f0013255_17133087.jpg
レモネードは半切りレモンが丸々二つ入り♪あっさり甘くて美味しいです。コーヒーはおかわりが出来ます。紅茶はおかわり出来ず。
f0013255_17133034.jpg
バナナと苺のせ、一番シンプルなパンケーキ。卵にはほうれん草とチーズ入り、ホームフライが久しぶりに食べれて幸せ♪ホームフライ(簡単に言うとポテトをフライパンで焼いた物)はアメリカンな朝食を出すレストランでしか食べれないから。



今朝は朝ごはん食べ〜で
母を連れ出し『バビーズ』へ行ってみました。車を止めて上に上がるだけなので便利さと、混雑が余り無いことを期待してヤエチカ(八重洲地下)の店舗へ行きました、期待予想は当たり。

マンハッタン住みの際に『バビーズ』は行った事無かったのですが、只今パンケーキやホットケーキが流行りの日本、ここ東京でトライベッカのお店『バビーズ』のパンケーキにレモネードやブレックファーストにアップルパイまで食べる事が出来ます。
日本って凄いな〜。

ここのパンケーキは私好み、美味しかったです♪
母と二人で完食です。
また行きたい♪♪
[PR]
by dutelovecat | 2013-05-17 17:13 | お薦め/食事、おやつ、他

冬のはなし

今年の冬(一月)のニュースでしたが、写真を発見しあまりに~可愛いので(写真Mirrorより)
f0013255_12343778.png
記事によると...

『スコットランド南西部ストランラーで先週目撃された、とっても利口なアザラシの赤ちゃんは、嵐を避けて、車の中に非難した。

漁港近くにあるタンクローリー専用駐車場で、生後6週間のアザラシの赤ちゃんが目撃された。どうやら、人工の土手を伝って、海から自力で這い上がってきたようだ。
駐車場のスタッフ達は、アザラシに海へ戻るよう促してみたが、まったく効果がなかった。

アザラシは動くのを嫌がり、翌日になっても駐車場内にいた為、スタッフ達はお手上げ状態となり、スコットランド動物愛護協会に助けを求めた。
通常なら、協会の職員が到着するまでは、動物を動かさなことが望ましいのだが、この時は、駐車上に放置されたアザラシがタンクローリーにひかれる恐れがあった為、駐車場スタッフは、アザラシを持ち上げて、自分の車のトランクの中に入れた。

だが、アザラシはより快適な場所を求めてトランクと後部座席を壊し、よちよち這ってフロントガラスの下まで行くと、ダッシュボードに横たわった。
「外は風が強いし、海は大荒れだし、ここは極楽だ~」
動物愛護協会のスタッフが到着した時、アザラシは、そんな風に、ダッシュボードの中でリラックスしていた。

「彼はとても賢いアザラシです。温かく乾いたダッシュボードの中から、外の嵐を眺めていたのですから。」
と愛護協会のマネージャー、コリン・セドンさんも、感心しきりだ。

現在アザラシは協会に保護され、『スマーティ(賢い)』と名付けられて、野生へ戻る訓練をしている。
職員達は、1ヶ月程でスマーティは野生に戻れると考えているが、賢いスマーティ「ここは野生よりもずっと楽だ~」と考えて、野生に戻るのを嫌がったりしないか、少し心配だ。』



時は夏、今このアザラシのコは立派に自然に帰っているのかな??
野生に戻ってもまたこの賢さでは快適を求めて戻って来そうだけど^^
臆病なコではないんだね~。
安全で居て欲しい。
[PR]
by dutelovecat | 2013-05-05 12:40 | 余談