2008年 02月 16日 ( 2 )

昔は頻繁に映画や多くのDVDを見て居たのだけど最近ご無沙汰しておりました。
コーエン兄弟(ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン兄弟)監督で脚本の映画で映画館で上映されてからずっと行きたかったのだけど行かなくて今日やっと見てきました。

「NO Countru For Old Men」 ←(クリック)
 
「NO Countru For Old Men」映画サイト ←(クリック)


アカデミー賞がもうすぐアメリカでは在るのですが多くの賞でノミネートもされていますね、そして多くの賞も色々な所でこの映画取ってます。
コーエンブラザースの作る映画作品はとても頭が良く面白いので私は大好きです。
俗にいうハリウッド映画とも色が違い、俳優達もはまり役で持って来る、天才ですね彼ら。
今回の配役もパーフェクト、良い演技が見られます。Tommy Lee Jonesが出ているのですがとても良い存在感が◎、Javier Bardemもバッチリでした、あ〜面白かった。
そんな笑ってしまう内容の映画ではないのですが所々にアメリカ人が喜びそうな笑える皮肉な場面が多く出て来て、くすぐります。
日本公開は2008年3月15日からの様ですね。
邦題はただの「ノーカントリー」なんですねちょっと短く成って悲しいです、英語の意味合いも違って来るし。


「ノーカントリー」 ← 上映の情報が見られます(「NO Countru For Old Men」日本の映画サイト)STORYをクリックするとどのような話なのか書いて在ります。

でもやはりこれ日本語訳誰がやっているのか分りませんが(訳す人や訳し方によったりそれに映画上で使われてる全ての言葉は決まった数にして行かないと成らないので字幕はかなり端折っています)、英語で見ないとしっかりとは分らない映画かも知れませんネ。日本語タイトルでちょっと不安に成りました。良い人が訳していると良いのですが今回この映画。
でもでも私もこの映画訛りが多過ぎて何言ってるのか分らない所が多かったです、それでも凄く面白かったのできっと大丈夫!


もう一度見たい、映画です。
きっと近いうちに行ってしまいそうです(笑)他の細かい所をチェックしたり、訛りが在って分らなかった言葉部分も分りたい。
これscreenplay(脚本)も凄く良く書けてる、本当面白い(笑うと言う事でなく)映画でした。
とってもアメリカっぽい映画です、今のアメリカっぽい映画ですね。ハリウッドのぬるま湯な感じ(映画の売り上げだけにに左右されていない感じでも在る)とはまた違います。保守的な人やコーエンブラザーズの他の作品を知らない人はぽかんと口を開けてしまう人も居るかも知れませんがとても頭のいい映画作品です、とにかく面白く力強い。コーエンブラザーズ作品って丁寧な映画作りでも在ると思います。


何方かが日本語でこの映画に付いて書いてるサイトです、映画の内容の説明が書いて在ります。 ←(クリック)
f0013255_14135839.jpg

[PR]
by dutelovecat | 2008-02-16 14:15 | "shizu" ART

踊りたい。

私は嵐が大好きだ♪

ニューヨークマンハッタンでもう5、6年(もっと前?)以上前だったと思うけどパンクロックダンスクラスが在って面白いなっと思った。パンクロックには踊りの基礎は無いけれど音に合わせてダンスをしたりする物では無いかと思う、踊りや運動(エクソサイズ)のクラスを受講したいけれど普通のジャズダンスやエアロビクスでは好きな好みも違う(流す音楽も会わせて)と言う人達にはとても楽しいクラスでは無いかと思った、楽しく体を動かす事が出来ればそれは楽しいのではないかと。

私は昔踊りを習っていた事が在るので音に合わせ踊る事も好きだ、好きな嵐の曲や振り付けに合わせたカラオケまじりの(笑)ようなダンスのクラスが在ったら良いのに。
嵐の振り付けを覚えたくてもダンスに余り馴染みが無い人々にはその振りや音に合わせる事も良く分らないし、上手くこつも掴めない。それに踊ったり練習する場所や時間も余りないもの。
そんなダンスや運動が出来るクラスが在ったら行きたいって人多く居ると思うのだけど。。
楽しく踊ったり体を動かしたいと思う今日この頃、ジャニーズ系の歌に振り付けが在るダンスや他の歌手の人も含めそんな踊りを教えて楽しく踊らせてくれるクラスって存在するのかな?
ジャズダンスを習いに行きたい訳でもないし、エアロビクスで頑張って踊るつもりも無い、だからそんなクラスが在ったら凄く楽しいのに。

運動嫌いな人の救世師に成りそうなダンスのクラスなのになあ〜。

踊りたい。 ←でもどうなってるのか全然分らない。。一人でフォーメションはとれないし。
[PR]
by dutelovecat | 2008-02-16 04:38 | 余談