千葉県動物愛護センターで期限日が来て二酸化炭素ガスでの死を迎え燃やされるまで収容されて居る犬や猫が居ます。この光景は毎日続いています。
センターの中には首輪が付いて居る仔がとても多いです胴輪やリーシさえ付いて捕獲される犬も居るのです。名札や鑑札、マイクロチップさえ入って居ればもしはぐれる事が在っても飼い主の元へと帰れる命。彼らは自分達で何処から来たかなど喋れません。
彼らは何が起こって居るのか混乱して居る様にも見えます、自分の状況は把握出来かねます。この数まだまだ多過ぎます、何が起こって居るか知ってあげて下さい。
一年足らずの若い仔が多いです、年老いた仔も多いです。仔猫数が多過ぎます。

技術的には上手く写っていない写真ですが私の好きな写真を今日は沢山貼って置きます。本当だったら写真を大きく載せてあげたい。彼らは確実に何かを語っています。その声届きますか?貴方の心にも。
誰にも知られる事も無く殺されて死んで行く命、どうか彼らを見て覚えておいてあげて下さい。彼らには声も在ります、そして生きたいのです。死にたい命など人間でない限りないと思います。
何故僕はここに居るの?なぜここに収容されて居るの??何がどうしてどうなってるの???みんな分からない、分からなくて悲しくて苦しんでいる。それを知ってあげて下さい、彼らが存在した事を。

明日は良く写せて居る写真と共に状況説明などもふまえて書いて行きます。また覗いて下さい。
f0013255_178059.jpg

f0013255_1781660.jpg

f0013255_1784766.jpg

f0013255_179264.jpg

f0013255_1792236.jpg

f0013255_1793932.jpg

f0013255_17101681.jpg

f0013255_17103236.jpg

f0013255_17104818.jpg

f0013255_17192097.jpg

f0013255_1719437.jpg

f0013255_1720032.jpg

f0013255_17201354.jpg

f0013255_17202741.jpg

f0013255_17204411.jpg

f0013255_1721369.jpg

f0013255_17211778.jpg

f0013255_17214272.jpg

f0013255_17215751.jpg

f0013255_17221662.jpg

其処には見つめる目が在りました。
そこには信じる目が在りました、涙。

これから雷や豪雨、花火などが多く成る季節、その恐怖感により犬がどれだけジャンプしたりどんな方法を使ってでも其処から逃げ出そうとするかなど犬の能力を見くびらず理解し知って下さい。雷の落ちた後首輪付きで捕獲される(された)犬が非常に多いそうです、雷の後で一度に20匹が捕獲された事も在るそうです。そんな犬の能力も知って下さい、もしもは必ず誰にでも在ります、そのもしもの為に名札さえ在ればチップさえ入って居れば家に帰れるのです。

写真を見て下さりありがとうございます。彼らの声が届きます様に。
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-31 17:30 | 知ってほしい事♡動物愛護

皆様こんにちは〜。
6月から仕事も忙しく成る為その前にと急遽6泊間日本へ戻りました。今回は他の事の障害が応じても必ず時間を作り動物愛護センターの見学はする予定でしたので(見学出来るのなら帰ろうとプランに入れていた)これは実行し、帰国を果たしました。後は歯医者で治療を終わらせ、美容院や皮膚科、目医者などへ行き身の回りのお世話をし、前回帰国時に会えなかった最近結婚した幼なじみ友達と食事を共にし、持ち帰る予定であったお釜などの買い物をしていたらもうこちらへ戻る日に成っていました。せめて10泊在ればもう少し好きな事も出来るのだけどもう少し会いたい人々にも会えるのだけど、6泊と10泊では随分と違うかも。慌ただしい滞在と成りました。

デュッテはいつもデェーケアーに預けて居る所で7泊お泊まりして貰いました。お迎えに行ったら笑顔で喜んで飛んで来てくれました、家に戻ったら直ぐにシャンプーをし真っ白に成りました。

トマ八としそ吉は日の当たる場所でお水を張った桶の中に入れて置いたので元気かな?っと思ったのですが、戻って見るとその変貌にびっくり、育ってました。f0013255_6231938.jpg

トマトの苗に生えて居る産毛って黄金に輝いて居るんですね、知らなかった。

これからも大きく成りそうなトマトが2つ付いています。















f0013255_6254046.jpg

しそもわさわさとその葉を大きく広げていました。

美味しそう、しそきっちゃん。






デュッテはボーディング(宿泊)の規則正しいスケジュールで疲れたのか?のびのびと安らかによく寝ています。大体いつもボーディングから戻るといつもこういう感じです。体重も減り食も少なく成ります。とっても敏感なデュッテでございます。
f0013255_6281238.jpg


動物愛護センターで写して来た写真とお話は後日載せます、また遊びに寄って下さい♥
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-31 06:37

何故笑っちゃうの?

