海の帰りに
f0013255_15535192.jpg
カアサン ボク ココヨ♪ 今日もきっかり笑顔です♥


ペットショップへ行きました。
買わないけど見つけたのはこんな可愛いパーケージだったり
f0013255_155919100.jpg
ホノグラムの包装の袋でそれだけでも可愛いのにジャックラッセルテリアが三日月様と見つめ合ってます。


f0013255_1641979.jpg
本当に良いものかどうか分からないけど、健康志向に続けとばかりオーガニックを強調してる商品が出てたり。その商品名はおーがにっくす、なぜか私にはヘルシーな商品に見えない。


f0013255_1665746.jpg
吸うタイプのエナジードリンクと同様なパックに入ったビタグレービー(肉汁を使ったソース、ビタはビタミンの訳だと思うのだけど)や可愛いブルドックが笑顔で見つめるシェイクインたる物が在ったり(両方餌の上に振りかけ食欲増進を望むトッピングですね)。


でもデデちゃんはそれよりもこれよりも
f0013255_16135928.jpg
ハムスターやモルモット、小鳥さん達に興味がずっと在り、此処に来るのが大好きです。
見るだけよ〜っと言い聞かせ、ちゃんと大人しく見ています、永遠と離れたく無い。
(この写真クリックすると大きく成ります、デデとモルモットが見つめ合って♥ます。)


最後にずっと憧れていたお野菜を。
f0013255_16174670.jpg
何を憧れていたと言うと、この兎さんのパッケージにでした。ずっと買ってみたかったのだけど新鮮な物にお目にかかれなくて買えなかった。今回はカリフラワーとセロリ両方ともまだ店頭に出たてでした。この可愛いパッケージの魅力を高めているのはこのお野菜はオーガニック(無農薬栽培)だって事、私にはポイントが高いです。バニー(兎)って名前が良いですね、色も、絵も。
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-29 16:25

冬の海で 1

デデちゃんの連写
f0013255_21241531.jpg

f0013255_21244474.jpg

f0013255_2125919.jpg

f0013255_21252984.jpg

f0013255_21255029.jpg

冷えるのでさすがに裸足では歩けなくなりました。
デュッテや他の犬達は走り回って遊び回って体温が急上昇すると海の水の中に入って自身で調整をしているようです。
喉が渇いても海水はしょっぱいから飲めないのは試したから分かっているのだけど、飲んでみようかな?飲んでも大丈夫かな?っという仕草をする事も在ります。
お空がいっぱいのカリフォルニアです、綺麗な海が多いから特にそう思えるのかな〜。
海で大きな空を感じて、波のリズムを聞き、海で生きている他の生き物達が在る事を悟り、磯の香りと水分を感じ、眩しいまぶしいと目を細め、お喋りしながら、デュッテの笑顔を見て笑って歩く事はデュッテにも私にも良いリハビリに成ります。
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-27 21:34 |

私はなかなかチョコレートにうるさく、アメリカで作られているチョコレートはまず好きで無い。甘すぎるし質も余り良いと思えないからである。だから殆どアメリカで作られているチョコレートは買わなけれど唯一甘みが少なくチョコとして美味しいLake Champlainの物は好きで買う事が在る、食べていてあっさりしたチョコレートだなって思う。
国夫々でチョコレートってなぜか味が微妙に違う、このLake Champlainの物はヨーロッパのチョコレートに近いけれど其処からもちょっと違って居てやはりアメリカのチョコレートなのかな。
Whole Foods(オーガニックを多く扱っているスーパーマーケット、カリフォルニアからスタートし今は全米、そして見るとイギリス、カナダにも出始めた様ですね)で購入が可能なチョコレートで、サンクスギビング、クリスマス、バレンタインなどなどの各イベントの時にはシーズンに在ったパッケージの物が展開されています。

