デュッテの住処と化していた開いたスーツケースの中の荷物は無くなりデデもついに一番良い母さんの側に居る場所を無くしました。
日本から帰りデデちんと再会してから12日程経ちデデちんのピタッ男ぶりも別の部屋でひなたぼっこをしながら一匹でお昼寝は出来るくらいに成りました、考えてみればここ2日くらい前からその一匹お昼寝が出来る様に成ってます。ってことはやはり10日前後は安心するのに最低かかるのですね、10日って目安かもしれません、私の体調も感覚もこちらの生活で在る元にやっと完全に戻ってます。
意識や体が自然に回復出来て慣れるには10前後は必要に感じます、多分2週間在れば完璧ですね。人間と動物、植物など生きて居るもののバイオリズムって在ると思います。そりゃ若ければ若い程その回復力は速いのすがね。

もう一つ最近のデュッテの事で困って居る事、夜は私と一緒にベットで寝るのを守って居るピッタッ男のデュッテは作業をして居る私に付き合い深夜過ぎまで頑張って寝ませんので(ここの所は昼寝も出来ていないし)朝起きるのもとても遅い、私より遅い。
デュッテ凄い寝坊助です寝ぼけます、朝弱い犬って在るんですね。犬だから朝弱いって言うよりも他によって起こされるってのが嫌なのかもしれない。
私の起床時にデュッテを一緒に起こすと寝ぼけ居てふとんの中に潜りまた寝てしまいます、そして起きて来るのがお昼頃11時半から12時半頃、それも突然起きて来て「イマ スグニ サンポ!」と表現します。私が用事をして居るとそんな都合のいい時間ばかりに今直ぐにお散歩が出来ない時も在るので、外に出せるのが午後1時過ぎに成る事もしばしば、そう成るともうお天道様は天辺で日差しも強く地面も熱く、又は私の時間の都合も在ったりして、長い散歩が出来ない事も出来て来ます。
無理に起こし散歩に連れて行くと凄い不機嫌な時が多くて、完全に寝ぼけてるし。
私の生活環境を変えないとデデの遅起きと散歩の時間の改善も出来ないのでしょう。

全て飼い主、リーダ−で在るはずの私がいけないのだけど。
振り回されて居るのはデュッテの方だよね。
一対一の生活で母さんしか居ないから母さんとの距離がとても近く母さん命に成ってしまうよね。

さて、どうやって変えて行くか。

f0013255_90254.jpg
ソッチ イカナイ〜ノ☆とおしっこをしたい振りをしながら抵抗し動かないデュッテ

f0013255_94220.jpg
オウチニ カエラナイ〜ノ☆と帰えり道を知っ居て立ち止まり踏ん張るデュッテ
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-11 09:07 | デュッテの事で

私は荷物の入ったスーツケースを徐々のんびりと開いて片付けて居る。
開きに成ったスーツケースはリビングルームの私がいつも居るコンピューターの隣りに在り、ピタッ男のデデちんは其処が一番”私が何処にも行かない場所”らしくすっかりデュッテの住処と化してしまった、
一週間は離れていたのが寂しかったのであろうと中の物がどうなろうとスーツケースが床に転がって居る間はデデが其処に寝て居ても良い事にした。
f0013255_5484944.jpg

f0013255_5492222.jpg
ここでおやつを食べ、寝て、玩具を持って来て、玩具を破壊して、すっかりデデの場所と成った荷物の上。日本の香りもするのかな〜。

旅行などに行く前のスーツケース荷物を詰める時もこうである。上に乗ってしまって動かない。スーツケースが出て来ると私が何処かに居なく成る事はデュッテは良く知って居る、不安一杯のデデを見るのが嫌なので私もスーツケースを出すのはいつも出発のギリギリ前にしている。ここ最近は健康だが以前はスツーケースが出て来て私が居なくと知ると足が痛い痛いと言い出したり(3回も)、具合が悪く成ったりもして居たのでデュッテに気が付かれるのには最後の最後でないとと思って居る。
行って欲しくない、行きたくない、デデちゃんの言ってる事分かるよ。

私が家に在る間は昼寝もせずずっとピッタッ男デデ、夜ももう眠くて眠くてベットに行きたいのに私が寝るまで非常に頑張って寝れないピタッ男デデ。ちょっと寝ても私が動き立つ度に起きて眠さと戦って居る、その目は赤く充血していて怖い時も。気の毒で在る。
忠犬デデちゃん寂しかったね。。
f0013255_554255.jpg
ボクネナイヨ、カアサン、イナクナッチャウカラ。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-10 05:56

なぜ其処に居るの?