デュッテ今日もニヤニヤ笑ってます。ご機嫌です。なんでそんなに笑っちゃうの?
f0013255_7551386.jpg

お散歩は楽しいね♪母さんも楽しいよ。
いつもでも元気なデュッテ君で居て下さい。
f0013255_7563337.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2007-05-21 07:58 | デュッテの事で

お知らせでございます。

今月末まで多忙に成る為ブログをお休み致します。
コメントのお返事(まだ少し前の過去投稿のコメントのお返事も書けていない物も含め)や更新は今月末から戻ります♪宜しくお願いします。
f0013255_9204551.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2007-05-20 09:21

デュッテと共に
ここで
こうして暮らして居る事が
喜びで在り幸福です。
f0013255_6433062.jpg
f0013255_6384254.jpg

デュッテ今朝ほおっておいたら午後一時半まで寝てました。
私もそうですがデュッテもここサンディエゴに越して来てからのんびり表情も態度も変わって来ました。
サンディエゴに越してほぼ半年過ぎ、都会っこの私にニューヨークや東京などの大都会を恋しいと思わない?とここの所数人の私の事を知って居る知人達から尋ねられした。
ちっとも恋しくない、だって彼処とここは全く別の所だから。恋しいと思えば恋しいし其処(大都会)にはいつもの私が居ますしそれは私自身でもあるから変わらない。でも今都会に戻ったらきっと同じくここサンディエゴが恋しいと思えば恋しい。。と成るのでしょう。デュッテも私もここに馴染め初めています、ここはとても魅力的な場所です。ここでの生活も気に入って居ます、デュッテと共に。
f0013255_6395364.jpg
お隣に住むこちらも坊ちゃん犬ヌーニーと共に。
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-19 06:53 | San Diegoで

f0013255_10124955.jpg
ボク、ホエルトカッコイインダヨ♪ (とでも思って居る様で自慢げに勇敢に吠えてます–涙)

デュッテは元気です、齧られた後も腫れていません。
ただ私が多忙の為かはたまたスイッチがオンに成ったのか、前日の投稿からずっと良い子でないです、興奮ぎみです。小さな音でも敏感に反応。
デュッテはオペラ歌手のように高音の響き渡る鳴き声を持っています、その為家の中では大変な事に成ってます。
家の前での近所の子のスケボー練習止めて欲しい。
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-18 10:18

ボクカジラレタノ

キョウハボクカジラレタノ。

ドックパークで常連と思われる知らない人に話しかけられ(その人寂しいのかな?凄い積極的に話して来て)それに答えて話していて話に集中してしまった時、ガウガッと声が聞こえデュッテがラブラドールの女の子(女の子だよ、デュッテ)に齧られ振り回されていました。周りに居た人(その話かけて来た伯父さんも)がラブを離してくれ離れましたが、デュッテのその時の助けを求める目。。すまぬデュッテ。
でも抵抗しないで偉かったと思う、あれでいつもの負けん気で噛み返していたのなら大げんか大きな怪我に成っていたかも。
腕の付け根の所完全にくわえられていましたから動きも取れなかったのかもね、先にきっと噛まれたのかなって思う。
そのラブの仔はこれで2回目だそうです、他を噛んだの。傷は浅かったか大丈夫ですが腫れるか様子見ています。ラブの仔はおとなしいイメージが在ったから驚いたわ私も。
噛んでる時も飼い主の女性は何にも出来ないでパニクッて居た、あれだと彼女には犬がコントロールで来ていないのだと思う。きっと飼い主が改めないとこんな事また起こると思う。

でも何よりの問題は、私が話していた事で目や気を話に持って行かれていた事。
駄目ですよね、っていつも思う。みんな話に夢中でワンを見てないのもの。慣れって怖い。
話して居る人達も大きくわけて2種類在ると思う、犬を中心にして話してはいても気は犬に向けて居る人と、犬をそっちのけで話に夢中に成って話をしに来て居る人と。
ドックパークって決して安全な所では無いってこと皆知ってるのかな?自分の犬は平気だとしてもどんな仔が来るのかも分からないし、ワンにとって怖い病気も沢山落ちて居る所。良い部分も悪い部分も在る所。

f0013255_8131676.jpg
ガウガウガウ
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-16 08:21 | 知ってほしい事☆注意

デュッテは草むらや茂みが好きで好んで入って行くせいか、ここの所のみを多くくっ付けて帰って来るので困っています。
ここ4、5日前から気付きましたデュッテにノミが付いて居る事に。アドバンテージプラスを付けて居るからノミが寄り付いて引っ付いて来ないと思っていました、だからデュッテが痒がり始めた居たと思われる日に体を見てあげなかったら。。次の朝私も痒く感じて。。。早朝デデの体を見てみると10匹前後のノミが発生しデュッテの体をフンで汚していました。さぞ痒かっただろうにデュッテ、すまない。

