写真から発見出来ること

 デデちゃんやっぱピンクにリボンに水玉は似合わないわ~
f0013255_22251724.jpg

 朝起きて私の母の居間の写真を飾って在るコルクボードに新しくこのデデちゃんが貼って在りました。

 写真に写ると良く分かる時が在るのですが、この写真でも、デデの耳が上がって居る左側の目おかしいんだよな~。。 (目の事は)生まれつき、子犬の時からもそうだったけど、これ以上悪化しないと良いな。右もなのだけど特に左側。
 デデも8歳半、若さと健康体だけではカバー出来なくなってる様子。体の悪い所が目立ち始めているのか?一緒に年取ってるよね~それでいいのかもしれないけどそれが自然ことなのだから。

 写真から気がつくことも在る、ので肉眼だけでなく写真も気をつけて見て見よう。これからは。
[PR]
by dutelovecat | 2010-12-29 22:39 | 障害や可能性 トレーニング

デデの勘違い

デュッテ君今度来る7月の誕生日で7歳に成ります。

デデは目に障害が在る状況で家に来た仔なので、でも成長し共に歩きなんだか見えてる健康優良児に成ったように思ってますが、やはり目を補う形か?昔からだけど音には非常に敏感で、やはり視覚より聴覚を中心に日々生きている感じです。

前までは、やはり凄いな~っと思うほどデデの聴覚は正確で明確に1キロ先のスケボーを聞き分けられる程の力は在るのではないかって若かりしの絶好長期には思って居たけれど。。最近音を聞き間違えて誤報でよく吠えています。
勘違いの音で吠える事が非常に多くなっている。これからはもっとこういう事起こってくるのかな、この仔は音に神経集中させているような仔だから。

脳にも障害が在るのでは無いかって、集中し続ける時たまに限度以上差も感じます、これは前からだけど。
犬にも自閉症って在るのかもしれない。
で、無ければとっても優秀な仔なのだけど。

飼い主である私の言う事はとっても良く聞きます、強いマスターに従うのが大好き。
いっつもいっつも全力投球で懸命です。

今デデへの耳栓を考えてます、使えるか分からないけど。音による興奮時に使えるように、今でなくもう少しデデがシニアに成り勘違い音吠えがより多く成った時に。

確実に犬の年の取り方の方が急速に早いです。当たり前だけど。

f0013255_11483112.jpg
今日も家の警備に私の警護に活躍されています、デュッテ君です。
私が場所を動かない深夜はデュッテも動かず共にベットでぐっすりお休みになられます。最近は私が家に居るとお昼寝も無し(居ないと寛いでいるそうです)、優秀過ぎな警備官です。


f0013255_11531138.jpg
おてんばティロルはここの所女の子らしく成ってます、母性愛も多く在りそうな仔です。
[PR]
by DUTELOVECAT | 2009-05-20 11:54 | 障害や可能性 トレーニング

f0013255_6545235.jpg
(今日の写真は皆クリックで大きく成ります。)
今日もカリフォルニアンブルースカイ。綺麗な所だよねここは♪


f0013255_6552287.jpg
今日もドッグパークの手前の谷底辺りでデュッテをリーシオフにしてみる。
息せき切っても登るのが遅い母をチャット待てるデュッテ。君は偉いぞ!


f0013255_6555750.jpg
キャ〜ッハハッ〜♪っとデュッテの笑い声が聞こえて来そう。凄い笑ってます。


f0013255_6562016.jpg
キャ〜ッハッハ〜


f0013255_6564263.jpg
ガウガウの茂み
ここでは色々なおしっこの香りがしてデュッテもおしっこかけてガウガウ致します。


デュッテは目に障害が在ります、そう言われて家の仔に成った子。動物はとても前向きです、彼等にとってのハンディキャップって障害ではない様に感じます。
前向きに楽しく進んでさえ居れば障害は障害では無く成るのです、それも個性だと思えば可能性は無限に広がります。

デュッテも参加している「Yes,I can」、『がんばれるよ♪』は障害犬とその飼い主を応援するぷぅままんさんが管理されてるサイトです。そこにはご自身の経験からも、飼い主をサポートするとても良い事が沢山書いて在ります。
がんばれるよ♪← 
[PR]
by dutelovecat | 2008-07-01 07:23 | 障害や可能性 トレーニング

とても分りやすく整理した形で番組が出来ているのでお薦めです。

2006年6月20日放送のNHKクローズアップ現代『増える障害犬〜ペットブームの影で』
3/1 ← クリック
3/2 ← クリック
3/3 ← クリック


何かを問いかける問いに成るかと思います、「今の自分の今のままでも何が出来るか?」考えてみて下さい。一つの扉が開けば必ず現実は違った形を帯びて来ます。
彼らの悲鳴聞こえます。仕方ない、このままでも良い、どうしょうもない事でもないのです。一人の動きが大きく変えて行く分野でも在るのです。一人一人の認識や意識の向上で少なく出来るフィールドでも在ります。

