デデちゃんとの散歩の後、家に帰る前の家の反対側の道路の角でハミングバードが倒れてました。
そのちっちゃな体のハミングバードは歩道の真ん真ん中で葉の間から差す光からスポットライトに当たる様に其処だけ光って倒れてました、だから私も踏む事無く見つけられたのです。

始めは死んでいるのかと思いました、全く動かないから。
だから何歩かデュッテと共に進んでしまいました、動物の死骸は苦手です。
死んでいたにせよ端によせて上げないと思いの方が勝ちその場へ数歩で戻り、その鳥に息を強く吹きかけてみました。
すると呼吸してます、生きてました。でもかなり弱っていて死んでしまうのかと思った。

デデちゃん居るしどうしたら良いものかな〜っと思い、見上げると隣りのヌーニーちゃんのお母さんが家に居る事を発見。
f0013255_14581268.jpg








ヌーニーちゃん


ヌーニーママさんに応援を頼み、タオルを持って出て来てハミングバードを救い上げてくれました。
小鳥が怪我をすると体温が下がります、暖めないといけません。これは私が知っていた知識でネットでそれを再確認しハミングバードを日向へ靴箱に入れ蓋で影を作り。
ヌーニーママもネットでハミングバードを調べ、ハミングバードはお腹が空いて行き倒れに成る事も在る、砂糖水を与えみる事が応急処置に良い事を見つけてくれました。なので砂糖水をヌーニーママが作り与えてみる事に。

最初は飲まなかったけど諦めず指先でしずくを作り口元へ垂らし与えて居ると、チロチロ舌を出して飲み始めてくれました。
飲む飲む沢山飲んでくれる♪そしたら死にそうなどころか逃げ出そうと動き出しました。

先の電線の上にはハミングバードが一匹とまって居ます、心配そうに様子を伺って居る様に感じられ。
ひな鳥の親離れ練習中に動けなく成ったのかな?怪我したのかな?分からないのですが取りあえず砂糖水と暖め効果で命は取りとめた模様。

その後ヌーニーママがワイルドアニマルレスキューダイヤルに電話をして、其処にハミングバードのスペシャリストが居る事が判明、やったね。
ヌーニーママがその人の所に動き出したハミングバードを連れて行ってくれる事に成りました。
元気に生きてくれれば良いけど。スペシャリストに託すしか在りません。

心配そうに電線にとまっていたもう一匹のハミングバードが忘れられません。
死んでるのかと、死んでしまうのかと思った命ですが、元気に成って生きて欲しい。
f0013255_15125371.jpg

ハミングバードはもの凄く小さな鳥で凄い速さではねを動かし、尖ったくちばしの長い舌から花の密を吸って生きる鳥です。昆虫に近いんでないかといつも思ってましたが近くで触れてみるとやはり鳥でした。
玉虫のような輝く羽におおわれ、喉の下羽毛の一部分はマジェンタのような色をして居ました。

瀕死状態からの立ち直りは速かったです♪
デデちゃんもヌーニーちゃんも全然この瀕死の鳥を襲おうとはしませんでした、お利口さんで驚きました。

ハミングバードさん。どうもありがとう。どういたしまして(笑)。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-26 15:19

ボク マタ ウミ イッタヨ
f0013255_1449865.jpg

f0013255_1449348.jpg

f0013255_14501649.jpg

f0013255_1451350.jpg

f0013255_14512346.jpg
帰りはまたのドライブスルーでハンバーガーを夕食に購入。お店の中で人が動く様子を確認してるデュッテ。
ナニ ヤッテイルンダ ロウナ☆

デュッテは暑いペイブメント(コンクリート道路、道)の上を歩くのが最近嫌でお散歩に行っても歩いてくれません。だから足りない運動量をビーチで思いっきり遊ん発散して貰う方法を取ってます。夕暮れの海岸だと足下は暑くないのでビーチde散歩活用をさせてもらってます♪母さんもスッキリ楽しいです。

↑に私の足も入れましたが、日本人の黄色人種の黄色みがかったオレンジ色の肌って綺麗なんですね、今まで気が付きもしなかった、見つめて第三者的に考えたり思ったりした事が出来なかったです。
日本人の肌の色ってとても美しいと思います☆他の人種にも全く劣らずに。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-25 15:06 | デュッテの事で

鐘って何?