アメリカに住んでいてあっさりした日本で食べたようなでも質の良いチョコレートが食べたい。。と思った人にはお勧めです。
材料もシンプルな物ばかりヘルシー指向なチョコレート。全ての商品がでは無いですがオーガニックのチョコレートも作っています。
私は何かのイベント周辺なじきに成ると必ず何かは買って食べてしまうチョコレートです。今日はダークチョコレートラズベリーボンボンを食べてます。美味しい♪

Lake Champlainのチョコレート/★★★★(アメリカでは☆4つ上げます)
切れの良い甘さのチョコレート

アメリカで作られているチョコレートは美味しく無いので好きで無いっと言っておきながら、ブラウニーとかに成ると断然アメリカの物が美味しく成るのは何ででしょうね、ブラウニーはチョコレートの味が濃厚な焼き菓子、アメリカのお菓子でも在ります。アップルパイ、パンプキンパイ、ブルベリーパイ、ルバーブパイとかピーカンパイなどなどのパイ類の焼き菓子もアメリカの物が何処の物より美味しい、これもアメリカの伝統的とされているお菓子ですね、おばあちゃんの味と言うか。


ちなみに一番好きなチョコレートはフランスの女性パティシエの
Michel CLuizelの物、オレンジを半月型に薄くスライスして甘く煮てあるものにダークチョコレートをコーティングしたものは最高です。ここのチョコレートはどれも上品な甘さでそのサイズも大きすぎず良く、バランスの(味、風味、選択肢、形)センスも良いです。
お店に行かないとこのオレンジのチョコレートって手に入らないかもしれないけど、お薦めです。お店はパリの本店とニューヨークの出店舗しかまだ無いですね、質を落として欲しく無いから此処の2店舗で良いですけど、一生に何回食べられるか?分からないチョコレートでも在ります(笑)。お近くの方はお薦めです、オレンジのチョコは特に。
f0013255_12312183.jpg
キャラメル好きにはこの茸のキャラメルチョコレートも非常に美味しいです♪可愛いし。茸の頭の部分はクランチーな物が入っていて茸の下の方はキャラメルで作られていてダークチョコでコーティングされています。



Michel CLuizel/★★★★★
センス在る味のチョコレート
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-27 10:57 | "shizu" 美味しいは嬉しい♪

f0013255_13441096.jpg
デュッテは前からブロッコリーが苦手らしい。
この大きさ(写真に写ってる小さいようなでもそんなに凄く小さく無いようななサイズ)のブロッコリーが食事の中に入っているとそれを上手に出しておいたりします。
気が付かないのかお腹が空いて居るのか勢いで食べてしまったのか分からないけどたまに全部食べれちゃう時も在ります。
でもこうやって出して残すのはブロッコリーだけ(人参も?)。
犬にもちゃんと味覚や感触を感じるものなんだと確信させられます。
デュッテが何故ブロッコリーを分けるのかの理由は分かりませんが。勿論大きい人間が食べるサイズだと絶対に食べません。
もっと小さく刻まないと〜だわ。
子供の食べ残し跡みたいで笑っちゃうのだけど。

この日は手抜きの、人参、舞茸、白菜とブロッコリーを細かく刻んで水で煮て、デュッテの好きなNature's Variety社Lamb Meal & Oatmeal Medley Prairie Kibble Diet for Dogs(ラムのドライフード)にかけただけ。
面白いのは同じ会社の物でもラムとチキンの2種のドライフードしか食べてくれません(それもどちらかと言うとチキンの方が好きみたい)他の物は駄目、缶詰も嫌いでした。ビーフと鹿、兎の物はデュッテにはアレルギー反応が出てしまいました、そして嫌いらしく食べっぷりが悪かったですとても。ナゲット状に成って凍って売っているローフード(熱を加えていない生肉、良いとされている野菜や肉の種類の骨や内蔵まで砕いて入れて在る物を出している)は
オーガニックチキンを食べてくれます。オーガニックは少し高いけど生きている時に鶏がよりフェアーに扱われていると思われるもので食べるデュッテの体にも良いだろうしあえて選べるのであればオーガニックお肉の物を買っています。ローフードのチキンだけオーガニックが在ります。このメーカーは西海岸で購入出来る物の中では良い物だと思って居ます。それと大型犬用にはパティー状(手の平サイズのナゲット状の大きくしたもの)が出てます。

