カメラが故障したままで無いので、昔の写真から気に入ったものを抜擢して。

f0013255_1648594.jpg
キョウモ マンゾク ナノヨ

f0013255_17993.jpg
ウフフ ウヘヘ

f0013255_16514991.jpg


この日はよっぽど楽しかったのかご機嫌だったか散歩時から室内のものまでずっとニタニタと思い出し笑いの様に笑いっぱなしの写真ばかりでした。
満開の収穫ですネ(笑)。
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-28 17:00

カメラが故障したままで無いので、昔の写真から気に入ったものを抜擢して。
f0013255_10374956.jpg

この布団カバー高校生位の時から持ってるワ〜。マリメッコのお気に入りの布を買って貰って布団カバー使用に仕立ててもらったもの、ですね。布団カバーに出来ていた布でないのでなぜかとても丈夫に持ちも良い様に感じます。これは裏側、表側は水色のクマさんが赤いサスペンダーズボンをはいてる絵柄です、今でも好きすき。
デデちゃんは賭け布団を太陽光線で干した太陽の香りがする上で寝るのが大好き、気持ち良いもんね。実家っていいですネ。


f0013255_10424144.jpg
ニッ
って笑ってるデデちゃん


オマケ。
f0013255_1152963.jpg
甥1と姪3と。
母さんの母さんは還暦をとおも越してるのにそう見えないからつい無理をいつも頼んじゃうけど私は年寄りなのに労ってくれないと呟きます。この人いつも綺麗にしてるよねでも特に何を気を付けている訳でないので不思議に思います。年少時代の私の母の記憶はすらりと長い足でジーンズを履いて足からおしりにかけてのその映像がまだ頭に残ってます、きっと私のその時の背丈が足からおしり辺りだったのでしょう(笑)。
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-27 10:43

やったね♪嬉しいな

米アカデミーオブアワード(オスカー)はBest Writing(ベスト脚本賞)、Best Direcying(ベスト監督賞)、Best Picture(ベスト映画賞)、Best Actor In Supporting Role(ベスト助演男優賞)と先日お薦め映画として投稿した『NO Countru For Old Men」』ノーカントリーフォーオールドメン(邦題ノーカントリー) が取りましたね!
保持的な映画でないからこの映画祭の最高と言われるBest Picture(ベスト映画賞)は取れないかと思ってましたよ〜。Best Writing(ベスト脚本賞)は凄く良く出来てるから絶対に取れると思ってたけど、Best Directing(ベスト 監督賞)を今回取ったと言う事もCoen Brothers(コーエン兄弟監督)の映画大ファンな私に取ってはとっても嬉しいです♪本当におめでとう!

このノーカントリーフォーオールドメン(邦題ノーカントリー)でBest Actor In Supporting Role(ベスト助演男優賞)を取った
Javier Bardemはスペイン人の俳優でスペインだけでなく他国の映画でも多く活躍してます。この映画でこのJavier Bardemもはまり役でしたが、日本のコマーシャルでも馴染みの在るTommy Lee Jones(トミーリージョーンズ)も凄く良かった。
Javier Bardemは実年齢が40代位だろうと思っていたのですが、なんと私と同じ年とは知らずで驚きました。

先日映画好きな映画の友だった父に電話してこのノーカウントリーフォーオールドメン(邦題ノーカントリー)が面白いから観に行く様に♪と伝えました。面白いよっと。
f0013255_330172.jpg
コーエン兄弟監督


Actress In A Leading Role(主演女優賞)でエディット ピアフ役を
La Vie en Rose(邦題エディットピアフ〜愛の讃歌〜)で演じたフランス人女優のMarion Cotillardさんが獲得したのですがアメリカのアカデミーアワードでオスカー主演女優賞を取るなんて凄いですねそしてこの方とても綺麗です。私のこの映画見たいです、まだ映画館で上映されてるのかな?
年々アメリカハリウッド映画やアカデミーアワードの思考にウンザリしていましたが今年は選んだ選択が違いました見直しましたよアカデミー賞(賞を選ぶ方々や選択を)。

映画ってやはり良いですね〜♪夫々の部門の賞される様に夫々が混じり重なり一つの映画と成ります。良い映画作りってその全ての関係が大事ですものね、総合芸術の様な(舞台もそうですけど)。

