきずり走られた熊はそれでも死に切れずに車の左前輪とバンパーの間に挟った状態で暴れたらしい、と言うかそこから逃げ出したいよねでも挟まって逃げられなかったのだと思う。引かれて引きずられて挟まって其処で暴れだした熊に恐怖を覚えた女性は警察に連絡その後猟友会が来て死に切れない熊を刃物などで殺処分、刃物って!恐怖だよ野蛮この辺が日本遅れてる。女性には怪我も無く、車の中に居たので怖かったと。
熊をひき逃げ引きずりそのまま走るって、人をひき逃げするのと同じくらいの大きさだよね。人だったら殺人じゃん、全くの不注意運転だよね人だったかもの大きさでしょ。
熊は夜八時半頃(辺りが静まってから出てきたのだと思う)餌を探しに人里付近(市道)に出てきてたらしい、映像を見たらその現場は山の直ぐ下の道だった。獣道の在った場所や境も今は人は分からないもの。
熊の悲劇は続くよね。。)


冬眠前の食べ物を必要とする今、人間の理解も必要と思うけど。目の前に来たらその恐怖からやはり射殺になるんだよね、大きな体は隠しきれない、怖くて振り下ろす手が凶器になる。

熊の遺体の写真を、熊の出没や発見の話を聞くとほんと辛くなる。この多さに。

何処までみな知ってるのかな?意識していないと知らないままで済んでしまう同じ日本で起こっている事なのかな?

都会に住む私の周りでは熊の話は普段一切出てこない話、誰も話題にしない。それどころか知らない人ばかり。
それでも良いのかな?

確実に生態系は狂うね、それからでは遅いことが全てなのに。
今年の熊のニュースの露出は異常だと思う、多すぎる。
何か足りないか、なにか行き過ぎてる、その状況を深く考えないと。私には何が出来るだろう?
[PR]
by dutelovecat | 2010-10-15 19:23 | 皆さんと共にお話したい事

まだ途中


 昨日のうちに上げたかったのだけど。
 テレビのニュースなどで少し取り上げられていたのでご存知の方も多いと思いますが、同時進行と思われる時間帯で、東国原英夫(宮崎県知事)が「ツイッター」で上げていた言葉を残したいと思います。
 
 
 『 昨日の殺処分は3393頭。これまでの全殺処分対象276049頭の全ての殺処分と埋設が完了した。後は、一部のワクチン接種拒否農家さんの対応と移動制限区域内の堆肥・糞尿等の処分が残っている。まだまだ油断は禁物である。引き続き、蔓延防止対策の徹底が必要である。 』

 『 本日、非常事態宣言を一部解除させて頂いた。消毒等の徹底を前提とした移動制限区域外の一般の県民の方々の通常生活移動、イベント、集会等の自粛解除である。しかし、県内全域での防疫対策はこれまで通りである。気を緩めることの無いよう、拡大防止対策にはこれまで以上に、万全を期して頂きたい。 』

 『 今、都城市高崎町に向かっている。都城では唯一一件のみ発生で、その一件だけで封じ込めている。このまま行けば、都城は、明日には清浄化である。』

 
 
 この悲しみや恐怖絶望感から立ち直るのは想像もつかないくらい大変な事だと思います、不可能ではないけれど急速に立ち直すと成ると多大なる努力も協力も知恵も必要になる。
それでも前に進むしかないから、過去に拘っている余裕も時間も無いのが現実でしょう。
進める人が進めていく、一度止まってしまったものをまた回転させる形に持っていかれるのも心のリーダーだと思います。
国だけに頼らず頑張っているよね宮崎県。きっと国は何もしてくれない、のかも。

 口蹄疫による今回の命としての犠牲の数、全殺処分対象276049頭。
これすごい数だよね、どれだけ作業した人も関わった人も、育てた人もお世話してきた人も涙を流したのだろう。
 数を上げてくださった東国原英夫 、276049頭ってきちんと最後の9頭まで出してくれている所に私はなんとなくほっとしています。簡単に四捨五入で数も上げられそうな動物に関することだから。

 牛さんや豚さん、羊さんなんですよね。物ではない命あるもの。

 東国原英夫、氏のツイッター ↓
 http://twitter.com/higashitiji

 今が頑張り時、その努力と行動は必ず後に実りとなって残るでしょう。
 出来る時に出来る事をする、人の役目かもしれません。出来ること(出来ると言う事)が何より救い。
 私も出来ることで頑張っている宮崎県応援しますよ★
[PR]
by DUTELOVECAT | 2010-07-02 10:26 | 皆さんと共にお話したい事