YouTubeに画像を貼ってみました。
ちょっと随分前の動画ですが見てみて下さい、前に小さく張り出したものと同じです。
ビル々こだまする鐘の音を探すデュッテ、綺麗な午後の一時でした。
(投稿者の所に書いて在る年齢は正しくないですネ)

デュッテと鐘 1 ←クリックで画像に飛びます。

デュッテと鐘 2 ←クリックで画像に飛びます。

f0013255_7161824.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2007-06-25 07:06 | デュッテの事で

「熊 牧場」でサーチをしたら日本には沢山の熊牧場が存在して居る事が分かった。私には知らない事が多すぎる、少し前までは熊牧場が存在する事すら知らなかった。そして其処の熊達がどういう経緯で其処に居るのかさえも。
熊は発見されると捕獲と言う名で(程皆)処分される、それが今の日本で行われて居る事。その数を見て驚いた。そんなに日本に熊が居る事すら知らなかったそして処分されて居る事も。
森は無くなるばかり、家が建ち街が出来液が出来て高速や道が通る。
もう深い森の中なんて殆ど存在しないのかもしれない、そして其処にどれだけの食べ物が在るのか。

今年も冬眠から覚めた熊達が生きて行く為に動き回る季節。
また痛いニュースを数多く聞くとこに成るのであろう。聞きたくないけど知りたいニュース。
日本でも何が起こって居るのか知って欲しい。その内には沢山の問題を抱えて居ると思う。

昨年は東北6県だけでも人里に出没するなどして殺処分されたクマの頭数が1900頭を超え、中部地方も約230頭も上回る数字が出ました。近年その数が増えています、山が無くなって居るのですね、人間と野生動物との距離や線が無くなって来て居ます。

ヤッフー 熊出没
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/bears/

山形県でのニュースから
 県警地域課によると、今年のクマの目撃件数は今月14日現在で20件。昨年は6月末現在でも19件にとどまっており、過去5年間で最多のペースで推移している。今年は異例の2月に、鶴岡市で子グマが目撃、捕獲された。以降、目撃情報が相次ぎ、5月だけで11件も寄せられた。山林ばかりでなく、道路をクマが横切るケースも出ている。

 クマに襲われるケースや目撃件数が多い理由について動物生態学が専門の伊藤健雄山形大名誉教授は「暖冬の影響」と説明する。さらに「クマが冬眠し損ねたり、早く冬眠を終えている。餌となるドングリやブナの木も減っているため、農作物を狙って里に下りている」と山菜採りの愛好者と遭遇しやすくなっている背景を語る。

 県警地域課は「鈴やラジオを携帯し、音を鳴らしながら歩く。クマが活発に活動する明け方や夕暮れは特に注意する。食べ物の容器を放置しない」などと、クマよけのルールを呼び掛けている。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-24 04:45 | 皆さんと共にお話したい事

相思相愛(笑)

オ〜イ、カーサン ボクハ コッチダ、コッチコイ!

f0013255_4241993.jpg

お〜い、デュッテ 母さんは こっちだ、こっち来い!

結局、その必死さに可愛そうに思い母さんは沖に上がってしまいました。
其処には母を心配する目が在りました。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-18 04:34 | デュッテの事で

遊びたかったんだね。

気が付くとデュッテが其処に。
私が感じられるその横の足下でお気に入りの玩具を運んで周りに散らばしてウトウトとして居る。
とっても愛おしく思う。
もう夜だもんね、寝ないとね。
今だに私と共にベットに行くまで睡眠は取れないデュッテで在ります。
f0013255_415898.jpg


散歩では自然の香りを確かめ。考えて、凛々しく頼もしく。
f0013255_4154883.jpg

探索し五感を活動させる。穴に顔を突っ込むデデ坊。
デュッテの幸福って何だろうね?お母さん(主人)と居る事?
f0013255_4162169.jpg


犬ってとても優秀だし、興味深い生き物です。真っ直ぐで律儀でも在ります。
デュッテと共に生きて居る母さんなので在ります。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-17 04:29 | デュッテの事で

こんな事も在るものかと、今考えても謎です。

一昨日夕暮れ時にデュッテをOcean Beachという場所に在るドックビーチに連れて行きました。時間的にも天候的にも潮が満ちていて海岸はいつもより水が多く成っていました。

ビーチではデュッテを迷わす魅惑の野生動物の気配も少ないからか離して居ても呼べば来るし、それでなくてもひっつき犬に成って居るデュッテは私に付いて来ていたし、何しろ木々などの隠れてしまう障害物も無く永遠に浜辺と海なので、いつもはリーシを付けたままで自由に遊ばさせていたけれど今日はリーシも外して離して遊ばせていてもいいかな〜っと思いがよぎりましたが、なぜか今日はリーシは付けて置くべきという思いも在りそちらの思いに耳を傾けリーシを付けたままで浜辺を自由に海岸から川へと繋がって行く方向へと砂浜を散策してました。

海を見ながら、歩きながら、丁度ぼーっと考え事を思いめぐらして居た時、前方の先に在った黒い塊の方へデュッテが走って近づきました。でも気にせずぼ〜っと考えていたら。。
其処を通り越してもデュッテが付いて来ないものだから振り返ると。。。
デュッテが大興奮してるその黒い塊と共に。。。。
え!何?
デュッテがスカンクと超至近距離で睨めっこしながら威嚇しあっているではないですか☆あ〜びっくり
スカンクは尻尾をまさに上げてるし、直ぐに「まずい!デデちゃん目でもガスを引っ掛けられたら目が潰れちゃう、目じゃなくてもガス掛けられたら凄い臭く成る、どうしよう」と頭の中が切り替わり即座に大声で叫んでも両者離れる気配無し、デュッテはもうその野生の香りに興奮しきってるし、とっさにリーシーを手に握りデュッテを強く引っぱり、遠くへ遠くへ☆間一髪で危機一髪。