時間が在ったら、見れる事が出来たなら、開いて彼らを見てあげて下さい。そして何を感じるかご自身の声を受け止めて下さい。
『千葉県動物愛護センター収容動物情報』 ← (ページの下の方に在ります「動物の種類」内の犬を開き、番号の部分をクリックすると写真が見られます。ねこや犬、ねこ以外は写真が在りません。)

どうして毎日毎日こんなに多い数の犬が捕獲されるのか?
どういう事なんですか?
皆さんはどう思われますか、どうしたらこの仔達の悲しい結末を防ぐ事は出来るのですか?

ここ千葉県動物愛護センターだけでもこれだけ多くの数の犬が毎日集まります、他県や市、郡、都などでもここに写って居る犬達とはまた別に別の数の犬達が捕獲されます。
捕獲だけでは在りません、引き取り(連れて来て引き渡す事)も多くそう言う仔達は収容犬の写真には写されません。目の開かない仔犬や仔猫も毎日毎日何匹も処分されています。

現実を知る事そして助けられないと思う仔達を見るのは大変辛い事です、でも現実を知るからこそ変わって行く変えられる事が出来ると思うのです。
どうしてなんだろう?なぜなんだろう?どうしたらいいのだろう?何が出来るのだろう?をもっともっと皆に持ってもらいたいです。彼ら犬や猫は自分達だけでは生きて行かれません、センタ−や保健所からも自分達だけで出れる事は出来ないです。捨てられて野犬と成りやっとの思いで犬や犬達だけで生きていてもまた人間によって捕獲されます。何処がどう悪いのかしっかり見極めて自身でその思いを受入れて欲しいです。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-09 07:42 | 皆さんと共にお話したい事

f0013255_15212815.jpg
カアサン ト オデカケダヨ。タノシイトコロ ツレテイッテ モラッタヨ☆

イッパイ アソンダヨ。
f0013255_15225848.jpg

さてはて?デュッテ坊は何処にいるでしょうか。


f0013255_15243955.jpg
お家に帰ってもストーカーぎみなデデ男(ボク ハナレマシェーン)。
また書きますが約一週間離ればなれで居たらピタッ男くんに成ってしまいました。。続く
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-07 15:27

外からの目を持った私が久々に感じた東京は、物で溢れていた。
いつからこんなに豊かに成ったのだろう。
レストランも沢山在り、世界中の物がその場で殆ど手に入る。
何でも選ぶ事が出来、世界一だと思う。
ヨーロッパのブランド(他の名前在るメーカー品も)の商品は日本が一番種類(店舗が多い為)も多く、見た事の無い色まで揃っていたりする。
物が豊富で多くの中から選ぶ事の出来る日本が自慢で在ったけど、この何でもありのような物が溢れかえって居る今の日本なんだか違う意味でとても心配に成る。
誰でも何でも食べれて欲しい物も買える場所日本。何処からお金は来るのだろう?
レストランの数も種類も食材の豊富さも皆が贅沢な生活が出来て居る様にも見える、銀座に在ったレストランは何処も一杯で繁盛していた。デザートの種類も豊富なこと。世界でもこんな国他にはと思う、何でもなんでもナンデモ在る。

この何でも在る日本を不幸に見えるのは自分が変わったからなのか?それともやはり今の状況がちょっと異常なのか?豊かなのは良いけれど物が溢れ処分に困って居るのは困ると思う。なんであんなに物が在るんだろう?