映画を本当に好きな人と一緒に映画を観に行くのってとても楽しいです、またお父さんとも良い映画を一緒に観に行きたく成りました。


f0013255_15194198.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2008-02-25 14:38 | 余談

米農務省は17日、米カリフォルニア州の食肉加工会社に対し、歩行困難になった牛に適切な処置をしなかったとして、2006年2月以降に加工した牛肉約6万5000トンを自主回収するよう命じた。
米国で過去最大規模の回収命令という。
命令を受けたのは、ロサンゼルス郊外に加工工場がある「ホールマーク・ウエストランド食肉加工」。歩行困難になった牛はBSE(牛海綿状脳症)に感染した恐れがあり、獣医師の診察義務などが定められている。動物愛護団体が隠し撮りしたビデオにより、同社従業員が歩行困難な牛を虐待死させていたことが分かり、同省が調査を始めていた。
同社からの対日輸出はないが、日本の農林水産省は1月末、詳細な情報提供を米国政府に求めた。



私もヒューマンソサエティー(動物愛護団体)が隠し撮りし公開したビデオを見ました、其処には障害が在り病気が在りで立つ事や歩行が出来ずゴロゴロと転がっている様な牛達(生きているのか死んでいるのかも分らない様な)が沢山居ました。足が奇形に成っている牛が必死に歩いている(歩かさせられて移動させられてる)場面も。

全く歩く事が出来ない牛を、ホースからの強い勢いの水で鼻と口にだけめがけてかけたり(呼吸出来ない)、ホークリフトを使い虐待していたり(持ち上げるだけでなく上から押したり潰したりぶつけたり)、蹴ったり、鋭利な物が付いた棒の先で強く突いていたりと酷かったです。
死に居たるまでも苦痛でストレスだらけの中で育ち処理される前にまで人の手に寄る虐待です。
理由があって歩けないものを(障害や病気)虐待するのはやはり虐待目的の理由でしか在りません。酷い。人間だけすねそんな事をするのは。
どんな状況でもどんな場でもどんな理由でもそしてどんな対象にでも絶対に虐待はしてはいけない事だと思います。
特に対象が全く抵抗出来ない障害の在る牛達、これを繰り返していたのならこの人間は恐ろしい。
こんな事何処でも多く起こっていないと良いけれど。。。

高額な物でも安全を、確認を食には特にして行かないといけませんね。消費者がそれを選んで行くと(値段を安くする為に)酷い状況で酷い扱いで殺されて行く食肉動物達は少なく成るのかもしれません。
実は大きな力は買い物をする消費者の手の中に在る事なのかもしれませんよ。

(この牛達の動画が見たい人は教えて下さい、見れるサイト御知らせします)
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-19 14:34

デュッテについて。。

デュッテについて。。
デュッテの好きな所。。優しい、頼もしい、明るい、陽気、自信満々。
デュッテの嫌いな所。。頑固。

この仔は目に障害が在っても全くそれを感じさせない仔です。
決して過保護にしたく無いので外へ外へと出す様にして居ますが、この仔の生まれもっての性格も在り自身に自信が一杯在ります。
最近思い込みと勘違いが多く成りました、耳に多くを頼る所が在るのですが今までは聞き間違いも無い確かな物だったのに最近音の判断を間違えます。それもここはのんびりしている所だからピーンと張りつめた物が無くなっていると思い良いのかな〜なんて思ってます、間違えちゃったね☆なんて。
状況も状態も年々変わって来てます、住んでいる環境もそれが左右されますし左右します。
何でも在りで良いじゃないの精神が在ればいつもふたりで楽しく出来そうです♪
f0013255_556899.jpg

037.gif041.gif016.gif032.gif056.gif049.gif053.gif
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-19 05:57 | デュッテの事で