ローフードの事では前マンハッタンに住んでいる時には青空市場でとても新鮮な色々な種類のお肉安く手に入っていたのでその時はお肉を買って来て刻み自分でローフードを作っていましたが、今は新鮮で安くお肉が手に入らないのでナゲット状の↑を食べさせています。便利で良いけどコストが張ります。それから東海岸の方がこのような出来合いに成っているそして良いローフードの種類も随分多かったです。

この日は手抜きでしたが普段はちゃんとデュッテの食事作ってます、良いのか悪いのか分からないけどローフードと組み合わせながらの一週間の献立。
デュッテを食べさせるのは至難の業、仔犬の時から口が綺麗で食も細いです。
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-25 13:44 | デュッテの事で

出した答え

「どうしてそうなっちゃうの?」その後の「只今の状況」投稿からの続きです。

沢山スキンシップを取り、毎日の様に梅へ連れて行き運動を沢山させたり他の犬と触れ合わせたりし、ここ3日位前から調子が良かった時のよゐこなデュッテへ復活しました。
なのでまたその同じボーディングの所へデェケアーに出してみました、どうしてそうなっちゃうの?かの理由もしりたくて。

車から下りて中へ、入りデュッテ直ぐ尻尾がお腹にくるっと巻き下へ完全に下がってます。
こんなデュッテ見た事無い〜、病院へ行っても尻尾はいつも上がっているのに、何処へ行っても上がりきってるのに。昔他の場所でデェーケアーに預けて居た時、デュッテはいつも嬉しくって其処に行きたくて尻尾上がりっ放しのフリフリ状態だった。完全にその時と違う。

預けた翌日の今日の状態は、やはりどうしてそうなっちゃうの?と言うような状態に成っている。
朝ドックパークに連れて行ったけどデュッテの大好きなレーニー君や昨日の朝までとても上手く楽しく遊んでいた他の犬達にも翌日の今日は一瞬喜んで挨拶はしたけど遊びに興味なし。ひたすら穴探しの穴堀に集中、でデュッテに挨拶に来た見知らぬシェパード犬に向かって行っていた。ああやはりこれは問題だ、と思い、喧嘩が起こらぬ前に逃げる様に家に連れて帰る。

もう少し答えがつくまでと繰り返してみましたが、やはりデュッテは何の理由か?でここのボーディングやデェーケアーに滞在するのが好きで無いらしい。明らかに状態が変わるのでやはり頑張ってデュッテがよゐこで健康に居られる他の場所を探すしかない。
ここは駄目だったって事が分かったし、他にもデュッテの事で(犬の事で)分かった事が在ったから良かったです。
犬達は人間と同じ言葉を喋れずその意思も言葉として伝えられないけどしっかり見つめればその状態や様子から彼らの言いたい事は伝わると思います。誰も無理は体に良く無い、犬にだって同じです。
我慢や辛抱が必要な時それをさせないと行けない時も在るかもしれないけれど他に選択が在るのであればより幸せに成れる様に改善の努力は出来る限りして上げたい。

デュッテは目に障害が在る事も在り特別に敏感だって事も在るのかもしれないけれど。やはり飼い主がちゃんと見つめて様子を分かって上げて彼らを守って上げないと駄目ですね。
f0013255_57885.jpg
前にも貼った事が在る写真
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-23 03:57 | デュッテの事で

分からない事の一つ

少し前の事でこの後このクマがどうなったのか?他のペットにしているクマ達もどうなったのか?分かりませんが、このニュースって全国的に流れたって訳ではないのかしら??