世界中の物が何でも集まっていて買える日本。選んで買えると言う事は良い事だけど全てが全てそうなので心配に不安に成る。
優れて居るのか、行き過ぎなのか。

もうコンクリートの上ばかりを歩いて居たくないから、東京に居なくって良かったって思えるそれでも其処に戻れる私だから選択出来て居るのは私の方なのかもしれない。
日本の良さって別に在ったような気がする。日本のかほりを余り感じられなく成った、東京に居るとどんな所の物も手に入るのでその場の良さも分からなく成りそうに成った。
人々も皆が同じに見えた、お店の店員の人々が機械的に感じた。

そして世界中の何処よりも明るい(電気で)所だと思う、それが普通に成って居る所でもある。眩し過ぎて苦しく成った、夜でも闇を感じずにあれでは疲れる思う。

昔の日本に会いたく成った。個々がお洒落を楽しむような大量生産でない時の時代に。でもその時は今程公平で平和ではなかったのかもしれない。
なんて恵まれて居る場所なのだろう日本。東京って凄いと思う、もう住みたいとは思わないけれど、だけど東京が好き。きっとそれも私の一部なのだと思う都会っ子だったから。

東京は暑かった、コンクリートのせいも電気の光のせいも車の多さも在るのかもしれない。
不思議に思ったのはリサイクルマークは付いていても夫々のリサイクルを収集していない県や市が多いってこと。リサイクルなのにリサイクルしていない(燃やされたりしてる)。

嬉しかったのはエゴロジーカー(エコ車)も多く見掛けた事。そして(日本は)洗練された美しさが在る場所である事。
がっかりしたのはお洒落な人もいるけれどラフ過ぎる格好で出歩いて居る人が多く何処の街も家の中も同一化して来て居る事。銀座って昔は大人の街だったのに。


f0013255_1545499.jpg

22年振りに前髪を作る。
似合わないらしく(これでない方が良いらしく)気付く振りさえしてくれない正直な人達も居た、そう言う正直な答えが感謝に思う。父さえどうかな?っと聞いてもなんだか誤摩化して褒めてはくれなかった、母さんは慰めでお人形みたいだからまあかわいいのでないかでもまた直ぐの伸びるからねと言ってくれた。また伸ばします。なんだか髪型で無いような気もして来た年を取って来て可愛らしさが無くなっただけだと思うような、久々に見掛ける人は其処に気付くよね。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-06 01:58 | "shizu" 思ったこと

f0013255_14271466.jpg
まだ仔犬、野良として生まれたと思われます、母親犬と一緒かな?(小さい2匹の間に成犬居ますか?)仔犬が3匹に伏せて居る成犬1匹かもしれません。人から遠ざかる様に部屋の一番置くの隅に固まっていました。こんな若い仔達まだまだ未来が在るのに。

