昨夜6時前に近所の駅前を散歩中に通過、もう辺りは暗くなっていたけど駅前ローターリー前の歩道はお店なども多く決して前から来る物が見えない状況下でない。

愛犬デュッテは他の犬の掛けたおしっこの匂い嗅ぎにいつも没頭する犬で駅前の歩道は全て隅へ隅へと歩きます。
その歩道の隅の隅をデュッテを連れて歩いていると、駅の階段方面から帰宅へ向かう50~55歳位のスーツにコートにアタッシュケースな井出達のサラリーマン風の普通のおやじ、酒に飲まれている様子も無く全くのしらふ、そのじじい(いや失礼おやじ)が隅に居る私達の前に歩いて来て止まらず避けもせず真正面からデュッテを蹴り上げました。

デュッテの綱は長くしているわけでもなく、そのおやじにデデが近寄って行ったわけでもなく、飼い主の目の前で蹴り上げるなんてまず許されない。

勿論「どうして犬を蹴るんですか?!」と声が出ましたが、じじいが返した言葉は「お前が犬を避けろ!」でした。
明らかに分かっていて蹴ってる様子から近くの交番へ行く様に詰め寄りましたが、罵声を発しながら逃げる方向へ。。。
その後200m前後位はひるまず押し問答で交番へ連れて行くように追いかけて促し頑張ったのだけど、聞くはずも無く。

私も殴られそうになったり(振りをするだけで殴る事はしない)その他小細工な演技をされたりと色々在りましたが結局何処に住んでいる人かも分からず逃げられました。
携帯を持って出なかったからそれ以上どうにも出来なかった、周りの人々は知らんぷりだし。
私はその後直ぐ交番へ。でもタイミング悪くこの日は人身事故が在り交番は空っぽ。
本署に電話で話をしたけれど、今朝になってから事の起きたデュッテの獣医に事の起きた昨夜のうちに診断してもらっい書いて頂いた軽打撲の診断書を持って交番へ行って来ました。

結局、被害届という形で書類を制作して貰えました。
が、だからってどうにも成るわけでもなくて。

そのおやじが毎日何時頃駅から出てくるのか、持ち物も、人相も全てはっきり記憶出来ており説明もはっつきり出来る為、余計に悔しい。
動物に対する法が変わらない改正しない限り動物を守る事や術さえもない野蛮にも思えてしまう日本。まだまだまだまだ女性も生活し辛い国だよね。

今回の事も私が男で小型犬を連れていたら起きなかった事だと思うし、私が女でも大型犬だったら起こらなかったとも思う。蹴るだけで即死んでしまいそうな超小型犬で在ってもきっとそのおやじは蹴らなかったと思う。小心者がすることがまた許せない。

同じように被害にあった場合、その場で即携帯から001で警察に電話する、それが際も有効な事なのだそうです
それでも現行犯逮捕で無い限り、愛犬が内臓破裂とか死んでしまったとか骨折などの症状で無い限り罪に出来ないという。
女性はどうやって身を守ればいいのだろうかこの国は。。警察よ頑張って動いてください。
法は時代時代に変わっていかれるようでないと、動物はどうやって守ればいいの?

ちなみにデュッテは興奮して昨日はずっと吠えていました。正面から蹴られるなんてショックだし、全く普通に見える大人のおやじが目の前でそんな事をした事も私にはショックでした。
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-26 12:25 | 知ってほしい事☆注意

f0013255_12154977.jpg


この猫はふざけてる~emoticon-0133-wait.gif好きだけどっemoticon-0115-inlove.gif

やっと仲良しに戻れつつあります。潜んでいた期間約三日間。

ティロルちゃん自分の世界も確立しつつあります。
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-20 12:18 | てぃロル

昨夜無事、アメリカからの引越しを終えて、帰国いたしました。
すっごい荷物ですっごい頑張りました。幸い家具類は欲しい方が見つかりとても気に入って貰った状態で他のお宅へと運ばれて行きました。愛車ブルーベーリーも状態が良いままきっと良いパートナーが直ぐ見つかってくれると信じています。
それにしても排出するゴミの量が物凄い多くて、必要ないものばかりだったから今は清清しく期間が短い中全て終わらせれた事を自分に褒めてあげたいです。自分でやるのは当たり前な事なのだけどね。