どうして73歳の年配者がクマをペットにして居るのかが分かりません。それもまだクマはまだ若い年齢。この人が体が動かなく成ったらどうするんだろう?飼われているペットは。其処の所が分からない、年配者の後先の事を一切考えず子犬(大型犬の仔犬なんて飼う人も居るし)を飼うって事もよく分からない、無責任過ぎて。

(以下ニュースから文章を引用)
長野県上田市武石下本入の男性飲食店経営者(73)にペットとして飼われていた体長約80センチのツキノワグマが逃走したと、5日までに上田保健所に連絡があった。付近には民家や武石小学校があり、県や猟友会などが住民らに注意を喚起しながら捜索している。
県食品・生活衛生課によると、クマはオスで1歳4カ月程度。子供から青年期にあたり、体重は約45キロ。3日正午ごろ、清掃のため自宅近くの飼育施設から出されたときに鎖が外れ、首輪をつけたまま逃走した。
 男性は動物愛護法に基づく許可を得て、クマを3頭飼育していた。県内でペットとして飼われているクマは、男性の3頭を含め、7施設12頭しかいないという(動物園の2施設3頭を除く)。

ペットのクマが逃走



今住んでいるサンディエゴの家の周りには野良猫が多いです、餌を貰っている飼い主の居ない猫達です。いかにも其処で増えてしまったと言った感じです。
半年位前まで近所に一人暮らしのかなり年配女性が住んでいました、スペイン語は話すけど英語は母国語でない(英語を話して居るのを来た事も無いし)多分メキシコ人と思われる老人の方で、この近所一帯、そして自分の家の前で猫非常に多くの数の猫に餌をあげていた人です。そのお婆さんが餌やりに近所を歩くと猫がその後を追って付いて歩く光景を見た事も在ります。猫達はお婆さん以外の人には近づきません、いつもお婆さんを待っていました。今でもどの猫もご飯の時間頃には其処で待って居ます、触る事は出来ません。お婆さんの元住んで居た賃貸の外は猫だらけです。
またその餌やりの仕方もめちゃくちゃで他人の家のガレージの入り口前の真ん中にド〜ンとネコ缶の中身が置かれていたり、歩道の真ん中だったり、ちょっと惚けても居るのかな?っと言った感じでした、とてもヨボヨボして居て、近所の人が何を言っても聞かないそうでした。
そのお婆さんが姿を消し、道路の真ん中に在った餌も消えたと思ったらお婆さん亡くなったそうです。家の前に居た年齢が若いと思われた猫達三匹も一匹に成り(此処はコヨーテも居るので寒くは成らなくっても猫が外で生きて行くのは大変だと思います。)とっても一匹で悲しそうなので出来るか(捕まるか)どうか分からないけど虚勢をするのが目的でその家の前の車の下で暮らしている一匹の猫対象に私の家の玄関前で餌を上げ始めました。
始めは離れた所から徐々に餌をずらして今は階段を上がった玄関の真ん前に置いて其処まで食べに来ます。
他の近所のその猫達には新たなお婆さん(多分その餌やりお婆さんの顔見知りのご近所さん)が餌を上げて居るようです。虚勢避妊してないのだろうな、其処が心配です。
私はこの亡くなったお婆さんが無責任に感じられとても怒ってました、今でも怒ってます。自己愛でその行動だけをしたならば猫達は不幸な猫生を活きて行くでしょう。見事にその多くの数の猫達は人にも慣れず触る事すら出来ません、仔猫だった仔だって多かっただろうに。
でもこの年配の人達に避妊虚勢ってここアメリカでも抵抗が在る事なのかな?理由は宗教的な繋がりで在ったり、昔の風習だったり。この新しく猫に餌を上げ始めてるお婆さんに少し虚勢避妊の事を話したけど受入れる様子が無いと言うかチンプンカンプンな感じだったから。

家の前に暮らしている三匹だったのに一匹に減って、一匹で暮らしている生後一年ちょっと位の猫は白黒でフワフワ毛でとても可愛い顔をして居ます。でも触れない。いつも悲しそうな目でじっとこちらを見ています、今さっきも餌を出しに行ったらジ〜ッと羨ましそうにこちらを見ていました、その姿ははかなげでした。どうにかして慣れないものかと、挑戦しています。でもその亡くなったお婆さんを怒っている感情が在るうちは近づいてくれないなだろうなって気もします。
老人だから仕方ないでは済ませて欲しく無い事で私はこの辺厳しいかもしれません。これでは残された命が気の毒です。それは自分勝手な愛情に見えてしまう。無知識って罪だと思う。
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-20 13:30 | 皆さんと共にお話したい事