 
 (先日の投稿でも口蹄疫のことで私が感じること書いていますが今日もそれに続きます。)

今回の日本で今起こっている口蹄疫問題、数年前に中国で狂犬病対処で実際実行されたなんとも納得いかない部分が在る悲劇とオーバーラップする部分が私的には在り。

『雄自治州の牟定県で2006年7月25日から30日までの間に5万4429匹の犬が狂犬病予防の名目で撲殺された。狂犬病ワクチン接種済みという一部飼い主の声は完全に無視され、犬たちの悲鳴が県内のそこかしこで響き渡った。
生き残ったのは、ごく少数の警察犬と軍用犬だけで、牟定県内の犬の99%が殺され、飼い犬については飼い主に対して1匹当たり5元(約75円)が補償金として支払われた。』

 
 人は恐怖により鬼にも成れる、命令により行動も起こす。決定された命令に対しての手立てや声も届かず助ける手段も失う。特に見えないものに対しての恐怖は冷酷な対処で終わることが多い。
 全てを排除することって本当に安全なのかな?安全ってなんだろう。安心と安全は違うの?
 

口蹄疫の事で今回可決し実行される事。

『畜伝染病「口蹄疫」の被害拡大を防ぐための口蹄疫対策特別措置法が、28日午前に開かれた参院本会議で可決、成立した。
法案は、蔓延防止のために、県や国が感染していない家畜の殺処分を強制できるとしたほか、被害を受けた農家への全額補償などが柱だ。殺処分した家畜の埋却用地を国や県が確保することや、発生地域で自動車などを強制的に消毒ができる規定も盛り込まれた。』


 先日、渋谷から永福に向かう首都高速は渋滞で排気ガス充満する中の隣に居たトラック荷台に、おそらく食肉用で在るあろう小柄な体を持つホルスタインの牛達がスシ詰め状態で移動させられて居ました。なんとも言えない言葉も詰まる光景で。。。
こういう事を当たり前と思って欲しくない。
でも見えない所で全て綺麗に処分され加工され、何も知らないという無知も正しくないと思う。

 口蹄疫、反省や経験から何が生まれてくるのかな?
 より進歩し共鳴共感が多い人類になっていって欲しい。



宮崎県丁では『口蹄疫被害に対する義援金を募集』しています。HP貼って置きます ↓
 http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

 
東京新宿に在ります宮崎物産貿易振興センターの「新宿みやざき館 KONNE」(アンテナショップ)でも『口蹄疫被害に対する義援金募集』をして居ます。

http://www.konne.jp/
 
 こちらは募金箱の設置(正面入口を入ってすぐの右手、1階レジカウンター横)が在るそうで、「義援金につきましては、宮崎県、社会福祉法人宮崎県共同募金会及び関係機関で構成される義援金配分委員会において配分が決定され、市町村を経由して口蹄疫により被害を受けられた畜産農家に配分されることになります。」なのだそうです。
[PR]
by DUTELOVECAT | 2010-05-29 14:51 | 皆さんと共にお話したい事

雨の向こうに


 口蹄疫(こうていえき)の問題が出てますね。とっても気の毒だしとっても悲しくなるemoticon-0106-crying.gif
 処分の数がはんぱ無いですよね、今朝は発生動物が居る地区から半径10キロ以内に住む牛や豚は感染、非感染は関係なく全て(非感染の家畜はワクチン投与後)に(準備出来次第に徐々に)殺処分に成りました。でも獣医師の数が全く足りていないそうで、感染している牛豚に関わっている(殺処分をしている)獣医師は未感染の牛豚のワクチン投与には関われないとのこと、益々獣医師不足が復刻化してるそうです。
 ワクチン打っても半径10キロ以内の牛豚は未感染でも殺処分、苦悩だよね苦痛過ぎで悲鳴も上げられないだろうに。。今朝はテレビで畜農家の方が殺処分をする手(獣医)や準備が足りない為残されている(多くが残されている状態で先も見えないような現状)牛や豚に餌を上げる事について「このコ達にはより多く餌を上げたい位の気持ちです」と語っていました。利益の全く無い殺処分を待つ牛や豚の餌あげから寝床をきれいしたり面倒を見たりする労働力と金銭面も多大で無いと思います。畜農家は餌あげから慣れていない牛や豚を、餌付けする所から育て上げている(行く)そうです、食肉としての出荷はする事はして来ているだろうけど、殺処分となるとやはり意味は大分違うよね。。

 税金をこういう所に良く回れるように(全てが)使ってくれれば良いのに!