さて、ティロルちゃんが今ではすっかり大人になっていて全然デュッテとも遊びたがらなくなりました。私が帰ってからもずっと隠れてるしなんだか寂しいっす。落ち着いちゃったみたい。

デュッテは帰ってからずっとべっとり、母さんもべっとり、二人でずっとくっついてます(笑)帰ってこれて良かった。

途中ニューヨークに行ったのも正解でした、アメリカの不景気さがどんな事か話だけでなく身をもって感じ知る事が出来ました。
皆さん今年は大変だよ、別の視点を持たないと新にやっていかれないかもしれない。
世の中世の人と価値観もちょっとずれて来ている感じだったからきっと不景気も良いように働いてくれるのではないかとも思っています。
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-17 10:44 | 私ゴト

家族が一番

体は活動させて無いわりに、どうも頭ばかりが冴えて回転早くて、てんてこ舞中な私。
全然はかどっていません準備が、でも期日は在って、やらねばね。

愛車のブルーベリーちゃんことプリウスさん、見積もりだしたらOh..半額以下の値段の下取り、ショックでしたわよ。
連れて帰りたい気持ちを抑えて明後日には売りに出さないと。実に連れ帰った方がお得かもこの金額だと。だって全然距離も状態も良いままですから〜★デデちゃんの抜け毛も沢山くっ付いてるし(笑)。左ハンドルで東京をプリウス走り回そうか〜ね♪

明日は引っ越し、とにかく捨てる物が多くてそれをするのは実に私に取っては大きな成長です(お母さん聞いてる?笑)。荷物に振り回されている生活の方が後ろ向きだよね。何にも無い方がずっと自由で頭も心も前向きな気がします。トランク一つで帰国して半年全く問題なく暮らして居たから実に何にもいらないって事が分りましたよ。いつも思うけど、デデちゃんと雨風寒さ熱さを避けられるお家に食べ物が在れば後は何が無くても生きていけるんですね。究極はもう生きてるデデちゃんさえ居れば♪ですからね。

今までサンディエゴでの生活を見て読んでいて下さった方々ありがとうございます。また新にワンチャプターを終えました。後ろを振り返っている時間も余裕も無い今、進んでいくしか在りません。これからデデちゃんとの日本での生活が始まります、それでもインターナショナルに書いて行かれればなっと思います。

さて、月曜日にはデデとティロルとの再会を果たしますヨ♪ルルル
f0013255_6352898.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2009-02-13 06:35 | あたらしいコト

今更ながら。

いや〜♪好きだわ♪♪
神々の。。シリーズも大好きだけど〜こちらも好きなのよね。





只今わたくし脳だけがフル回転中。体よもっと動け!♪






[PR]
by dutelovecat | 2009-02-13 00:23 | 余談

ベーガンコスメティック(動物実験をしていない動物性の物を使用しない)ってヘルシー志向度が強過ぎて、見て手にとってもわくわくするようなお洒落な度が在る物ってまず余り無く、仕方がないそれしかないから購入すると言った具合に選べる選択肢さえも少なかっただけれど、「URBAN DECAY」というコスメティックブランドがベーガンラインを作っていて、それがお洒落を気にする人々にも受入れやすい♪買いやすい♪のではないかと、そのラインを見て嬉しく成りました。
お化粧をしたい!と思ってもダサイグッツ類だとテンション下がるって女子の気持ちも分るから、こういうのって良いよな〜っと賛同したり。

で、早速私が一番気になるブラッシ類を購入して試してみたいと思います。
f0013255_784747.jpg

動物の毛のブラッシを買うのって酷く罪悪感が在ってお店の前をうろうろするだけって事が在りまして。。でも良い動物の毛ブラッシは大事に手入れし使えば何十年、又は一生使えるし。でもやはりそれでも買えないと。。途方に暮れて嘆いて居た私には朗報でした★
これがこれで使えるのならもう動物の毛はいらない!