意識をあげる、フォローアップ、フィードバック、連係、声を上げる事。
声をあげなければ犬を道具にお金儲けの為に利用している悪徳ブリーダーの犠牲者で在る犬達の痛みは減らす事は出来ないでしょう、番組最後の締めくくりの言葉です。

自分たちの住む日本の現状と状態を知ってみて下さい。当たり前では無い事に気付いて下さい、一人一人の判断、意識の向上で現実は変えられます。


★フィールド/学術などの専門分野。領域。
★フォローアップ/スルある事柄を徹底させるために、あとあとまでよく面倒をみたり、追跡調査をしたりすること。
★フィードバック/スルある機構で、結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること。

   
 
[PR]
by dutelovecat | 2008-01-19 04:07 | 障害や可能性 トレーニング

f0013255_6451565.jpg
ハッ
f0013255_6523762.jpg
ヘッ
f0013255_6483493.jpg
ヒィ
f0013255_6502772.jpg
フェ
f0013255_6505633.jpg
ホッ
f0013255_6513876.jpg
ファ〜

デュッテ君は昨日デェケアーへ行き一日中犬社会の中で遊んでいました。
犬を犬社会の中で彼らの方法で遊ばせる自由にさせるのは彼らの健康やメンタル面から見てもとても大事な事に思います。
彼らは大事な家族、いつも人間社会の規則の中に入って人間に合わせて生活しているけど彼らは人間では在りません。犬にとっての犬の世界は彼らが彼らに戻れる場所、生き生きしているデュッテや他のそんな犬達を見るとそれを実に感じます。

デュッテと此処まで共に来るまでには時間を必要としました、簡単に行く事ばかりでは在りません。多くの犬の中に入れる様に四年前から共に頑張って私の出来る限りの事をして来ました、其処で止めていればデュッテは他の犬と上手く遊べず喧嘩ばかりする犬だったと思います。
デュッテが他の犬と遊び嬉しそうな顔を見て、私もデュッテを色々な所へ連れて行かれ一緒に楽しむまでには時間が掛かっています、全ての仔が簡単にとは行きません。
でもやりがいが在ります、ずっと付き合って行く自分の犬、パートナーだから。
この仔と時間を費やせて行って良かったって思います、これからも一緒、幸せも一緒。
思い切って生活を変えてここに来て良かった〜って思える笑顔です。

日々の努力は重なります。諦めずに前向きにより楽しいを求めて進んで行って下さい。その意味ではトレーニングの大事さも在ると思います。世の中簡単な犬ばかりでは在りません、諦めないで。衝突も在るからより繋がれる事も在りますし、難しい困難な所だけ見ないで犬との望む関係へと結んで行って下さい。
健康で在る幸せを楽しんで下さい。
[PR]
by dutelovecat | 2008-01-12 07:13 | 障害や可能性 トレーニング

デュッテの目の障害の事。

飼い主として出来る事は、沢山の愛情を与え共に生活をして信頼関係を強め、甘やかすだけでなくリーダーとしてデュッテに認めてもらう様に(上下関係の確立)、健康管理の為多くを勉強し必要な物必要でない物を見定め、食事のバランスや量を調節し、必要排出料に伴える様に運動や散歩をさせストレスを溜めにようにする。

デュッテに在るものは生まれついての目の障害、この仔にとってはそれは普通な事であり障害が障害と成っていないようである。デュッテに取っては何も変わらない健康な世界。
生まれもってのデュッテの性格は全く怖い物が無いらしく自信満々、明るいおふざけちゃんだけどクールな一面も在り、頑固で好きと嫌いもはっきりしている、男らしい性格で何時でも強気。ジャックラッセルテリアの雄の象徴的な性格を表している仔だと思います。

その性格や健康な状態からデュッテはとても順調です。これって上手く行っている例だと思う。
私も障害が在ると言う言葉を使わなく成りました。多くの犬の中にも入れるし開放された場所で離せるし過保護として育てている訳でなく普通犬と同じ生活が出来ています。
人間が可哀想がるだけで本犬達は其処に大好きなご主人様とその信頼関係が密で健康でさえ在ればとっても幸せなんだと思う。障害なんて全く無に成っちゃうんだね。
人間みたいに社会に出て仕事をしてお金を稼がないと成らない訳でないしネ障害なんて支えてくれる人が居れば何でもない事なのでしょう。