いつも一緒なデデちん

デュッテはこの頃ずっと笑っている。どうしてそんなに嬉しいのか分らないのだけど笑ってばかり居る。
ここの所デュッテの状態もとても落ちついている、食べ物によるアレルギーと思われる症状も全く見られない。母の言う事も良く聞くし、自分の意志も伝えて来る。
とっても良好だ♪
他の犬達とも上手にコミュニケーションを取るし(まだ仔犬は苦手)嬉しそうである。
5年かかって互いによく分かり合える様に成って来たのか、体内ホルモンなども落ちついたのか、運動が足りてるのか、愛情が足りているからなのか、満足しているのか、その全てなのか分らないけどとっても嬉しそう。毎日良く笑ってる。
そんなデデちゃんを見て居て私もとっても幸せだ、とても嬉しい。
パートナーとして理想形に成っている。
犬との生活がとても楽しい、デュッテも同じなので在ろうか。
とっても幸せな母さんだよ、デデちゃん。

どうしてそんなに毎日ずっと笑って居てご機嫌なのかの明確な理由は分らないけど、きっと母さん自体が幸せを素直に受入れられる様に成ったから其処に在る幸せが見えて来たものなのかな。こういう平和で笑顔が在る毎日が良いね♪
デュッテ君どうもありがとう。

f0013255_14553053.jpg
オオサメ クダサイ。
毎日これが始まります、お納め下さい。とても嬉しいですが私にはそのデュッテの宝物たち歯母さんにとって美味しい物や大好きな物では在りません。それでもありがとうは伝えます。
気が付くといつもデュッテの大好きな物達のお納めグッツで母さんは囲まれて居ます。これもデュッテの意思表示の一つなのすね、でも何か目的が在るのかな?
デデちゃんと居る時間が幸福です。
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-17 15:05 | デュッテの事で

昔は頻繁に映画や多くのDVDを見て居たのだけど最近ご無沙汰しておりました。
コーエン兄弟(ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン兄弟)監督で脚本の映画で映画館で上映されてからずっと行きたかったのだけど行かなくて今日やっと見てきました。

「NO Countru For Old Men」 ←(クリック)
 
「NO Countru For Old Men」映画サイト ←(クリック)


アカデミー賞がもうすぐアメリカでは在るのですが多くの賞でノミネートもされていますね、そして多くの賞も色々な所でこの映画取ってます。
コーエンブラザースの作る映画作品はとても頭が良く面白いので私は大好きです。
俗にいうハリウッド映画とも色が違い、俳優達もはまり役で持って来る、天才ですね彼ら。
今回の配役もパーフェクト、良い演技が見られます。Tommy Lee Jonesが出ているのですがとても良い存在感が◎、Javier Bardemもバッチリでした、あ〜面白かった。
そんな笑ってしまう内容の映画ではないのですが所々にアメリカ人が喜びそうな笑える皮肉な場面が多く出て来て、くすぐります。
日本公開は2008年3月15日からの様ですね。
邦題はただの「ノーカントリー」なんですねちょっと短く成って悲しいです、英語の意味合いも違って来るし。


「ノーカントリー」 ← 上映の情報が見られます(「NO Countru For Old Men」日本の映画サイト)STORYをクリックするとどのような話なのか書いて在ります。

でもやはりこれ日本語訳誰がやっているのか分りませんが(訳す人や訳し方によったりそれに映画上で使われてる全ての言葉は決まった数にして行かないと成らないので字幕はかなり端折っています)、英語で見ないとしっかりとは分らない映画かも知れませんネ。日本語タイトルでちょっと不安に成りました。良い人が訳していると良いのですが今回この映画。
でもでも私もこの映画訛りが多過ぎて何言ってるのか分らない所が多かったです、それでも凄く面白かったのできっと大丈夫!


もう一度見たい、映画です。
きっと近いうちに行ってしまいそうです(笑)他の細かい所をチェックしたり、訛りが在って分らなかった言葉部分も分りたい。
これscreenplay(脚本)も凄く良く書けてる、本当面白い(笑うと言う事でなく)映画でした。
とってもアメリカっぽい映画です、今のアメリカっぽい映画ですね。ハリウッドのぬるま湯な感じ(映画の売り上げだけにに左右されていない感じでも在る)とはまた違います。保守的な人やコーエンブラザーズの他の作品を知らない人はぽかんと口を開けてしまう人も居るかも知れませんがとても頭のいい映画作品です、とにかく面白く力強い。コーエンブラザーズ作品って丁寧な映画作りでも在ると思います。


何方かが日本語でこの映画に付いて書いてるサイトです、映画の内容の説明が書いて在ります。 ←(クリック)
f0013255_14135839.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2008-02-16 14:15 | "shizu" ART

