マンハッタンのデュッテの生活を覗くー1

デュッテとの渡米生活ももうすぐ終わりに近づ居ています。きっとまた書きたく成るのだろうけど、デュッテの生活及びデュッテとの生活がどうであったか懐かしい思いと共に書いてみようかとも居ます。
まずはニューヨークはマンハンタンでの思い出から〜。


グラマシーパークと目と鼻の先のイーストサイドに住んでいたので毎朝デュッテのお散歩は真夏でも大雪が降ってもこのグラマシーマークの前は通り過ぎていました。ここは鍵を持っている者しか入園出来ない公園で園内もペットは入れなく、近所の犬達は皆この公園の周りに柵におしっこを掛け放題、私は通称ピーピー(おしっこ)パークと読んでました、多くの近所の犬が交差する場所でも在り、犬達の情報収集の場に成っているようでした。
此処にはリスも小鳥達も居て季節ごとに手入れをされたその公園は綺麗な花々を咲かせ、その周りをデュッテとおしっこ引っ掛けながら歩くだけでも季節を感じられふたりでリフレッシュ出来ました。

f0013255_13425926.jpg
この頃はデュッテ、高い所高い所と登って歩く仔でした。

f0013255_13432537.jpg
ここ一体はおしっこだらけ、デュッテも高く高くおしっこを掛けまくってました。

f0013255_13435196.jpg
グラマシーパークの中は守られてるから柵内ではリスや小鳥達が逃げずに目の前に目だとく居て、デュッテはいつも動く気配に釘付けでした。


マンハッタンは食べ物を扱っているお店以外は何処でも犬と共に入店出来、私も散歩がてらに良くデュッテをショッピングに付き合わせていました。バーニーズニューヨークも、マークジェーコブにも、アペセーにも、アンヤハンドマーチにも、ルイビトンにも、よくデュテを連れてブティックのウィンドウショッピングに立ち寄っていました。マークジェーコブなんて犬のクッキーまで用意して在って、犬クッキーの箱を抱えたスタッフの男性にはよくデュッテ話し掛けられてましたでもデュッテ其処のクッキー嫌いでいつも食べないの〜笑。

試着する時には試着室などに共に入り、用意して持っている玩具などで遊ばせて誤摩化してましたが、デュッテあんまり長く試着室に共に閉じこもっていると飽きて、良い仔で無く成るので其処の部分には困っていました。


タクシーは規則上では飼い主との犬の乗車は出来、犬連れの客は拒否しては行けないのだけど、犬を連れていると良く素通りされタクシー捕まえるのにも一苦労だったので、普段は成る可く歩きセントラルパークに行く時などはちょっと歩くには遠いのでタクシー空車が多い時間帯に絞り使用していたりはしていました。

使えるのは地下鉄、本当はきっとケージに入れないとマナー上いけないのかもしれないけどデュッテを抱えたまま良く乗車利用していました。
ちなみに、バスはケージに入っていない犬や猫は乗車出来ません。のすでデュッテと共に使った事は在りません。


巨大な広さのセントラルパークは朝の9時までと夜の9時以降は公園内全て犬のリーシオフで散歩が出来ます。野生動物も居るような所なので都会の犬達は大喜びです。皆大きく駆け回って遊んでました。
世界中の大金持ちが住まいを持っている場所でもあるので、犬専用の雇い人の人なども居たりして犬達もとっても綺麗で愛されていてピカピカしてました、セントラルパーク周辺のイーストアッパサイドはこんな感じです、世界が違います。


ニューヨークの冬はマイナスの世界で寒く、雪も多く積もる事が在り雪振り後にはデュッテにブーツを履かせないと駄目な状況でした。道が凍り付かない様に播くソルトという化学薬品が犬のパウには大変良く無くパウが氷付いてしまうので。犬を飼っているマンハッタンの住人はそれを知っているのですが観光客などは何で犬がブーツを履いているかなんて言う理由を知らない訳ですから良くデュッテの履くベービーブルーのブーツを見て笑ってたりされてました。

室内と室外の温度差が激しく、真冬はダブルコートのジャックラッセルでも防寒着を着せるのは大事な事だと思ってました。デュッテにはダウンベストを着させていました日本から持って来た物です、日本製とっても優れてます。


様々なドッグビジネスも発達していて、デュッテはプールにも通ってました。理由は若くて元気過ぎたデュッテのストレスを溜めない様に体力発散させる為。
通いが多く成りこの場所とスタッフに慣れていたデュッテここでオビディエンスのクラスも取り、デェケアーも利用し始めました。ここのデェケーアーの良い所は余り広いスペースではないのだけど必ず常時2〜4人の訓練を受けて居るスタッフが犬を監視していた所、とてもプロフェッショナルだと思いました。
ここのオーナーはレスキュー犬にも関わっていて餌の事にしても行動にしても犬の事がよく分かっている人でした、私も随分相談にのってもらいました。デュッテは結構ハチャメチャだったけど皆に愛されてました、デュッテって紙一重みたいな所が在るので。


マンハッタンは犬天国と言われていて(サンディエゴも犬天国ですが、天国の内容がはちょっと違って来ますネ、笑)ある意味とっても特殊な場所でした。都会の飼い主の良い見本も沢山知り見せて貰い体験させても貰いました。


次回は獣病院に触れて書きたいと思います。

f0013255_13441772.jpg
イーストリーバーの散歩コースにて。
あと、マンハッタンは鼠が多かったな〜。
[PR]
by dutelovecat | 2008-07-17 13:56 | New York