デュッテが元気で活発でこういう事がやっと言える様に成りました。
世の中には障害を持って生まれた動物や事故などが原因でハンディーキャップに成ってしまった動物も多く居ます、病気を抱えているけれど普段は健康な犬と全く変わらない生活が出来ている仔だって。そう言う仔達は支えられる飼い主さえ居れば立派に元気に生きて行けます。そしてその飼い主達はその動物達から多くの恩恵や喜びを受け取っています。
みんなが健康で元気に幸せに暮らして行けます様に♥
f0013255_4335433.jpg


これは要求吠えに近い物だと思いますが私が良くデュッテに話しかけるせいかデュッテも声を出しながら自分の意志を伝えようとコミュニケーションを計って来る時が在ります、言いたい事が在るんだろうけど分からない。。この時は眠くって眠りのお誘い及びだだっこ風に成っているのですが。

お喋り 1 ←クリックで動画に飛びます。
[PR]
by dutelovecat | 2007-12-24 04:41 | 障害や可能性 トレーニング

先日は昼間に海へ行きました、デュッテが喜ぶので私も嬉しく、私の気分も良く成るのでデュッテもご機嫌で、せっかく海が周りに在る環境に住んで居るのだから極力海への散歩へは連れて来て上げたいと思っています。
f0013255_12374625.jpg

f0013255_12354742.jpg

f0013255_12361790.jpg

本当は昼間は太陽光線が強いので日陰の無い海には行きたくないのだけど、でも昼間にデュッテを連れて行くと一番活動的な時間帯らしく一番元気に遊びます。人間の時間ばかりに合わせてしまっては可愛そうだと思いたまには昼海も良いかな〜っと思って居ります。
ビーチまでは家から車で20分前後、それでもここへ来る事は2人にとってとても良い事なので季節に関係なくここに来て居る事が多く成りました。


この日全盲の大型犬を見掛けました、年の頃で言うと8歳前後でしょうかミックス犬の仔でした。
その全盲の犬の飼い主はもう一匹生後一年弱位の犬を連れていて、2匹共オフリーシでドックビーチで遊んでいました。飼い主の女性も全盲の犬だからと過保護に成って居る様子も無く犬達は自由に遊んでいました。
様子を見て居ると、若い犬の方はまだ子供やはり活発で全盲の犬に飛びかかったりして遊びによく誘っていました。若い犬が海の中にはしゃいで入って行けば全盲の犬もその後を追って全く同じ方向へ海へと入って行ったり、丁度この若い仔が全盲の仔をガイドするような形で全盲の犬も楽しく遊べていました。

デュッテは目が悪いですが全盲では無いようです、私がもし全盲の犬を育てて居るとすればきっともっと過保護に扱っていたかもしれない、病人扱いをしてしまい一匹だけで育てその犬に楽しみを与えて上げら得ていないかもしれない、と上手に遊んで居るその2匹を見て思いました。それでも広い海だから上手く遊ぶ事も出来るのかな。
ちゃんともう一匹の犬がガイドに成るのですね、2匹居る事の良い意味も知りました。

障害が在っても健康でさえ在れば活発に元気に正常な仔達と同じく家族の一員に成れます。
障害って(飼い主の理解が在ればその障害は)障害で無く成るのかも。勿論飼い主の発見で色々な改善や工夫も考えなければ成らなく成って来る事でしょうが理解と愛情さえ在れば皆元気に楽しくその生涯を正常な仔達と同じ様に生きて行く事が出来ます。
私はこういう仔達はとてもスペシャルな仔達だと良い意味で思っています。手が掛かっても大変な思いをする時が在っても強い繋がりと愛所の深さを感じ、この仔達から多くを教えられます。沢山の愛を持った天使な仔達です。
ハンディーキャップと言われても本人(犬、猫)達はそれをそう思っていないと思う。皆楽しく元気に正常な仔達と同じに生きています。
[PR]
by dutelovecat | 2007-10-06 13:25 | 障害や可能性 トレーニング

デュッテの目の事。
今5歳、とっても健康ではつらつとしている。目が開いた時からの障害、だからデデは何も怖いものが無い健康そのもの。
目で見る事より、耳で感じ匂いを嗅ぎ口に加えたりして周りで起こって居る事を判断しようとしている。

障害物にぶつかる時も在る、何か見えてないんじゃないの?って思う時も時たま在る。音には人一倍(犬ですね)敏感でありその音によっていつも色々考えて居る。いつもいつも考えて居る仔だから頭がいい。
とにかく健康なのでとても調子が良いのだと思う、目に障害が在ってもデュッテには害に成ってないようだ。今まで見えていたのに突然に見えなく成ってしまうのとは違うから障害なんてなんのその、目では見えないものもデュッテにはみえて居る。