 媒体の事も気になります、これ以上(今現在も凄い数だけど)感染が広範囲へと広がれば広がっていれば人は殺さないにしてもペットの犬や猫も無関係では居られなくなるの?かな。

 命の在り方について今一度皆見つめ直して欲しいです。

 口蹄疫について ↓ 書いて在ります、現情況も。
 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc%2Fdomestic%2Ffoot_and_mouth_disease%2F#backToPagetop

 これ以上涙が流されませんように。凄く大変な現状だと思うけど命を奪う数がこれ以上増え続けませんようにemoticon-0171-star.gif

 私が日本で今まで生きていて一番大きな出来事かも、この数凄いよね。。苦痛だわ


 この映画も思い出すな。。。『いのちの食べ方』サイト ↓ (今はdvdレンタル出来ると思います)
 http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/



 家のズイカズラ(ハニーサックル)が今年はもうすぐ沢山咲き出しそうです。昨年は植えた年で全く蕾をつけませんでしたが一年経って沢山の花と共に待ちかねていた香を披露してくれそうです♪
 
f0013255_17402223.jpg

 近所のちょっとしたスペースに在る畑の脇に、広範囲で無造作に、沢山カモンミールが咲いて居ます。香りがそれを教えてくれて、今朝は何だか優しく癒された気分。凄く良い香り、カモンマイル(カモンミール)の鎮静爆裂^^
 
f0013255_17425096.jpg

 バラも咲き出していますねemoticon-0152-heart.gifあちこちで色々な種、色のバラを見上げるのが楽しみです。
 
f0013255_17452838.jpg

 五月の雨は別名『父母の雨』と言うそうですが、確かにお花が喜んでいますねemoticon-0156-rain.gifemoticon-0155-flower.gifそう考えると、雨にも優しく成れます。
 
f0013255_17482118.jpg

 デデは雨が目に当たるのでしょぼしょぼしています、動きも雨の下ではしょぼしょぼ。
[PR]
by dutelovecat | 2010-05-20 17:51 | 皆さんと共にお話したい事


 今朝は清清しい朝です、まだ五月気温が上がりすぎるのもいただけないなemoticon-0124-worried.gif五月晴れも良いけど雨が降らないのも困りもの。

 先日、デデとT-ロルのブラッシングを丹念にしました。なんとデデデにまだ一匹だけど血を吸っていたemoticon-0107-sweating.gifダニと、もしかしてノミも?っと思われる跡を、発見。

 その夜は私も蚊に襲われるし、今年は嫌な虫が出てくるのも早くね!?

 今週早々に獣医さんの所にデデを連れて行かないと、健康診断も受けてないのでそちらも。飼い主の出来る事しっかりこなさないと!(ちなみに猫軍団は準備万全な状況下です)

 
 今朝はテレビのコマーシャルで知ってびっくりだよemoticon-0117-talking.gifやっと!だよ
 
 フロントラインなどの発売会社『MERIAL』の日本支社がフロントラインの収益の一部の幾らか?を(一部としかなくてどのくらいの金額なのか?はっきりは書いてないんだよね。。)日本の捨て犬猫、迷い犬猫の殺処分から彼らを救うために使う費用として寄付するとのことです。
「セーブペットプロジェクト」というものを立ち上げています。


 http://www.merialclub.jp/

 「セーブペットプロジェクト」
 1年で28万頭。1日にすると700頭。
 いま、様々な事情でたくさんの犬や猫が捨てられ、犠牲になっています。
 そんな命を、ひとつでも多く救いたい。だから私たちは始めます。
 動物病院で処方されるフロントライン®をお使いいただくと、その売上の一部が飼い主を失ったペットの命を救う活動に役立てられます。
 無償の癒しや愛情をくれるペットたちへの恩返しのために、できることから始めませんか。

 http://www.s-p-p.jp/
 こちら ↑ 「セーブペットプロジェクト」のサイト、このプリジェクトに付いて色々書いて在ります。

 そのうちにまたテレビでコマーシャルを見る機会も多くなるかと思います、だって~フロントラインが必要な、フロントラインを始める時期だもの。
 

 やっとだよね、ペット(犬猫)からの利益で成り立つ会社が日本の殺処分の現状に介入するの、寄付という形でも。
 それから初めてじゃない?こういう日本の犬猫関連の企業グループでこのような還元(寄付)に取り込むの。
 
 やっとここまで来たね。これからだね。


 
f0013255_11372545.jpg
携帯で写真を写しているとトッテ!トッテ!っと近づいてきたデデ、その割には携帯カメラを向けると顔をそらすカメラシャイemoticon-0136-giggle.gif
[PR]
by DUTELOVECAT | 2010-05-10 09:58 | 皆さんと共にお話したい事

でもこれって,全国各地でまだまだ在りそうな事。。不景気に成っているのにこの先このような発覚やレスキューが増えるのかな?
餓死とは怖いですね、逃げる事も出る事も全く出来ない空間で、声も届かない。
もっと多くの人がブリーダーの状況を知るべきだと思います。そして絶対に親が想像や確認出来ない場所からは買わない事!
一気に増えたペット商売状況、これからここもどうなるのだろうか?