只今の状況

「どうしてそうなっちゃうの?」タイトル投稿から数日が過ぎ、まだまだ荒々しいけどデュッテの状態が元に戻って参りました。こういう風に心が通じなく成り始めたな〜っと思い始めると私はデュッテとデュッテの楽しいことを積極的に取り入れコミュニケーションが上手く取れる様にスキンシップを図り努力します。
もっと離れてしまわない様に。

ここの所毎日の様にドックビーチに連れて行き体力消耗と他の犬と触れ合わせること、共に歩くこと、呼び戻しなどを意図的にしていました、勿論楽しみながらですが。

犬と飼い主や家族の関係って人夫々で皆違うと思いますが、デュッテと私の場合いつも一緒で、マンハッタンで暮らしていたことも在り(彼処は飲食を扱う所や美術館などの大きな公共の場以外共に飼い主と共に入れる)何処に行くにも買い物にも一緒で私の分身と言って良い程共にべったり。デュッテは私以外の人の言うことを聞くのか分かりません。
そんな人間とデュッテの関係を作り上げてしまったのはこの飼い主で在る私。
今でもデュッテは何処にでも私と共に行かれると思っています。
心が共に重なって居るときはとても良い状況なのですが、何かが原因でデュッテが変わってしまった時とても困ります、デュッテは自由気ままにずっと生きて来てるから。ちょっとした拍子に手の付けなれない犬へと変貌してしまいます(私が野生化って言っている事)。

おかしくなって数日経ち、そんな努力も効果してるのか大分落ちついて来たけどまだ呼び戻しが100%戻って来てません。
そんな時は他の犬向って(向う振りだけでも)『かわいいね〜、おいで♪』って言うとすっと飛んで私の元に来る事を発見しました。この呼び戻し方だと100発100中です。考えさせたり自由にさせたり英才教育なつもりで育てて来たけど余り独立して来ちゃってこれも難しいものですね、飼い主と犬の関係さえちゃんとしていれば全ては上手く行く事ですが。
犬は面白いです、私達人間が思って居る以上考えて居る以上彼らには彼らの世界もちゃんと有り、色々考えて居るようです。

今回の事での反省はやはり預けるのなら犬に負担が起こらぬ様に定期的にデェーケアーなどを使い其処に慣れさせて不安を与えないようにして置くべきすね。

ずっといい仔で他の犬達と凄く上手に遊んでいたから此処の所、このギャップに敏感さに驚いています、デュッテに何が起こったのでしょうね(笑)。それともデュッテがお留守番になる旅行を計画立てようかと思って居る事が伝わってしまったの居るのかも。
デュッテのイライラは純情でなかったですから。。デュッテに隠し事や誤摩化しは利かないようです。
f0013255_644210.jpg
すぐ他の犬と喧嘩しちゃうし、ちょっと手に負えない日のデュッテ。
チャント ワカッテルンダ!ボクヲ アマクミルナ ヨ
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-20 06:07 | デュッテの事で

どうしてそうなるの?

久しぶりにデュッテをにデェーケアー(預かり)に出してみた。
ここを使うのは前回私が日本に言っている間の7日間ボーディング(お泊まり)として預けた五月の末以来。
今でももっと、より良い場所は無いかと探して居る最中だけど、ここサンディエゴにはそのニューヨークに居た時の様に内容も安心も共感出来る物は殆ど見当たらない。
表面的には良い事を歌っていてもその施設の内部を見学させてくれる所が無いので、そんなとこは私はまず其処で却下しないと成らない。飼い主に犬を預かる場所を見せない所なんてとても危険に思う。あと、其処を利用して居る人の話は大事な事で昔は其処から出て来る利用者を待って話を聞いたりしていた、今はネットなどからも評判を集める事も出来る。
ニューヨークに居た頃新しく出来たボーディング、デェーケアーの場所から病気が出て預かりの4匹位其処で広まった病気が原因で亡くなってしまったという話を聞いた事も在る、それ程犬が集まる場所は危険も多いのでちゃんと飼い主が守れなければ成らない一つの責任だと思う。