夜の暗闇は嫌いな様で、全く見えなく成るらしく外を歩きたがらない。昼間の沢山の光の中では全盲ではなさそうに思う健常犬と見え方は同じでなくっても情報として判断出来るようだ。
とにかく今の健康なデデには障害は障害でない、精神的にも強くって自信も沢山在る。
このままこの健康を維持して行きたい。見えにくい目で在ってもデデは何でも自分の方法でみえている感じて確認出来ている。
健康と言う意味を考えさせられる。

突然に障害に成ってしまった訳では無いから私達には迷いが無い。
障害のある仔達みんな健康で在って欲しい、すると色々な可能性が見えて来ると思うから。

f0013255_1620070.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2007-07-26 06:59 | 障害や可能性 トレーニング

デュッテに変化が。気候もいい、色んな自然の匂いもする、色々な自然な音も聞こえて来る、光も直に感じられるサンディエゴに越して来てから数ヶ月経ちなんだか最近気になる事が、ここの所目立って来たと言うか、それは。。f0013255_837241.jpg
デデちゃんの耳が

下がっていた方の正しい耳さえも

上がってしまいそうです。








f0013255_8384547.jpg
色々な音を察知して現状に合わせ
耳が進化しているのか?











こんな4歳半に成ってから耳が上がってしまうのって変でないですか?
デュッテが耳に多くを頼っている事が分かったような気がします、新しい場所に移り新しい音を感じて知る為には耳がより効能に成らないとならないのか??サンディエゴの影響ですねこれは。
っていうより目の状況が悪くなって来ているのではないと良いのですが。音に敏感なデュッテ何処まで音に頼っているのか?が分かりません。只健常犬よりも耳が発達している事は確か。
これは両耳上がってしまうぞ☆

f0013255_8475744.jpg
お花達が眩しい程に咲き誇り始めています。

あちこちで
色んなお花達が♪








名前が分からない植物で地面いっぱいに生えてる子達がいます♪いつも私は踏みつぶさない様に気をつけるのですがデュッテはアウアウ蹴り飛ばしたり今日して居ました、いけないよ〜デュッテくん。f0013255_849311.jpg

















f0013255_8534421.jpgそんな植物の子達も日差しが当たってる場所ではお花沢山咲かせ始めています☆

サボテン系ではないかと思うのですが乾燥に強い植物の種では?と思います、地面一面にプチプチと可愛いです。

この子(植物)達も散歩途中地面いっぱいに根を生え巡らせていますがお花を咲かせ始めました、写真は黄色いお花ですが同じ株に淡いピンクのお花をつけて居たりもします。やはりカニシャボテンに近い感じがします。↑のプチプチな植物とは同じグループの植物だと思います。
f0013255_8593649.jpg

なんと言うお名前の植物達でしょう?
























そして、家の前は大変ワイルドな事に成って居ります。
何方かが手入れをしているからこそ綺麗に見事なのですが。
この先はキャニオンと繋がってます↓。
f0013255_944891.jpg

f0013255_981546.jpg
このような看板もキャニオンの在る近辺では良く見掛けます。

ここに入るな、繊細な習性な物達が居ると。
ここに居る植物や生き物達を集めたり捕まえるな、と。
で蛇と蠍と葉っぱと人の手の絵が描かれています。










f0013255_9145244.jpg
見て♪アロエだってこんなに豪快です。

お花も咲いています。






















このような↑植物達、日本では常磐ハワイアンセンターやサボテン公園などで温室育ちの子達しか見た事が無かったです。
今は驚きと感心の連続です♪
夕方の散歩では彼方此方からなんだか分からないい匂いのお花の香りがして来て夢見心地です☆ここに居ると私も何処か発達して来そうです、それ程今までの生活して来ていた土地とは全然違う空気でございます。
[PR]
by dutelovecat | 2007-03-18 09:33 | 障害や可能性 トレーニング

鐘の音 (動画付き)

デュッテは目が悪いせいか音に非常に敏感で、目よりも鼻よりも音で何かを判断をしようとします(耳に頼っている)。

教会の鐘の音、ここでは音がビルに反響して何処から聞こえてくるのか私も分かり辛く成ります。デュッテも同じ様で、ちょっと前までは鐘の音に吠えたりもして居たのですが久々に聞いた今日の鐘の音には吠えませんでした、でも何か?そして何処からか?探していました♪

何処から? ← 動画 1

考えるデュッテ ← 動画 2

f0013255_4243590.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2006-10-09 04:17 | 障害や可能性 トレーニング