センターでは2週間の検疫が在るため検疫が終わる頃丁度貰われやすいくらいの大きさに成って居る位の仔達しか仔犬譲渡への枠へと進めません、検疫をするお部屋が少なく限られて居る為目安に成る大きさの仔犬が来たとしてもスペース(お部屋が)開いていなければその枠に入れず処分に成ります。ミルク飲みの仔達は小さすぎるのでその枠には入れず、2週間後には大きく成る思われる仔犬も枠には入れず、仔犬譲渡と成る仔犬達は実にとてもラッキーで生命力も強い仔だけ、このセンター全体の犬達の一握りの一握りわずか何パーセントでしかない低い率で彼処から出る事で来た生きる事の出来るチャンス貰えた仔達なのです。
でも良くない飼い主に貰われて行ってしまった仔犬は成長してからまたこのセンターに捕獲や持ち込みで連れて来られまたここへ戻り処分されるって事も在ります。
動物は飼い主を選べません。センターで譲渡される仔犬達は余り審査が厳しくない為不幸な生い立ちを辿ってしまう仔も居ると思います。番犬目的だったり、雄犬が人気が在ったりという現状も在ります。
飼い主しか飼い犬や飼い猫は守れないのです、迷子犬と成り処分されない様どうか名札や鑑札札マイクロチップの大事さに気付いて下さい。もしもは誰にでも在ります。
f0013255_1427384.jpg
マイクロチップを読む機械、と其処を通させられる到着したばかりのコーギー犬。
ここへ到着した捕獲された犬や猫は全てこの機械に通させられます、マイクロチップが入って居ればその情報により飼い主が分かりお家とへ帰る事が出来るのです。
彼らは言葉を喋りません、首輪や鑑札札、迷子札などは落ちてしまう事もあり得ます。マイクロチップさえ入って居ればほぼ確実に家に変える事は出来ると思います。
千葉県愛護センターではこの機械を導入しています、千葉県にお住まいの方は(千葉市と船橋市はどうなのか?今時点では分かりません)証明の為のマイクロティップを入れる事は意味が在ると思います、この機械がセンターに在るので。
f0013255_1428136.jpg
手前のまだ若い(一年足らずだと思う)犬は言葉を使って使おうとしてとてもアピールして訴えて来ました、ここに居るよ!ここから出たい!出してだして!悲鳴のような鳴き声でずっとずっとアピールをして居ました。
f0013255_14282593.jpg
やや右下に固まって座って居る3匹も真ん中に仔犬が居ますが3匹とも若い年齢と思われます。とても可愛く奇麗な犬達でした。センターの案内をしてくれた男性によるとこの言葉を使ってコミュニケーションをはかっていた犬と3匹の中の薄茶色で毛足が長めの犬はとてもフレンドリーでセンターの人が中に入った時も喜んでよって来て可愛いく性格の良さそうな仔達だと言っていました。飼い主の方は居られないのですか?探していないのですか?手前に居る仔達は皆人に飼われて居た子達です。
f0013255_14284468.jpg
私達が話しかけていたら寝ていた老犬が起き上がりこちらへ真っすぐよ酷くぼよぼと歩いて来ました。
f0013255_1429166.jpg
手前でアピールをずっとして喋っていた仔と一緒に成って吠え出しました。よぼよぼしてるに、ずっとずっと吠えて何か言いたそうです、何か言っています、ずっと私達に向って吠えていました。
f0013255_14292057.jpg
母親犬と仔犬達、その横の隅に座って居る若い仔犬も酷く落胆し困惑して居る様で、この写真苦しく成ります。とてもとても気の毒に思う。。
f0013255_14362928.jpg
最後の部屋(この部屋の次は二酸化炭素によるガス室です)は収容されて居る犬の数が多かった。成犬ばかりだけど首輪を付けて居る仔が多く。何故ここに来たの?どうしてここに居るの?
f0013255_14365130.jpg
人なつこそうなかわいい仔が近寄って来て窓際から離れませんでした。
f0013255_14371110.jpg
この仔達皆人に飼われて居た仔達です。近くに寄って来ます。どう助けてあげたらいいの?とてもかわいく優しい表情をした仔達ばかり。。
f0013255_14373614.jpg

f0013255_14375788.jpg

f0013255_1438142.jpg
其処には見つめる、信じて居る目ばかりでした。人を疑ってない人を信じて居る。
多分この最後の部屋には持ち込みにより飼い主によって連れて来られた犬達も入って居ると思います。
f0013255_1545888.jpg
仔猫はいつも何処でも数がとても多いです。千葉市のセンターへ行った時も部屋中に居るあまりの多くの仔猫の数に驚かされ入室と同時に一声に泣き出しケ−ジにしがみついて来る仔猫の姿がショックで後に具合が悪く成りました。ここ千葉県動物愛護センターでもいつも籠一杯2〜5箱は平均して居ます。仔猫の場合はその日に処分だったと思います、持ち込みだからです。この日は仔猫の籠が2箱在りました。親猫と仔猫の入った籠、その他にも猫が入った籠が在ったと思います。仔猫の処分の数はまだまだ非常に多いです。
f0013255_15452348.jpg
みんな今が一番可愛い盛りの頃、飼い主が貰い手を懸命に探せば探す事が出来たのならこの中の何匹かはここにはいないのでしょう。そして飼い主の責任として生ませない努力(避妊、去勢)をして貰いたい。
f0013255_14384753.jpg
黒くて美しい若い犬が居ました。ここは3日目のお部屋です。ここでは1日目から5日まで部屋が在り5日目にはガスによる処分です。
飼い主さんがそのうちに帰って来るだろう暫く様子を見ようなんて考えでは迷子に成った犬は探し出す事は出来ません、処分された後で探しても遅すぎるのです。
f0013255_14391284.jpg
この白い犬は来たばかりのようで一日目のお部屋に居ました。尻尾が下がっていましたが上がったりしてでも下がったり元は明るい仔であろうと感じました。