今使って居る場所は見学をさせてくれ質問にもきちんと全て答えてくれた、お泊まりする犬は夜8時から朝7時まで個々ケージに入れられて睡眠を取らされてしまうけど一よ24時間その同じ施設内には人が一緒に泊まって居る。提出するワクチン類、ボーダーテラ予防注射の点検もきちんと行なって居りその部分では安心出来る。それが在る事が理由でここを今でも利用して居る。
でも普段自由過ぎる程自由に過ごして居るデュッテにはもう少しフリーに預かってくれるような場所がむいて居ると思う、そんな普段と余り変わらない状況下な場所へ預けて上げたい。でも歌い文句はそうでも内容が付いて行っていない場所ばかりだからより良い場所が見付からないでいる。
ちなみにデュッテを此処にボーディングで預け7日前後後再会すると痩せて居る、いつもの事だけどご飯を食べないそうである。

さて、久しぶりに数時間のデェーケアーから帰ったデュッテ、悪い仔に成って居る。出す前とその後の様子が違う、ドックパークやドックビーチに連れて行けば気にいらない犬と喧嘩をするし呼び戻しが出来なく成ってる、家でもなんだかイライラ、どうしたんだろう?最近ずっと落ちついて居たのに。
集団の犬の中で数時間過ごしただけでデュッテの中の何かが変わるのか?何か怖い思いをして来たのかな?ただ自信が付いて過剰に成ってるのかな?分らない。。

ずっとよゐこだったのに何が起こったのだろう?っと思っています。
いつもの朝のボケ〜っとタイムだけど、なんだか表情もキツく成ったような。。
f0013255_2461827.jpg
たった一回出しただけでって思うかもしれないけど。。
f0013255_2473016.jpg
いつもの海へ連れて行っても全然言う事聞かない。。そんなのが続いています。
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-18 02:48 | デュッテの事で

毎日の始まりは

デュッテは朝は寝坊助です。低血圧では無いか?と思って居る程、朝目覚めて直ぐの行動が出来ません。
犬に低血圧で朝寝坊で朝が弱いなんてないんじゃないの?っと私の母に言われますが、人間の様に朝が弱い仔も居ると私は思います、低血圧で?かどうかは分りませんが。それかただ飼い主に似てるだけか(笑)。

目覚めてから暫くはこのようにぼ〜っとしてます。
f0013255_14563499.jpg

一匹でモンモンとただぼ〜っとしてます。
f0013255_14575613.jpg

ぼ〜っと、ぬぼ〜っと、まだ夢の中と現実の狭間のようで。
f0013255_1459570.jpg
モンモンモン。。こうやってニヤニヤと誰も居ないベットルームでしてます。

暫く(小一時間)すると自分から起きて来ます、で散歩に成ります。
f0013255_1543678.jpg
↑この写真クリックすると大きく成ります。

これだから集団生活(ペットホテルなど)に一週間前後入ると痩せて帰って来ちゃうのですね。
飼い主としていけない母ですね。。でもこのモンモンを見るのが母の幸福でデデと私の平和で在ります。

皆さんの所の仔達はどうですか?
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-13 15:20 | デュッテの事で

デデちゃんが良い夢見てる様子
f0013255_14412834.jpg

気持ちよく寝てるね、幸福な時間です。
f0013255_14424599.jpg

ずっと私の近くにばかり居るデュッテ、母さんがそんなに心配か?このちょっと前にはうなされていたのですが声を掛けたら良い夢に変ったみたい(笑)
頼もしいのにとっても可愛いデュッテです。
[PR]
by dutelovecat | 2007-11-07 14:45 | デュッテの事で