もっと厳しく取り締まってくれないと。
もっと調査や確認を頻繁にしてくれていないと。

皆がもっと声を上げて行かないと。
犠牲に成る仔は増えるばかり救えないことばかり。

ブリーダー施設で犬20匹以上が餓死

私も千葉県愛護センターで見たガリガリにやせ細った七匹の土佐犬の遺体を見て居ます、千葉県でも在る事で、こんな誰も知らない間に死んで行く子達が多い事に気付かされました。
生きているって事勘違いしていませんか?彼等は皆生きてます、生きる為に生きています。





それから、
あーちままさんのブログで紹介されて居ます、映画『「犬と猫と人間と』の記念上映会が在るそうです。情報は以下、

 2009年2月22日(日) 完成記念上映会
  午前の部:開場:10:00 上映:10:30~
  午後の部:開場:13:30 上映:14:00~

 場所:女性と仕事の未来館ホール
   JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
   地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
   TEL:03-5444-4151



会場は250席と広く、午前午後の2回上映なので、予約は受け付けておらず、当日受付にて入場料をお支払い頂くことにしています、との事です。

内容が気になりますので私も見てみたいと思っています。良い通じる作品だと良いけど、多くの人に受入れやすい捉え方をしているとより良いのだけど。事実を知る上では広めたい映画ですね全国でも上映されるとように成ると良いのになあ。
(ってこの日私はスケジュールが入っていて行かれません。何方か行かれた方感想を教えて下さい。)
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-10 11:41 | 皆さんと共にお話したい事

何が起こっているのか

やっぱり、絶対毛皮はいけないと思う。
貴方は毛皮が必要ですか?こんなに物が溢れている現代毛皮に変わる物は他に沢山在ります。
毛皮購入は正しい事でない事、多くの犠牲をしてまでする事ではない事ご理解頂きたい。

映像はノルウェー語で構成され英語のサブタイトルに成っています。言葉がわからなくても映像を見るだけで言いたい事は伝わると思います。ご覧に成って下さい、彼等の声が聞こえます。(残酷な殺害シーンなどは納められていません、見られます。)

Norwegian fur farms revealed

苦しんでいる仔達が居る,それでも貴方は毛皮を買いますか?これは正しいのでしょうか?




f0013255_4233460.jpg
写真は小さい時の家のティロルちゃん。毎日懸命に生きて今では立派な猫に成りつつ在ります。
f0013255_427730.jpg
この仔には未来が在ります。でも毛皮ファクトリーに居る仔達には未来は無いのです、それでも生かされている苦しみながら痛みながら。

f0013255_428795.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2009-02-01 03:33 | 皆さんと共にお話したい事

皆さんももうニュースや新聞など出ご存知かと思いますが、
”土佐犬 飼い主の男性、かまれて死亡 福岡” 以下

23日午前8時45分ごろ、永沼良さん(57)が、自宅の犬のおりの中で、飼っていた土佐犬にかまれて倒れているのを永沼さんの父親(81)が見つけた。助けようと中に入った父親も顔と腕をかまれた。近所の家で工事中に騒ぎに気付いた建設業者2人が、永沼さんと父親をおりから救出した。永沼さんはのどなどをかまれて死亡し、父親は重傷。2人も軽傷を負った。

 福岡県警折尾署の調べでは、この土佐犬は4歳の雄で、体高約1メートル、体長約1.2メートル、体重約50キロ。04年ごろ、保健所に登録されているという。表玄関付近の縦3.5メートル、横4.5メートルで、上部も囲われたおりで飼われていた。

 永沼さんの死因は外傷性ショック死で、全身を複数カ所かまれていた。遺体の状況から、永沼さんは発見の数時間前にかまれていた可能性があるという。当時の状況を詳しく調べている。
f0013255_8113345.jpg