なんでスカンクが浜辺に居るの?辺りにも先にも森林も無いし其処は海です。潮は満ちていて水の量も多いのにそのスカンクはどんどんどんどんその海岸をシュッシュシュッシュと転がる様に真っすぐに歩いて行ってしまいました。

もう何処で遊ばせていてもデュッテのリーシは外さない事にしました、リーシを付けたまま自由に遊ばせます。デデちゃん野生の香りに弱いからもう何にも見えない聞こえなく成っちゃう、そして何処でもデデが興奮し得る事は転がって居る。もしもも在るし。浜辺にスカンク歩いて居るし。
それともこの辺の浜辺にスカンクが生息して居る事知らなかったのは私だけ?それも犬が遊ぶドッグビーチに。

f0013255_4154710.jpg
この写真の少し後にスカンクと遭遇
感を信じてリーシを付けて置いて良かった。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-16 04:21 | San Diegoで

ボク オリコウダヨ

あ〜昨日は驚いた☆のお話は明日載せます。ほんと驚いちゃった、びっくりです。

IN-N-OUT ← のドライブスルーで待って居る時の写真です。IN-N-OUTは手作り都新鮮さモットーとしているファーストフードバーガーチェン店、商品の扱う量(メニューが)少なくシンプル、フレンチフライはジャガイモを型にいれフライの形にする所から始まります、なので本物のジャガイモのフレンチフライです、他の所のってジャガイモのでんぷん(潰したジャガイモから出来て居るような)を使って居るような糊みたいなフライが多いと思います。
で、デデちゃんは丁度待って居る時そのジャガイモを型から出す音がドンドンと聞こえて来て見ている所、ガラスばりに成っていて車から調理場がオープンキッチのように車で待って居る間見えます。良い考えですね。IN-N-OUTヘルシー思考の人にも指示されています、でもバーガーしか無いのだけど。
f0013255_630097.jpg
デデは車に乗る時は助手席で犬用のシートベルト(ベストですね)を付けて座ります。

お昼寝デデちゃん☆玩具をいっぱいはべらかして寝てますね。昨日はお昼寝も良くしました、早起き出来たせいかな。
f0013255_6303870.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2007-06-15 06:36 | デュッテの事で

東京港区北品川の原美術館(Hara museum of comtemporary art)で、7月16日まで「ヘンリー・ダーガー」展が開催されて居るそうです。
大作「the battle of calverhine」や自作の物語を描いたかいが15点、および想像上の王国や旗や架空の生きた物を描いた小作品30点を選んで構成するもので、その多くが日本初公開となります。。との事。

詳細は: 原美術館 ←クリックでサイトへ飛びます
開いた後はHara museum of comtemporary artを差しjapaneseをクリック
その後、Exhibitionsをクリックで開き小さなマークの矢印をクリックして行くと「ヘンリー・ダーガー」展の詳細が開き始めます。

ちょっと変わったでもとても純粋で孤独の人だったDarger。彼の作品に触れる良いチャンスだと思います。色彩の使い方が見事です。実生活では孤独だったとは言え彼は素晴らしい世界を実は持っていた人だとも思います。
塗り絵のような少女チックのような不思議な彼の世界と色彩感覚、Folk ArtなのかComtemporary Artなのか。

f0013255_954301.jpg

f0013255_9551721.jpg

f0013255_12593791.jpg


Darger: The Henry Darger Collection at the American Folk Art Museum ←クリック

私が知って居るヘンリー・ダーガーの本の中で個人的に一番好きで良いと思われる本です。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-12 09:55 | "shizu" ART

朝寝坊の解決法は。

昨日の投稿の続きなのですが。。。

昨夜は早く寝ました、深夜の作業を止めて早めにベットへとデュッテと共に。
そしたらデュッテ今朝9時20分起きの早起きでした。

そうやはり私の生活環境を変えれば良かっただけですね、デュッテの朝寝坊対処は。
規則正しい朝が在る生活を☆デュッテに教わって居る気がします。飼い主の生活環境直にペットに影響しています、特に主人と共にの傾向が在る犬には。すみません。
デュッテは只今お昼寝中、朝早く起きるからお昼寝も出来るよね。。

f0013255_6395224.jpg

散歩から帰り、大人しくして居るなっとベットルームを覗くと器用に自分で写真の様にくるまって寝てました。散歩後に再び布団に入る方が健康的だよねデュッテ君。
大体いつもベッタリってのがいけないのだろうけど、離れられない母なので在ったりします。一緒に寝る方がいけないですよね、デュッテの為に。
デっちゃん(デュッテ)問題は実に飼い主の母さんが問題なのでありました。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-12 06:40 | デュッテの事で