名前も可愛く、「カルマブラッシ」と言います、仏像の写真が♪パッケージに描かれています。Taklonって何だかよく分からないけど、人が作り上げた新種のファイバーの様です。

動物のお世話や命に関わらならくて、自分の好きな事は選んで出来る時代、探す努力さえ惜しまなければ喜びは倍増致します。

URBAN DECAY



デデちゃんの散歩コースをデデちゃんに見せて上げたい〜。。
f0013255_7181362.jpg

f0013255_7184990.jpg

f0013255_7191423.jpg

デデちゃんの好きなおしっこ掛けコースだよ★
さあ思う存分其処に登ってお掛けなさい♪
f0013255_7204017.jpg
っと写真を見せて言って上げたい。
(と、言うのも。。)

先日或る映像を見て居ましたら、『Clever Dog Lab』というプロジェクトがUnivercity Wien(オーストリアはVienna大学)に在りまして、其処では犬に関するその能力をより伸ばす研究が行われていて、そのプロジェクトは興味深く面白かったです。伸ばせばどんどん伸びていく犬達はとても楽しそうに生き生きとして見えました。
画面上に映る形を認識して、その2つの一つを選び出す事も出来て居ました、勿論ちゃんと形を理解して。
良性強化で正しい答えが出せるとおやつがコロっと画面下から出て来る仕組みに成っていました。もの凄い早さで指示されている正解答えをどんどん鼻先でスクリーン上の物体を選び答を当てて居りました。
犬は色と形の区別の認識それが画面内の1Dでもちゃっんと識別がついて居るのです。

その他には「Clever Dog Labプロジェクト」とは別にジャックラッセルテリア犬のコが複雑な数式の答えまでも出してしまう(まれに間違えたりもするけど98%正しい答え出してました。)様子が特集されて居ましたがその真剣さが優秀さを物語って居りました。

人は、犬や動物の能力を、随分見くびっていますよね。

Clever Dog Lab
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-12 07:33

奇跡な再会

誰にでもきっとこういう事って在ると思いますが,私もたまにこういう奇跡的偶然は起こります。
節目節目で起こる事が多いので私も順調に進んでいるのかな?という自身の確認バロメーターにも成ったりする事も気付いて来ました。

もう7年前に成りますが、カリフォルニアで、世界中と全米に店舗展開の在ると思われるとある宝石店で指輪を買いました。そのお店には馴染みにして居た販売人の方が居ましてその人のセンスの良いアクセサリーの付け方を参考にし欲しい物を見つけて居りました。
その日その方が細いリングにダイヤが一連に連なっている指輪をして居てその可憐さに一目惚れ、そしてその指輪を買ったのですが。。
細〜いリングに連なるダイヤは危険で、なんと買って直ぐダイヤの一つが取れてしまいました。勿論お店に修理してもらいたく持って行ったのですが、その日は私の担当者がお休みでその時其処でカスタマーサービスで在った方がその指輪の対応をしてくれました。
その方の、その指輪はダイヤが落ちるケースが実は多いから返却した方が良いとのアドバイスからストアークレジットでその可憐な指輪を返却しました。
その時はもう既にニューヨークに住んで居たのですがたまたま元住んでいたカリフォルニアに来て居て挨拶がてらにそのお店に立ち寄った際の指輪の購入で返却でした。

月日がずっと経って、全米の何処でもそのお店でストアークレジットも使う事無く、いちよそのレシートの事は覚えては居たのですがもしかしたらもう使えないのかもと思いながら今回ニューヨークで確認する事にしました。

ストアークレジットが在ると言う証明の手書きのレシートを片手にお店へ裏口から乗り込むと、店舗に入ってすぐたまたま其処に立って他の店員と立ち話をして居た方に直目が合い、親切にすぐ話しかけて来てくれましたので、事情を話し手書きレシートを渡すと。。
。。。

な〜んと、それはそのレシートを書いた本人で在りました。
全く其処に働いていたとは知らなかったし,全米に店舗在るイタリア資本のお店、その方元はイタリアから来ていると言う印象だったので此処で会えると思わなかったので、お互いに超びっくらこいたです。

御陰で(思った通り)全くアップデェートされていなくストアークレジットが在る形跡が無く成ってしまってもおかしく無い状況だった私のクレジットは本人の介入で素早く確認問い合わせされてデェターのアップデェートがされて丸く収まりました。
これ別の人だったら多分証明されず消えていたかも。

あ〜びくらこいた。まさかそなたにその指輪の事でまた会えるとはまさに7年越しです。そしてまた助けられ。
素敵な人だったから嬉しかったわ〜なんて(笑)。
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-11 02:20 | 私ゴト

でもこれって,全国各地でまだまだ在りそうな事。。不景気に成っているのにこの先このような発覚やレスキューが増えるのかな?
餓死とは怖いですね、逃げる事も出る事も全く出来ない空間で、声も届かない。
もっと多くの人がブリーダーの状況を知るべきだと思います。そして絶対に親が想像や確認出来ない場所からは買わない事!
一気に増えたペット商売状況、これからここもどうなるのだろうか?