千葉動物愛護センターでは最近に成ってボランティア登録をされた千葉県にお住まいの方限定で個人の方は成犬も引き出せる(預かり親としてまたは飼い主=里親として犬や猫をここから救い出し出す事が出来る)ように成りました。これはとても大きな前進で嬉しい事、望みや命を繋ぐ事が出来る事とても低い率では在るけど成犬にも生きるチャンスが在ると言う事。これを決断決定して下さったセンターの方にお礼が言いたい。全国でもそんなチャンスが増えます様に、センターが封鎖的に成らない様にマナー守り、仕事をして居る方々を尊重もしたいです。間違って居るのは処分をして居るセンターの人々では無く無責任で在ったそして犬や猫を持ち込みに来る(連れて来る)飼い主なのです。
f0013255_14393024.jpg
負傷犬の犬。負傷犬や猫は別の部屋に一匹ずつ檻に入れられて居ます。期限日まで其処に居てその後他の犬や猫達同様処分されます。


見て居るだけで辛い写真や文章だと思います。
見て下さり、読んで下さり、知って下さりありがとうございます。

これが現実です、毎年日本中で処分されて居る犬や猫の数を知ると驚かれる思います余りの想像が出来ない程の多くの数で。
現実を知って自分には何が出来るのか?考えて欲しい。一人一人の力が”力”と成るのです、そして変わって行く。
夫々出来る事出来る能力は違います、皆が皆私と同じでなくて良いのです。私も自分が出来る事をして居るだけです私はセンターに行く事が出来るだからして居るのです。確かにセンターに行きご自分の目で見る事が一番分かりやすくどうして避妊虚勢が大事なのかと言う事が分かるしご自身で直に何かを感じ通じると事だと思います、でも声を上げる事も、ボランティアで預かり親をし犬や猫達に新しい家族を捜してあげる事も、そう言う事実が在る事を名札-鑑札札-マイクロチップ等を付ける事が大事だと言う事を周りにお知らせする事でも、避妊虚勢が大事だと伝える事でも、ペットショップやブリーダーからでなくても犬や猫を受け取る事が出来成犬も成猫も家族を捜して居るという事を犬や猫を飼いたいと探して居る人々に知らせてあげる事でも、募金に協力する事でも、犬や猫をその生涯が終わるまで飼い続ける責任がある事を動物を飼おうとしている人に伝える事でも、なんでも、夫々が今の状況で自分が出来る事をして一歩を踏み出してくれれば確実に将来は変わって来ると思います。

全国で殆ど全ての県が同じ状況だと思います、優れて居る所も状況がより悪い所も様々に在ります。まずは知る事ご自身のお住まいに成って居る都道府県ではどのような状況に成って居るか感心を持ってみて下さい。
彼らを知って下さい、彼らの声が届きます様に。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-03 16:37 | 知ってほしい事♡動物愛護