踊りたい。

私は嵐が大好きだ♪

ニューヨークマンハッタンでもう5、6年(もっと前?)以上前だったと思うけどパンクロックダンスクラスが在って面白いなっと思った。パンクロックには踊りの基礎は無いけれど音に合わせてダンスをしたりする物では無いかと思う、踊りや運動(エクソサイズ)のクラスを受講したいけれど普通のジャズダンスやエアロビクスでは好きな好みも違う(流す音楽も会わせて)と言う人達にはとても楽しいクラスでは無いかと思った、楽しく体を動かす事が出来ればそれは楽しいのではないかと。

私は昔踊りを習っていた事が在るので音に合わせ踊る事も好きだ、好きな嵐の曲や振り付けに合わせたカラオケまじりの(笑)ようなダンスのクラスが在ったら良いのに。
嵐の振り付けを覚えたくてもダンスに余り馴染みが無い人々にはその振りや音に合わせる事も良く分らないし、上手くこつも掴めない。それに踊ったり練習する場所や時間も余りないもの。
そんなダンスや運動が出来るクラスが在ったら行きたいって人多く居ると思うのだけど。。
楽しく踊ったり体を動かしたいと思う今日この頃、ジャニーズ系の歌に振り付けが在るダンスや他の歌手の人も含めそんな踊りを教えて楽しく踊らせてくれるクラスって存在するのかな?
ジャズダンスを習いに行きたい訳でもないし、エアロビクスで頑張って踊るつもりも無い、だからそんなクラスが在ったら凄く楽しいのに。

運動嫌いな人の救世師に成りそうなダンスのクラスなのになあ〜。

踊りたい。 ←でもどうなってるのか全然分らない。。一人でフォーメションはとれないし。
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-16 04:38 | 余談

犬と私の10の約束 ←(クリックでサイトへ飛びます)予告集をクリックすると映画の予告が見られます。

この映画はどうなんだろう?犬の10戒から出来た映画らしい。
犬の事理解してくれる切っ掛けに成れば良いと思う。どういう風に扱われているのかどのように話を持って行っているのか興味が在ります。人々の犬や動物に対する扱い方の向上につながって言ってくれたら嬉しいですね。
分りやすい誰でも受入れやすいアプローチが一番効果的なのだとも思います。親子でおじいちゃんやおばちゃんと孫で見に行かれる様な映画なのかな?それはとても良い事ですね
f0013255_14145410.gif
愛護センター(里親さんも)などでも飼い主や家族を捜している多くの犬や猫達が居る事を少しでも何処かに載せて欲しいと思ってしまいます(映画を見て犬が欲しく成ってペットショップへ走るなんて事に成らないと良いけど)映画は影響力も大きいので嬉しい様な期待する様な、でも心配も在る様な。良い方向の映画だと良いですね。


今日も愛護センターや保健所では多くの犬が捕獲され処分されています。処分される仔の中には多くの飼い主による持ち込みの犬や猫も居ます。


千葉県動物愛護センター収容動物情報 ←
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-15 14:01

大きな範囲の海岸で湯気

ここの所サンディエゴは日中の日差しが強く暖かい日が続いています。今日の日中は特に熱く感じました、見掛ける人々は半袖が多くノースリーブを着ている人も。

お昼頃デュッテを連れていつものドッグビーチへと行きました、潮が引いて浜辺に成っている部分では蒸気がボワッ〜っと立ち上がり幻想的な風景でした。
太陽がサンサンと過ごしやすい気候に成ってきたせいかドックビーチで寛いでいる人を多く見掛ける様に成りました、確実に冬の海とは様子が変わって来ています。
手袋を付け、長いズボンに黒の長袖、つばの広い大きな帽子を深く被りスカーフを首に、それでも海の楽しさを知った私達はまたここへと戻ってきます。ここは本当に太陽が近いです。

カメラが無い事に限界を感じ始めました。お花も賑やかに咲き始めています、ビーチではデュッテの笑顔も満開だし。

f0013255_1473088.jpg
ココイル〜 ココイル〜。。っと頑張っているデュッテ、ここから離れたく無いそうです。
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-13 14:02 | San Diegoで