もっと厳しく取り締まってくれないと。
もっと調査や確認を頻繁にしてくれていないと。

皆がもっと声を上げて行かないと。
犠牲に成る仔は増えるばかり救えないことばかり。

ブリーダー施設で犬20匹以上が餓死

私も千葉県愛護センターで見たガリガリにやせ細った七匹の土佐犬の遺体を見て居ます、千葉県でも在る事で、こんな誰も知らない間に死んで行く子達が多い事に気付かされました。
生きているって事勘違いしていませんか?彼等は皆生きてます、生きる為に生きています。





それから、
あーちままさんのブログで紹介されて居ます、映画『「犬と猫と人間と』の記念上映会が在るそうです。情報は以下、

 2009年2月22日(日) 完成記念上映会
  午前の部:開場:10:00 上映:10:30~
  午後の部:開場:13:30 上映:14:00~

 場所:女性と仕事の未来館ホール
   JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
   地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
   TEL:03-5444-4151



会場は250席と広く、午前午後の2回上映なので、予約は受け付けておらず、当日受付にて入場料をお支払い頂くことにしています、との事です。

内容が気になりますので私も見てみたいと思っています。良い通じる作品だと良いけど、多くの人に受入れやすい捉え方をしているとより良いのだけど。事実を知る上では広めたい映画ですね全国でも上映されるとように成ると良いのになあ。
(ってこの日私はスケジュールが入っていて行かれません。何方か行かれた方感想を教えて下さい。)
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-10 11:41 | 皆さんと共にお話したい事

冬だった。。

ひぃ〜、マンハッタンは寒かった、けどきりりと張りつめるようなあの寒さは好きなんです。
30〜40分も冷凍このような中を歩いていれば体の何処かに限界表示が表されるのでそんな時は無理せずに暖が在る場所へ駆け込みます。
またそいうのも昔からの思い出で初めて行った16才の真冬から同じ事をして居ます。寒すぎるから思い出が増えるそんな所です。

f0013255_1681050.jpg
写真は私の好きな(NEUE GALERIE内に在る)CAFE SABARSKYのザッハトルテとコーヒーオーストリアに関係しているアーティストのアートを中心に置いているギャラリーでカフェもオーストリアの香りを醸し出しています、天昇が高いし重厚さが在って美術館カフェでは一番此処が好き。

滞在中は路線経路を把握しているのでバスや地下鉄を存分に使いこなし(本当便利)上手により早く沢山動き回りました。メトロポリタンミュージアムでは思いもかけずPierre Bonnardの特別展示会も行われていて、まだ見た事が無かった絵とも複数会えて嬉しかったです。ボナードは私の好きな画家の中の一人,本物を見る事が大事で。

美味しい物もやっぱり沢山食べて、ニューヨークの不景気を体で感じ、素敵な男子にも沢山遭遇し、駆け足だったけどしたい事は全てしたぞ!という感じで楽しめました。やっぱりデデちゃんが一緒に居ないのがちょっと寂しかったけどいつもの散歩コースに懐かしさも感じて。

でもね、ラモちゃんとラマママが会いに来てくれたヨ♪ラモちゃんとっても綺麗で可愛仔でした。
来てくれてありがとう。お喋りタイムもあっという間に過ぎちゃった.
やっぱりニューヨークって良いな好きだな。
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-09 16:40 | New York

元気な皆の知らせは

デデちゃんはとっても良い子にお留守番が出来ているとの事。
早寝早起きでリズム在る生活習慣の中健康的な毎日を送り、ご飯を食べない仔なのに良くご飯も食べているとの事。

寝る時を一番心配してたのだけど、私に何時も寝る時べったりんこなので、私の部屋に行って寝てたり、猫と寝ていたり、母のベッドに忍び込んだりと自由に好きな所でお休み成られて居る様子、全然心配ない〜との事で、なんと母からもっと長く居て大丈夫だよ★とのお言葉が。

ティロルちゃんの方が寝るときは必ず私の部屋に行って寝ている様で、私の口も緩みます♪

もっと長く行っていていいよ、とは嬉しい言葉だけど。実は私の方が耐えられましぇんのemoticon-0156-rain.gif
[PR]
by dutelovecat | 2009-02-02 13:19 | デュッテの事で