仔猫、仔犬達

センターへ入場する時一緒に成った男性が居ました、年の頃は50代その人の奥さんと思われる人は外で車と共に待っていました。その男性はセンターに入るなり直ぐに受付へ”ああ、持ち込みなんだな”っと思った私はすかさず耳をダンボにして会話を聞き取りました。
 センターの人:「何の用事ですか?」
 男性:『飼い猫が仔猫を生み仔猫を引き取ってもらいたい。』
 センターの人:「何匹ですか?」
 男性:『6匹です』
 センターの人:「大きさは?」
 男性:『生まれて2週間』
 センターの人:「ここがどういう所か分かってますか?ここへ連れて来る前に仔猫を欲しい人を捜しましたか?」
 男性:『毎年毎年生むのでもう貰い手は居ない、父親猫も毎回変わるもので。』
 センターの人:「どういう飼い方をしてるのですか?」
 男性:『半分外で飼って居る』
 センターの人:「毎年生んで困るのならば避妊をしないと」
 男性:『。。。』
 センターの人:「貰い手が居ないって。。親類や周りに人に頼む事は出来ないのですか?」
 男性:『もう今までにあげてるから。毎年毎年生むんで困って居るんだ』
 センターの人:「それなら避妊をしてあげたらどうですか?」
 男性:『。。。』
 センターの人:「今回初めてこちらへ引き取りに来たのですか?」
 男性:『はいそうです』
 センターの人:「ではこちらに記入して下さい。」
結構頑張って粘ってセンターの人はその男性に話していたと思う。

前にも成犬を夫婦でまるでドライブにでもしに来た様に引き取りに残して行った場面に遭遇した事が在る。犬はとても綺麗な雑種、尻尾を振ってセンターの係員に受け渡されていた、抵抗する事も無く。
 
f0013255_15351270.jpg

小さな命が沢山詰まった箱の中。
この仔達は生きて居る。生まれた以上生きたいと思って居る大きく成りたいと。
色々な大きさのミルク飲みの仔達が一つの箱に入っていた。助からない命助けられない命。
その重みは全ての命と同じ大きさや重さだと思う。
小さな小さな仔達、仔猫も仔犬も一緒に成って。
この中にはその男性と連れの人が連れて来た仔猫はまだ入って居なかったと思う。
こうしたミルク飲みの仔達はその日内に処分される。こうした仔猫の数はとてもとても多いと聞いて居る、仔犬もそう。全国で同じ状況であると思う。

f0013255_15434043.jpg

親子で処分を待つ猫達。この仔達はお母さんと最後まで一緒に、でも母猫は複雑そうで不安一杯の表情をして居た。逃げられない殺されるとはそう言う事?なのかと。
この後その場を離れ戻って来た時には彼らはもう処分箱の中に居ました、母猫の泣き声が聞こえました。

f0013255_15471452.jpg

今回初めて母親犬とまだ目も開かない仔犬が一緒に捕獲室に居るのを見ました。
やはり母親犬の表情はとても不安そうです、とても疲れた表情。生まれた命も助からない事をまるで知って居るかの様に。こんな時母親ってどんな思いなんだろうか?

私が気になったのはこの母親犬や仔犬達の隣りに座り込んでいたまだ幼いと思われる犬です(写真向って左上の仔)。独りぼっちで不安そうに悲しそうにどうしたらいいのか?何故其処に居るか?何もかも分からない。。といったような表情の犬でした、まだ自身も母親が恋しい頃だろうに。他の犬や猫もみんなそうですが、これから殺されて行く個々からは逃げる事すら出来ない現状にとてもとても気の毒に悲しく成りました。とってもとっても悲しそうに不安そうに恐怖で一杯にその小さな体を震わせていました。


生ませて育てる事が出来ないのならば飼い主の責任で避妊虚勢をする事はとても大事な事です。生まれた命は死にたくないのです、そして私達と同じ様に苦しむと思います。幾ら体が小さいからって同じ命に変わり在りません。私も元は小さな小さな命でした。
他へと伝える事は簡単な事でありません、それが直接だとすれば尚の事。でもこのように殺されて行く持ち込まれる小さな命が多い事も知って欲しい、出来ない人に教えて欲しい。
こんな事繰り返していたら命の重さなど分からなく成ると思う、人間の身勝手でただただ殺される命、使い捨てと同じ扱いの命達。
避妊虚勢の大事さを、無知による犬種のブリーディング(生ませる事)の危険性や難しさを知らない人へと伝えて下さい。
[PR]
by dutelovecat | 2007-06-01 16:04 | 知ってほしい事♡動物愛護