それから毎回散歩に行く度にノミを付けて来て、昨日も散歩から戻り直ぐ8匹はやっつけました。どうしてこんなにノミの姿をデュッテの体に見つけるのか。。。!
そうです、アドバンテージプラスが切れかかっていたのです。

13日に新しいアドバンテージを垂らして上げなければ成らなかったのでした。
やはり効き目が無く成る頃からノミが付き始めたのでした。
13日にお散歩に連れて行った時が一番散歩帰りのノミの付きが多かった、納得です。
アドバンテージプラス効いて居るのですね。この時期はもう離せません、

今朝あわてて無くなっていたアドバンテージプラスを買いに獣病院へと行って来ました。
本当はこの手の強い薬には頼りたくないのだけど、デュッテの体でノミが発生し家の中でも増えてしまったら困るし。
食事でノミを避けられるような物を組み合わせて作っている人が居ます、薬を使わずに。一年通してその食事を続けていないと効果が無いようなので、私も少し研究してみたいと思います。強い薬を使わずに解決出来るのが一番ですから。
ノミ、ダニ予防を何かご存知の方教えて下さい。

私でさえ靴下を履かなかったり、裾が短いパンツで足が出て居る状態で散歩に行くとノミに襲われます。一度の散歩で何カ所も食べられます。犬や猫の体にノミが付いて来ない方がおかしいのでしょう、ノミも生きるのに必死です。
f0013255_4295434.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2007-05-15 04:30

年老いた仔達

ドックパークに年老いたワン達を連れて来る人が居ます。
f0013255_8281525.jpg
その子達はずっと寝て居るばかりなのですが、他の犬と遊ぶ事も無いのですが、のんびりと楽しそうです。
↑のワンは確か少し前デュッテが倒してしまいました、アッタックをかけたら倒れてしまいました。幾つだったっけな?
やはり年を取ると健康な仔は足腰から弱ってしまうのですね。元気だけど歩けなく成ってしまって滑車で連れて来てもらい日向ぼっこやお散歩をして居る犬をニューヨークに居た頃も見掛けました。
f0013255_8351041.jpg
このゴールドデンは10歳だそうです、ここドークパークに来るのが好きで木陰で日向ぼっこをいつもして居ます。その先にはやはり年老いたボクサーの仔も居るのですが見えますか?犬達を連れ来て本人(飼い主)達もサンベーディングして居ます、上半身裸の時が在るので私はちょっと苦手です(笑)。
まだまだ元気。いつまでも元気で居てもらいたいですよね。
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-14 08:40

笑っちゃう僕

f0013255_81465.jpg
今日もお日様はもう天辺だね。
f0013255_822423.jpg
(クンクンと匂いを嗅ぐよ、風からの便り)ナンダロウナ? シアワセダナ。
f0013255_87749.jpg
笑っちゃうデュッテ♪
f0013255_88050.jpg
だ〜れも居ないドッグパーク それでも笑っちゃう(笑っている)僕

デデが笑ちゃうとと母さんまで笑っちゃうよ♪笑顔に成る。毎日楽しいね♪デュッテ。


保健所や動物愛護センターに居る仔達にもこの安心な喜びを経験させてあげたいです。
千葉県愛護動物センターでは収容動物情報で処分日まで収容されて居る犬達の写真が見られるように成りました。まだまだ若い仔ばかりです、首輪を付けていても名札だが無い為に家に帰れず処分されてしまう仔も沢山居ます。処分される仔達はこの仔達だけでは在りません、処分日にはこの他に飼い主に寄る持ち込みの仔達(かなり多い数なのです。まだ離乳も出来ていない仔猫、子犬の数も非常に多いのです)、他の市の施設から処分に来る仔達もこの写真の仔達と共に加わり多くの数で一緒に処分され燃やされます。それは毎日です。
どんな仔達が居るのか知ってあげて下さい、彼らは生きています。
千葉県動物愛護センター収容動物情報 ← 収容動物の「犬」をクリックで”捕獲”によって千葉県愛護センターと愛護センター東葛飾支所へ来た収容犬のみの写真が見られるように成りました。そして、「センターへ登録」をするとこの仔達も団体や個人の方でも引き出す事も可能に成りました、有り難い事です。

これから花火、雷、犬や猫のシーズン(盛り)の時を迎えます。いつもと違う状況で予想もしない事が起こるかもしれません、迷子に成らないのが一番ですが、もしもの為に名札などを必ず付けて上げて下さい(マイクロティップこちらの施設では読めるように成りました)。それだけで家に帰れる率がぐんと増えるのです。
何処の施設でも同じだと思いますが乳離れしていないような仔犬仔猫の数も驚く程多いのです、彼らはそのまま処分されます。殺す為の命を作らないよう避妊、虚勢の大事さも知って下さい、広めて下さい。死にたくて生まれて来る命などは無いのです。
[PR]
by dutelovecat | 2007-05-12 08:10 | デュッテの事で