どういう状況の元で、どのようにして飼われて居たのだろう?こんな大きな土佐犬を個人所有にしているという事はどういう事なのか?飼い主の娯楽の為だけ?それとも決闘させる理由?に飼われて居たのだろうか。
狭い狭い檻に、離れに、監獄され運動も出来ない犬の精神状態ってどのようなに成るのだろうか。この飼い主だった方が土佐犬の愛好家だったかどうかも分かりませんが、愛好家の方々は餌を上げて愛情を掛けて土佐犬を育てているのであろうか?犬種が好きと言う理由だけでは飼いきれない犬では無いかと思う、知識も必要だろうし。

まだ犬同士を戦わせる飼い主の娯楽のようなそんな現状は在るのであろうか?(在ると聞いている)

そして犬が人を噛む事故が起こるとその犬の立場も状態も考えず配慮も無く処分に成る。
噛む様に育てているのは飼い主では無いかと、人を噛んでしまったのは事故だとしても。土佐犬のような特殊犬種のこの様な事故を知る度に人間側の落ち度は?と意見を言いたく成る。
動物愛護法が変わらない限り繰り返される続ける事故なのだろうか。



愛護センターで出会った、飼い主を噛んだ理由で処分を待っていた、犬の目を思い出す。この仔は震える程にとても孤独な仔のように見える。
f0013255_8451111.jpg
この仔は決して幸せな状況下で飼われて居たとは思えない。。

この仔の目を見て皆さんは何を感じますか?
f0013255_8444238.jpg

人を噛んだから飼い主を噛んだからと言う理由で引き取りに出されている犬を大体ほぼ毎回一匹はセンターで見掛けて居ます。


人を噛んだり、他の犬を噛んだりする事はとても大変で成っては成らない事だと思う、でもやはり貴方が飼った犬、共に努力をしながら良い状態へ持って行くというのが飼い主の役目では無いかな。噛んだから捨てる、処分するでは犬の声は届かないのだろうな。。
噛むというのはなんだか犬の悲鳴のようなものにも思えて。
被害者はどっちなのだろう。
[PR]
by dutelovecat | 2008-06-27 09:02 | 皆さんと共にお話したい事

お留守番中のデュッテ君良好な故、18日までの滞在を22日までと変更いたしましたemoticon-0105-wink.gifちょっとだけゆっくり出来るけど渡米の前日までミーティングは続き、その他もう一つ今回片付ける予定でなかった事をこなして行く事も増えてしまいました。短期滞在って本当忙しいです、おまけに其処で体調を壊すとスケジュールも思っていたようには進ませられません、まるで頭に体が付いていかないような納得いかない状態emoticon-0124-worried.gifだからこそ健康である事のその大事さが分かりその為の体力づくりや健康維持って事も大事。動く為には健康な体が必要、身に沁みています。


昨日の午前中時間を作り千葉県動物愛護センターへ行ってきました。ご近所にお住まいのぷりんいちごママさんに声を掛けご一緒致しましたのでぷりんいちごママさんのブログでもこの日の投稿と写真からこの様子を知る事が出来ます、「垂れ耳立ち耳奮闘記」是非ご覧に成って下さい。
後日写真をアップしてまたこの日の事では投稿致しますが、写真を貼れない今はこの日自分でそこに立ち、収容されている動物たちと見つめあい私なりに感じた事だけを書きたいと思います。細かい報告は後程と言う事で。


其処に在る(在った)私が其処で出会った命たちは皆一つであり、その命に変わるものは無いといことです。
そのこの代わり代役に成るその他の命は在っても、其処に存在したその命はそのこだけ。二度と同じこは居ないのです、犬も人も猫も皆一つひとつの命でまたその一つひとつは一つひとつが異なります。
私がそこで出会ったその瞳はそのこのもので存在しなくなると処分されると二度と出会う事は出来無いのです。
命をもっと大事にして欲しい。いくらあなたが飼うという命でも其処には縁があり出会った命、そのこの寿命が終わる最後の瞬間まで共に居て欲しいのです。
そのこを諦めてしまうのは簡単な事そうすると決めてしまえばそれは出来てしまうと思います。でもその一つであった命はその一つだけ、もし将来飼うことが在るかも知れない新たな命は他の命であり捨ててしまったり処分する為に引き取りに出してしまったその命の挽回は出来ないのです。
その今在るあなたの前に存在している命を大事にして欲しい。

命は尊いものだと収容され明日早朝には処分される一匹の犬のまっすぐ見つめる瞳から改めてしっかりそれを感じ取りました。

存在するその一つの命は尊い。そしてその命を故意に処分してしまう。

[PR]
by dutelovecat | 2008-04-18 01:43 | 皆さんと共にお話したい事